記事総数:87  総PV数:78182

公開中の記事



巨樹ツアー 第1回「子安神社のスダジイ、電線よ退け」

巨樹ツアー 第1回「子安神社のスダジイ、電線よ退け」

東京通勤圏、千葉県市川市で見つけたトトロ村。その村の御神木ともいうべきスダジイは、枝にまでうろをあけた、ショーン・コネリーばりの渋い面構え。しかし、そこに不粋な電線野郎が…


巨樹ツアー プロローグ「巨樹MAPも開設」

巨樹ツアー プロローグ「巨樹MAPも開設」

巨樹をリスペクトしてやまない編集長いわたが、巨樹を訪ね歩く連載企画です。みんなも自分が見つけた巨樹スポットを「巨樹MAP」で投稿しよう。


弓職人から古材の世界へ。古木のセレクター、田村永さんにインタビュー。

弓職人から古材の世界へ。古木のセレクター、田村永さんにインタビュー。

長野県大町市にある、日本一の規模を誇る古材の倉庫。この倉庫の管理人にして、古木のセレクトを担っている田村さんにインタビュー。異色の経歴に通る一本の筋のようなもの。テープレコーダーを回し、そのまま書き起こされただけの言葉に、職人気質の芯が浮かび上がってきます。


テーマは「日本を住まう」。鎌倉に古木で旅館を作る岸さん夫妻にインタビュー。

テーマは「日本を住まう」。鎌倉に古木で旅館を作る岸さん夫妻にインタビュー。

旅と宿のあり方に新しい流れが起きている。岸さん夫妻は今、鎌倉の海岸沿いに古木で旅館を作ろうとしている。テーマは、日本を住まう。ただの消費観光ではない。泊まることに文化的体験、社会性を含ませようという。それが岸さんの見る旅の醍醐味だからだ。そんなご夫妻に、お話を伺いました。


新潟の古民家をめぐる その1「御神木級の梁に古建築の髄を見る」

新潟の古民家をめぐる その1「御神木級の梁に古建築の髄を見る」

 もっとも良質な古木・古材がとれるのは豪雪地帯の古民家からだという。というのも雪の重さに耐えられるよう、とりわけ太い柱や梁を建材に使ってきた歴史があるからです。そして日本一の豪雪地帯といえば、新潟。新潟の古民家には異様な迫力がある。その新潟に解体予定の古民家があるという話を聞き、大工さんたちと訪ねてきました。


世田谷フレンチ、ルレサクラさんに訊く。住宅街で人気店になれる理由。

世田谷フレンチ、ルレサクラさんに訊く。住宅街で人気店になれる理由。

世田谷の住宅街に構える、古木を使ったフレンチのお店、ルレ・サクラ(Relais Sakura)さん。お客さんの8割は常連客、それも界隈の住宅街に住む人がほとんどだそうです。つまり地元に愛される人気店。そうなるには何かしら理由があるのだろうか? ランチをいただきながら、そのあたりの話を伺ってきました。


Ranking


>>総合人気ランキング