ルポ

古民家問題から職人の世界など。「古木とその周辺」をテーマに編集部が取材しました。


ルポの記事一覧

地元に愛される祖師ヶ谷大蔵の古木な店「チャイニーズレストラン欣喜」《前編》

地元に愛される祖師ヶ谷大蔵の古木な店「チャイニーズレストラン欣喜」《前編》

祖師ヶ谷大蔵の古木なお店「チャイニーズレストラン欣喜(きんき)」は、この6月で6周年。ちょっと「通」な場所にあるにも関わらず、ランチはいつでも予約必須! そんな愛されるお店のオーナー、青木さんにお話を伺いました。


そうだ。NIPPONIAに泊まりに行こう! vol.2「とけこむように泊まる」

そうだ。NIPPONIAに泊まりに行こう! vol.2「とけこむように泊まる」

 今回は兵庫県篠山市にある篠山城下町ホテルNIPPONIAを訪れました。古民家を改装した宿泊施設は、城下町全体に点在する5棟で一つのホテル。「400年の歴史に、とけこむように泊まる」新しいライフスタイルの宿泊体験でした。


宮崎県日南市「飫肥(おび)」紀行 後編 勝目邸(かつめてい)の紹介

宮崎県日南市「飫肥(おび)」紀行 後編 勝目邸(かつめてい)の紹介

飫肥紀行の後編です。古民家リノベーション事例その2,「勝目邸(かつめてい)」の紹介です。築50年の建築物ですので新しいです。18世紀に造られたとされる庭は必見です。写真を中心にご紹介します。


宮崎県日南市「飫肥(おび)」紀行 前編 合屋邸の紹介

宮崎県日南市「飫肥(おび)」紀行 前編 合屋邸の紹介

官民連携による九州の小京都 宮崎県日南市飫肥(おび)の古民家再生について,先日テレビでも紹介されるニュースとなっておりました。2017年5月にオープンになった飫肥城下町にある宿泊施設2棟に訪れて,その運営会社の方にお話を伺ってきました。


そうだ。NIPPONIAに泊まりに行こう! vol.1「篠山城下町 散策ガイド」

そうだ。NIPPONIAに泊まりに行こう! vol.1「篠山城下町 散策ガイド」

 今回は兵庫県篠山市にある篠山城下町ホテルNIPPONIAを訪れました。古民家を改装した宿泊施設は、城下町全体を一つのホテルと見立てたもの。まるで江戸時代にタイムスリップしてしまったかのような町では、多くの方との心温まる出会いがありました。


WAKUWAKUやまのうち訪問 ~信州 湯田中温泉 街巡り~

WAKUWAKUやまのうち訪問 ~信州 湯田中温泉 街巡り~

 いま全国各地で古民家等歴史的資源を活用し、地域活性化させようという取り組みが始まっています。そして国もそうした取り組みを全面的に後押しています。  今回はそうした取り組みのひとつ、長野県北東部の山ノ内町で行われている取り組み事例をご紹介します。


新潟の古民家をめぐる その2「骨組みだけの農家に免震の知恵を見る」

新潟の古民家をめぐる その2「骨組みだけの農家に免震の知恵を見る」

豪雪地帯の古民家にはいい木が使われている。糸魚川の古民家を訪ねたあと、僕らが向かったのは東へ20kmほど、長野県上越市。またしても山裾の古民家です。解体が進み、骨組みがあらわになったその姿に、伝統構法の知恵が浮き上がっていました。


巨樹ツアー 第1回「子安神社のスダジイ、電線よ退け」

巨樹ツアー 第1回「子安神社のスダジイ、電線よ退け」

東京通勤圏、千葉県市川市で見つけたトトロ村。その村の御神木ともいうべきスダジイは、枝にまでうろをあけた、ショーン・コネリーばりの渋い面構え。しかし、そこに不粋な電線野郎が…


巨樹ツアー プロローグ「巨樹MAPも開設」

巨樹ツアー プロローグ「巨樹MAPも開設」

巨樹をリスペクトしてやまない編集長いわたが、巨樹を訪ね歩く連載企画です。みんなも自分が見つけた巨樹スポットを「巨樹MAP」で投稿しよう。


“古民家の宿 まるがやつ” で改装古民家体験

“古民家の宿 まるがやつ” で改装古民家体験

先日、古民家を活用した観光まちづくりシンポジウムへ参加しました。千葉県大多喜町、城下町として長い歴史と伝統を持つ内陸の町。シンポジウム前に実際に改装された古民家の宿を訪れ、改めて古民家の魅力を体感しました。


新潟の古民家をめぐる その1「御神木級の梁に古建築の髄を見る」

新潟の古民家をめぐる その1「御神木級の梁に古建築の髄を見る」

 もっとも良質な古木・古材がとれるのは豪雪地帯の古民家からだという。というのも雪の重さに耐えられるよう、とりわけ太い柱や梁を建材に使ってきた歴史があるからです。そして日本一の豪雪地帯といえば、新潟。新潟の古民家には異様な迫力がある。その新潟に解体予定の古民家があるという話を聞き、大工さんたちと訪ねてきました。


世田谷フレンチ、ルレサクラさんに訊く。住宅街で人気店になれる理由。

世田谷フレンチ、ルレサクラさんに訊く。住宅街で人気店になれる理由。

世田谷の住宅街に構える、古木を使ったフレンチのお店、ルレ・サクラ(Relais Sakura)さん。お客さんの8割は常連客、それも界隈の住宅街に住む人がほとんどだそうです。つまり地元に愛される人気店。そうなるには何かしら理由があるのだろうか? ランチをいただきながら、そのあたりの話を伺ってきました。


Ranking


>>総合人気ランキング