巨樹ツアー 第6回「善福寺の逆さイチョウ、これぞ麻布」

巨樹ツアー 第6回「善福寺の逆さイチョウ、これぞ麻布」

高級住宅地で、大使館と警官にあふれる対テロ地区の麻布。そのど真ん中に、もう一方の麻布の顔を映すように、古い記憶を残したヌシがいる。ハイテクモダンな森ビルの横でむやみと乳を垂らし、母乳の出る怪しい漢方薬みたいな信仰を今に伝える。聖人が杖をさせば大地のエネルギーが溢れ出す。麻布、一体ここは、なんなのだ!?


フォレストタワー


今日の僕は、広尾駅から、麻布の高級住宅街を抜けていきます。

カメラをぶらさげ撮り歩く「ただの巨樹好き」の振る舞いに、方々にいる警察官が「テロリスト警戒」の熱い視線を注ぐ。
そんな大使館エリアです。

こんなフランク・ロイド・ライトっぽい高級アパートの前を、

こんなコルビュジェっぽいインターナショナルスクールの横を通り抜け、

目的の善福寺に到着します。

イヤな予感がします。

うう。。

これは、結構歩くよ。。。

寺を回り込む程度じゃ許してくれないですね。
集落まるごと、3ブロックくらいを回り込まないといけない。

”合理都市東京”に最後まで抗う麻布の盆地構造に頭が下がります。。。

ようやく到着です。

巨樹、登場。

元麻布ヒルズ「フォレストタワー」という森ビルが建設した高級マンションです。

これもある意味、巨樹のような気がしますね。。。

ちなみに元麻布ヒルズ 、元は善福寺の所有地で、バブル景気前の1983年、森ビルが譲り受けて高級マンション地となり、今、このフォレストタワーが建っているそうです。

今調べたら、本当に樹木をイメージコンセプトにしてるみたいです。

コンセプトは「森の都市」。大きな樹木のようなフォレストタワー(高層棟)を中心に低層棟(2棟)を配し、…

母乳が出る漢方薬か?


その森ビルがつくった巨樹よりは一回り小さいですが、

フォレストタワーの左手にあるのが今回目的の巨樹、「善福寺の逆さイチョウ」です。

墓地内は撮影禁止ゾーンですが、特別に許可をもらい撮ってきました。

これです。

そしてこれです。

こういうのを見たら人間の考えることはもう決まってますね。

おっぱいです。

昔は、母乳の出の悪いお母さんたちが善福寺へやってきて、この垂れた枝をガリガリと削っては飲んでたそうです。
しかも「効果があると評判だった」そうです。…ヤバいですね。

実はこれは枝から根っこが生えてる状態で、「気根」といいます。
平たくいうと「垂れ乳」。
この気根を枝と見、逆に枝を根っことして見ることで、逆さイチョウという通称になってます。

反対側はずいぶん焼かれてしまってます。

1945年の東京大空襲で焼け、そのときに上部を失っています。
ほとんど枯死状態になったらしいですが、根元から蘇生を始め、イチョウ特有の耐火性の強さもあって今の勢力を取り戻したそうです。そして今も、年々数ミリのペースで樹周は成長を続けているという話だそうです。

杖のイメージ

イチョウの前には親鸞上人の銅像。

親鸞の背中姿。哀愁が漂います。

この善福寺、もとは真言宗でしたが、鎌倉期に親鸞が訪ねてきたことで感化され、浄土真宗へと改宗したという歴史があります。

そのとき親鸞がさした杖がこのイチョウになったという話です。

そういえば大塩のイヌザクラも、静御前がさした旅の杖でしたね。

巨樹ツアー 第3回「大塩のイヌザクラ、これはまるで妖怪…! の巻」

http://koboku.org/articles/64

長野県の大町市に妖怪みたいな巨樹があるというので行ってきました。しかしまあ巨樹はたいてい妖怪みたいなものですが、こいつはまた何としたことか。山里に現れた孤高の怪物は、どこかファンタジーのにおいも放つ巨樹にも見えてきて…

杖は、大地から生命力を引き出す「揺すぶる力」の象徴でしょうか。

どうもこの「杖」のイメージには、人間思考のかなり古い形態が残されている気がします。

ちなみにこの善福寺の参道には「柳の井戸」と呼ばれる、東京では珍しい湧き水があり、

これもまた杖のイメージで、
空海が錫杖を立てたところ水が湧き出してきたそうです。

必見 越路吹雪の碑


そして親鸞銅像と向かい合う格好で、

まるでタメを張るように越路吹雪の碑があるのに、グッときます。
聖なるものの真ん前に、俗世界の偶像。
わざわざ皇居を迂回して東京を破壊した着ぐるみのゴジラくらい、深いものを感じます…
ちなみにゆかりのお寺かと思いきや、越路吹雪のお墓は川崎にあるそうです。
この文脈をまるで無視した感じ、すごいです。。。

またこの石板がすごいです。

すごくないですか?
この石彫り文明の技術。

蛇足もいいところですが、除幕式の写真を見つけました。

越路吹雪の碑の前でポーズをとる宝塚の2人に、プロフェッショナリズムを感じます。

あらためて全容を。
リスペクト!

データ:善福寺の逆さイチョウ

巨樹度:⭐️⭐️⭐️
国指定天然記念物
幹周:10.8m
樹高:20m
樹齢:750年(伝承)
住所:〒106-0046 東京都港区元麻布1-6-21
アクセス:
東京メトロ南北線、都営地下鉄大江戸線・麻布十番駅から徒歩4分
東京メトロ日比谷線・広尾駅から徒歩18分

< 前回はこちら
> 次回はこちら
「巨樹ツアー」連載一覧はこちら


巨樹ツアーのオフィシャルマップもあります。
みんなも自分で見つけた巨樹を、MAPに投稿してみてね。

巨樹MAP - Google マイマップ

https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1gmooEAddQKcGT6QmdVqMlFdM8Vo&ll=8.767465042373008%2C134.86407439999994&z=4

みんなでつくる、巨樹・巨木の地図です。巨樹・巨木を見たら写真と一緒にこの地図上にアップしよう。

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連する投稿


巨樹ツアー 第12回「沢尻の大ヒノキ(サワラ)、シェルターと化した枝葉」

巨樹ツアー 第12回「沢尻の大ヒノキ(サワラ)、シェルターと化した枝葉」

荒れたままの休耕地が広がる中山間地に、まるで教会の尖塔みたいに天へと突き上げる巨樹がある。この巨樹、なにより枝ぶりがすごい。中に入るとそこは枝葉に守られたシェルターのような異空間で…


巨樹ツアー 第11回「天神宮のケヤキ、塀をまたぐ」

巨樹ツアー 第11回「天神宮のケヤキ、塀をまたぐ」

この連載で僕がたびたび使ってるフレーズ、「植物は自分の生長に限界を設けない」。巨大ケヤキが点在する長野県東信地方に、そんなケヤキの巨樹が存在しています。樹齢は1000年を超えるという。本殿の神域に足をかけ、落雷をものともせず生き続ける。そんな限界知らずの老樹を訪ねてきました。


巨樹ツアー 第10回「榛名神社の矢立杉、空を突き破る」

巨樹ツアー 第10回「榛名神社の矢立杉、空を突き破る」

関東屈指の奇勝地榛名神社に、巨大な融合木があります。広葉樹と違い一度伐採されると命を吹き返すことはない杉。巨樹林化した境内で空を突き破るよう、一説では1000年ものあいだ伸びつづけ、サバイバルの頂点を極めています。しかしこの神社、実は奇怪なものに溢れたパラダイス。そんなパラダイスの片鱗を紹介します。


スターバックスが取り組むローカルレレバントの今 後編「続けるということ」

スターバックスが取り組むローカルレレバントの今 後編「続けるということ」

スターバックスが考える、グローバルとローカル。両視点はどうリンクし、今後どこへ向かうのか。後編は、サードプレイスという概念について、そして今後どこへ向かうのか、などのお話です。


スターバックスが取り組むローカルレレバントの今 前編「店舗づくりの理念」

スターバックスが取り組むローカルレレバントの今 前編「店舗づくりの理念」

グローバル企業として存在しながら、土地の記憶や産業を導入したお店づくり(ローカルレレバント)によって躍進を続けるスターバックス。グローバルとローカル、両視点はどうリンクし、今後どこへ向かうのか。東京ミッドタウン店を訪ね、同社店舗設計部リージョンデザイングループマネージャーの山内さんにお話を伺ってきました。


最新の投稿


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。そんな小田原さんに古木や建築、家具製作の未来についてお話を伺う対談の第二弾(後編)。


Ranking


>>総合人気ランキング