巨樹ツアー 第3回「大塩のイヌザクラ、これはまるで妖怪…」

巨樹ツアー 第3回「大塩のイヌザクラ、これはまるで妖怪…」

長野県の大町市に妖怪みたいな巨樹があるというので行ってきました。しかしまあ巨樹はたいてい妖怪みたいなものですが、こいつはまた何としたことか。山里に現れた孤高の怪物は、どこかファンタジーのにおいも放つ巨樹にも見えてきて…


樹木子


長野県の大町市にすごい巨樹があるということで、行ってきました。
何でも、妖怪みたいな木だということです。

木の妖怪といえば、樹木子(じゅぼっこ)というのがありますね。

樹木子(じゅぼっこ)は、(中略)多くの戦死者の出た戦場跡地などに生えており、外観は一般の樹木と変わらないものの、死者の血を大量に吸って妖怪と化しているために血に飢えており、通りかかった人を捕まえ、枝々を管のように操って人の血を吸うとされる。

いいですね、樹木子、お金に飢えた都会のカマキリ人間みたいで…

そんな次第で、今回は長野の大町市へ行ってきました。

いざ接近


大町市。
英訳するとビッグ・タウン・シティです。

ビッグ・タウン・シティ、こんな感じです。

長野インターから車でおよそ1時間。
山間の田野に忽然とサインが現れます。

「県指定天然記念物 静の櫻(イヌ櫻)入口」と書いてあります。

ここからさらに山道を数百メートルと行くと、到着です。

おしゃれに公園化されています。

奥の方に、面構えのいい物体が写ってます。これですね。

近づいてみます。

素晴らしい。

木の髭

これは素晴らしい。
面構えが完全にアウトサイダーアートです。

高さはそんなにないです(推定20m)。

幹から枝まで全身、トルネードしてます。

…確実に何か吸い込んで生きてますね。

ずっと何かに似てると思ってたのですが、今ようやく思い至りました。
「ロード・オブ・ザ・リング」に出てくる木の髭ですね。

木の髭、これです。




似てると思ったけど、あんまり似てなかったですね。

でもなんとなく、雰囲気が似てる気が。
夜になると歩き出しそうな感じとか、似てる気が。

試しに、ケルトっぽい感じにしてみます。

完全に「ロード・オブ・ザ・リング」です。

「静の桜」伝説


ちなみに昭和2年当時の写真が園内に掲示されていました。
これです。

当時と比べるとだいぶ樹枝が折れてしまったみたいです。

ずたずたに折れてます。

1962年に、長野県から天然記念物に指定されています。
樹種はイヌザクラ(犬桜)。
「静の桜」、または「大塩のイヌザクラ」として知られてます。

5月下旬~6月上旬にかけて、小さな花を咲かせます。
こんな近くなのに、双眼鏡がないと見えないくらい小さいみたいです。

おそらくこの周辺環境からして、神社のような人間が定めた聖域の中で守られてきたわけでもなく、交通の分岐点で目印として守られてきたわけでもない、自力自生型、山間に生えていた樹木の生き残りと思われます。

こういう巨樹を僕は「インディペンデント型」と呼んでいます。

インディペンデント型には、戦い抜いてきた巨樹ならではの屈強な味わいと、戦い抜き最後は1人になってしまった寂しさのようなものがあって、そこがすごくいいです。

ちなみにこの大塩のイヌザクラには、伝説があります。

時は鎌倉時代、源義経の妾であった静御前は、奥州(オウシュウ)へ逃れた義経を追って、間違えてここ大塩(オオシオ)に来てしまいます。ここが奥州ではないと知った静御前は途方にくれ、病に倒れ、義経との再会を果たせないままこの地で亡くなります。そのときの旅の杖が根を張り、このイヌザクラになったといいます。

今ならメールで確認すればすむでしょう。

そんな悲しい伝説が、この八角堂の四阿に掲示されています。

「静の桜」伝説。
信州大学の市澤静山教授が執筆されたという、署名つきの立派なレリーフです。

残念なことに反対側は、日に焼けて真っ白になってます。

人間がどんなに立派なものを拵えようと、放置すればものの数年。
自然の力による経年変化でヤられてしまう、この感じ。

僕はこういうところにいちいちグッとくる人間です。

あらためて全容を。

リスペクト!

データ:大塩のイヌザクラ


巨樹度:⭐️⭐️⭐️
幹周:8.0m
樹高:20m
樹齢:800年? 1,000年?
住所:長野県大町市美麻大塩3342
アクセス:JR大糸線信濃大町駅からバス16分→徒歩5分/または長野自動車道「安曇野IC」から車約50分/長野ICから60分

< 前回はこちら
> 次回はこちら
「巨樹ツアー」連載一覧はこちら


巨樹ツアーのオフィシャルマップもあります。
みんなも自分で見つけた巨樹を、MAPに投稿してみてね。

巨樹MAP - Google マイマップ

https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1gmooEAddQKcGT6QmdVqMlFdM8Vo&ll=8.767465042373008%2C134.86407439999994&z=4

みんなでつくる、巨樹・巨木の地図です。巨樹・巨木を見たら写真と一緒にこの地図上にアップしよう。

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連する投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


巨樹ツアー 第12回「沢尻の大ヒノキ(サワラ)、シェルターと化した枝葉」

巨樹ツアー 第12回「沢尻の大ヒノキ(サワラ)、シェルターと化した枝葉」

荒れたままの休耕地が広がる中山間地に、まるで教会の尖塔みたいに天へと突き上げる巨樹がある。この巨樹、なにより枝ぶりがすごい。中に入るとそこは枝葉に守られたシェルターのような異空間で…


巨樹ツアー 第11回「天神宮のケヤキ、塀をまたぐ」

巨樹ツアー 第11回「天神宮のケヤキ、塀をまたぐ」

この連載で僕がたびたび使ってるフレーズ、「植物は自分の生長に限界を設けない」。巨大ケヤキが点在する長野県東信地方に、そんなケヤキの巨樹が存在しています。樹齢は1000年を超えるという。本殿の神域に足をかけ、落雷をものともせず生き続ける。そんな限界知らずの老樹を訪ねてきました。


サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その3

サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その3

40年ほど前、家庭で作ったジャムから始まったジャム屋さんが、どうやってここまで成長してきたのか? 代表取締役専務の久世良太さんに聞いてきました。第3回は、この事業がずっと続くわけではないという危機感と、変化することのワクワク感のお話です。


サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その2

サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その2

40年ほど前、家庭で作ったジャムから始まったジャム屋さんが、どうやってここまで成長してきたのか? 代表取締役専務の久世良太さんに聞いてきました。第2回は、ブランドの裏に潜む、インフラ構築のお話などです。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング