記事総数:8  総PV数:5177

公開中の記事


小林賢太の古木の本を出したい 第5回「変わるもの、変わらぬもの」

小林賢太の古木の本を出したい 第5回「変わるもの、変わらぬもの」

この連載は古木な会社で働く小林が、古木の気持ち、を求めてつらつらと考えを記します。思いつきで記していきますのでどんな内容を書くのかは書き始めるまでわかりません。最終的には古木の本を出せたらいいなー、なんて考えています。そんな5回目の連載は「変わるもの、変わらぬもの」です。


明治神宮を楽しむ 第3回『明治神宮御苑は神秘の森だった』

明治神宮を楽しむ 第3回『明治神宮御苑は神秘の森だった』

明治神宮には御苑があります。苑内にある清正井はパワースポットとして有名ですが、四季折々の花や紅葉などが楽しめる、江戸時代から続く8万3千㎡もある庭園です。正直、僕は庭園好きでも花を見て感傷に浸る性格でもなく、庭園に500円払って行くことに躊躇していましたが、行ってみたらお金を払う価値ありだと思いました。


明治神宮を楽しむ 第2回『幸せのハート?猪目の謎を解く part2』

明治神宮を楽しむ 第2回『幸せのハート?猪目の謎を解く part2』

このあいだの続き。 第一回目は明治神宮に数多くある猪目を軸に僕の妄想を展開しました。 そして、今回はさらに妄想を膨らませます。


小林賢太の古木の本を出したい 第四回「バカになれ」

小林賢太の古木の本を出したい 第四回「バカになれ」

この連載は古木な会社で働く小林が、古木の気持ち、を求めてつらつらと考えを記します。思いつきで記していきますのでどんな内容を書くのかは書き始めるまでわかりません。最終的には古木の本を出せたらいいなー、なんて考えています。そんな四回目の連載は「バカになれ」です。


明治神宮を楽しむ 第1回『幸せのハート?猪目の謎を解く』

明治神宮を楽しむ 第1回『幸せのハート?猪目の謎を解く』

明治神宮の楽しみ方。第一回は明治神宮にはハートマークがいたるところに。何故? この謎を解き明かすために半年間通い続け、ついにその謎の結論に至る。


小林賢太の古木の本を出したい 第三回「囚われず、そして囚われず」

小林賢太の古木の本を出したい 第三回「囚われず、そして囚われず」

この連載は古木な会社で働く小林が、古木の気持ち、を求めてつらつらと考えを記します。思いつきで記していきますのでどんな内容を書くのかは書き始めるまでわかりません。最終的には古木の本を出せたらいいなー、なんて考えています。そんな三回目の連載は「囚われず、そし囚われず」です。


小林賢太の古木の本を出したい 第二回「古木が世の中を変える」

小林賢太の古木の本を出したい 第二回「古木が世の中を変える」

この連載は古木な会社で働く小林が、古木の気持ち、を求めてつらつらと考えを記します。思いつきで記していきますのでどんな内容を書くのかは書き始めるまでわかりません。最終的には古木の本を出せたらいいなー、なんて考えています。そんな二回目の連載は古木が世の中を変える、です。


小林賢太の古木の本を出したい 第一回「古木の気持ち、木持ち」

小林賢太の古木の本を出したい 第一回「古木の気持ち、木持ち」

この連載は古木な会社で働く小林が、古木の気持ち、を求めてつらつらと考えを記します。思いつきで記していきますのでどんな内容を書くかは書き始めるまでわかりません。最終的には古木についての本を出せたらいいなー、なんて考えています。そんな連載の最初は、僕が古木へ感じている思いを記します。


Ranking


>>総合人気ランキング