巨樹ツアー 第4回「戸隠神社奥社の杉並木、壮大なデザイン」

巨樹ツアー 第4回「戸隠神社奥社の杉並木、壮大なデザイン」

聖地とは何なのか? そこが聖地と見なされるには、何かしらの客観的な理由がある。それは単に「自然のまま」だけでは、そうはならない。戸隠。ここは大自然の真っ只中でありながら、人間の手心が壮大なスケールで混じり合った異空間である。かの有名な杉並木をあらためて、見る!


500mの巨樹並木


タイトルの通りです。
巨樹ツアー第4回目にして初となる、メジャー級スポットを訪ねてきました。
長野県の戸隠です。

戸隠といえば、修験道の一大拠点で、戸隠流の忍術が作られた土地です。
今でこそ、全国どこもかしこも舗装道路でおおわれ、僕たちは排気ガスを撒き散らしながらオートモビルを使って無粋に移動をしていますが、もともとは人が入るのもままならない土地だったのでしょう。

そんな戸隠に、壮大なスケールの巨樹林があります。

これです。

戸隠神社奥社の杉並木です。

ずらずらと写真を並べてみます。

違う惑星みたいです。

こんな化け物みたいな杉並木が、およそ500m続きます。

すべて樹齢400年


ちなみにこれらの杉の大木はすべて樹齢400年です。
つまり江戸時代、1612年に植林されてできた並木です。

長野県天然記念物 戸隠神社奥社社叢

慶長17(1612)年に幕府より千石の朱印地を拝領した戸隠神社は、奥社を中心に坊を集め、参道には植樹して杉並木をつくり、一山の威容を整えた。随神門から約500mにわたって、当時に植えられた約200本のクマスギの並木がつづいている。

宿場町のような森


ちなみに参道の全長はこの杉並木の4倍ほどあり、お参りして帰ってくるまで往復で4km歩くことになります。覚悟して行ってくださいね(駐車料金もけっこうとられますので)。

随神門、これです。

このわっさわっさした屋根、いいですね。


この随神門の少し手前あたりから杉並木が始まりますが、杉並木が始まる前の参道の雰囲気も、いい。

これです。

石畳でもない砂利道で、両脇に小川を流しています。
こういう心遣いに、僕は少しだけ街の匂いを感じます。宿場町の作りですね。

ここは完全に森、自然の中にある。
同時に、杉並木といい、小川を流した参道の作りといい、400年前の人間が壮大なスケールのなかでなした人工的なデザイン空間でもある。

戸隠神社の一種、異様ともいえるこの空気感は、ただの自然そのもののすごさだけではない、江戸時代の人たちがそうした自然との関わりの中で作り出したデザイン=文化の中から生まれています。

構想スケールを超脱する


おそらく当時の人たちは、杉が育ち巨樹化していくことをも想定してこの空間を設計したと思います。

…そして今、現実は、その構想スケールすら超えつつあります。

これです。

根元がずいぶんなことになってます。

繋がってしまってます。

当時の構想による植林間隔では、狭すぎたんでしょうね。


それに対して杉という植物は、その構想スケールを突き破るように、限界を超えてもどんどん己を拡張させていってる。すばらしい。。。

まだほかにも、いろいろすごいです。

これもすごいです。

もはやどこかまでが木で、どこからが石なのかすらわからないです。


そしてこれ。
なくなってしまった巨樹の跡。

これは古代の風呂場の遺構でしょう。。。
完全に遺跡化してます。


あとこれがすごかったです。

根元にうろがあったがために、この杉1つで聖地化を果たしています。


しかし石の置き方、雑だな。。。

雑すぎるだろ。。。

うーん。。。なんて雑なんだ。。。



あらためて全容を。

リスペクト!

データ:戸隠神社奥社の杉並木


巨樹度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
幹周:3.0m 〜 5.2m
樹高:30m前後?
樹齢:400年
住所:〒381-4101 長野県長野市戸隠奥社
アクセス:長野駅7番乗り場(川中島バス長野駅前総合案内所前)から「バードライン経由戸隠高原行き」に乗り約1時間、「奥社」下車。/上信越自動車道「長野IC」から車約1時間、同「信濃町IC」から車約30分。

< 前回はこちら
> 次回はこちら
「巨樹ツアー」連載一覧はこちら


巨樹ツアーのオフィシャルマップもあります。
みんなも自分で見つけた巨樹を、MAPに投稿してみてね。

巨樹MAP - Google マイマップ

https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1gmooEAddQKcGT6QmdVqMlFdM8Vo&ll=8.767465042373008%2C134.86407439999994&z=4

みんなでつくる、巨樹・巨木の地図です。巨樹・巨木を見たら写真と一緒にこの地図上にアップしよう。

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連する投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの思い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの思い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


巨樹ツアー 第12回「沢尻の大ヒノキ(サワラ)、シェルターと化した枝葉」

巨樹ツアー 第12回「沢尻の大ヒノキ(サワラ)、シェルターと化した枝葉」

荒れたままの休耕地が広がる中山間地に、まるで教会の尖塔みたいに天へと突き上げる巨樹がある。この巨樹、なにより枝ぶりがすごい。中に入るとそこは枝葉に守られたシェルターのような異空間で…


巨樹ツアー 第11回「天神宮のケヤキ、塀をまたぐ」

巨樹ツアー 第11回「天神宮のケヤキ、塀をまたぐ」

この連載で僕がたびたび使ってるフレーズ、「植物は自分の生長に限界を設けない」。巨大ケヤキが点在する長野県東信地方に、そんなケヤキの巨樹が存在しています。樹齢は1000年を超えるという。本殿の神域に足をかけ、落雷をものともせず生き続ける。そんな限界知らずの老樹を訪ねてきました。


サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その3

サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その3

40年ほど前、家庭で作ったジャムから始まったジャム屋さんが、どうやってここまで成長してきたのか? 代表取締役専務の久世良太さんに聞いてきました。第3回は、この事業がずっと続くわけではないという危機感と、変化することのワクワク感のお話です。


サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その2

サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その2

40年ほど前、家庭で作ったジャムから始まったジャム屋さんが、どうやってここまで成長してきたのか? 代表取締役専務の久世良太さんに聞いてきました。第2回は、ブランドの裏に潜む、インフラ構築のお話などです。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの思い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの思い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング