巨樹ツアー 第2回「麻賀多神社の大杉、でかすぎて上が見えない」

巨樹ツアー 第2回「麻賀多神社の大杉、でかすぎて上が見えない」

大和時代から生えているという、モンスター級の杉。杉としては東日本一と言われるその威容は、これでもかといわんばかりの看板の森を抜けたところに現れる。高さ40m。でかすぎて上が見えないぞ…


異空間、北総。


千葉県の北東部、北総。
なかでも印西市松虫地区から成田、香取、銚子にいたるまで、この一帯はどこか変です。

利根川では牛が水浴びをし、「魂生大明神」と称した日本最大のペニス模型が奉られていたり、宝船のパラダイスみたいな公園があったり(宝船の正体は死者の船である)、電線による経済と引き換えに江戸では放棄された山車まつりを今も盛んにやってたり、やたら古墳が多かったり、どこか違う空気が漂っています。

僕はひそかに、北総地区の印西市より西側一帯を「広域聖地」と呼んでいるのですが、今日はその一端をご紹介したいと思います。

今回、僕が向かうのは、その広域聖地の入り口付近、成田市台方にある麻賀多神社です。

18社ある「麻賀多十八社」の総本社といわれながら、知名度はかなり微妙で、鳥居前に廃墟と化した土産屋が一つだけあるという、おすすめの観光スポットです。

このグッとくる感じ…

そこに東日本一大きいといわれる、杉の巨樹があります。
推定樹齢1400年。
大和時代から生えてたというヌシです。

いざ接近


田園風景を抜け、

日本の湖沼汚染ランキング1位を誇る、印旛沼の美しい景色を抜け、

うなぎまみれの道を走っていくと、

到着です。


1700年前、伊都許利命(イツコリノミコト)という人が開いた神社だそうで、ここが本社。西へ1km行くと大伴家持が寄進したという大鳥居があり、北へ1km行くと船形社の奥宮。

なかなかのホーリースケールです。

看板

さっそくこの看板です。

「太さ約9m 高さ40m余り 東日本一大杉 御神木」
ちなみに別の看板には、太さ(幹周り)10mと書いてありました。

そしてこの看板。

「この地域は、麻賀多神社と超林寺及びその周辺地域からなり、神社周辺は、スダジイ、アカガシの巨木が生育し…」

やはりここも巨樹林化してるみたいです。

さらにこの看板。

この状況で、樹木の下を避けるのは無理だろ…。
山道を走っているときに見る「落石注意の看板」と同じ、もやもやを感じます。

しかし、看板多いな…。

背、低!

なんでもいい、看板、多すぎだろ…。

多すぎ…おおすぎ…ん? まさか…大杉…か?

巨樹登場


そして、、
じゃじゃーん。登場です。

延命長寿のご利益があるということで、賽銭箱もしっかり設置してあります。

ライトアップまでするみたいです。

いい! リスペクト!

でかすぎて先端が見えないです。

通称、公津の大杉(こうづのおおすぎ)といいます。
千葉県の指定記念樹第一号だそうです。
今のような巨樹ブームが起きるずっと以前、昭和10年に指定されています。

推定樹齢1400年。
推古天皇の時代に植樹された木だそうです。

推古天皇…。

弘法大師やヤマトタケルノミコトと並ぶこのマジックワードが出てきた時点で、事実かどうかを問うのはやめ、「この凄さからして、なんか、それくらいな感じ」的な理解になるのは、いかんともしがたいです。

お姉さんと巨樹。いい…。

あらためて、全容を。

リスペクト!

データ:麻賀多神社の大杉

巨樹度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
幹周:9m(10mの表記もあり)
樹高:40m
樹齢:1400年
住所:千葉県成田市台方1
アクセス:
京成線 公津の杜駅下車 タクシー(約10分)
京成線 公津の杜駅下車 成田市コミュニティバス北須賀ルート(甚兵衛渡し方面)麻賀多神社前下車

< 前回はこちら
> 次回はこちら
「巨樹ツアー」連載一覧はこちら


巨樹ツアーのオフィシャルマップもあります。
みんなも自分で見つけた巨樹を、MAPに投稿してみてね。

巨樹MAP - Google マイマップ

https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1gmooEAddQKcGT6QmdVqMlFdM8Vo&ll=8.767465042373008%2C134.86407439999994&z=4

みんなでつくる、巨樹・巨木の地図です。巨樹・巨木を見たら写真と一緒にこの地図上にアップしよう。

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連する投稿


巨樹ツアー 第12回「沢尻の大ヒノキ(サワラ)、シェルターと化した枝葉」

巨樹ツアー 第12回「沢尻の大ヒノキ(サワラ)、シェルターと化した枝葉」

荒れたままの休耕地が広がる中山間地に、まるで教会の尖塔みたいに天へと突き上げる巨樹がある。この巨樹、なにより枝ぶりがすごい。中に入るとそこは枝葉に守られたシェルターのような異空間で…


巨樹ツアー 第11回「天神宮のケヤキ、塀をまたぐ」

巨樹ツアー 第11回「天神宮のケヤキ、塀をまたぐ」

この連載で僕がたびたび使ってるフレーズ、「植物は自分の生長に限界を設けない」。巨大ケヤキが点在する長野県東信地方に、そんなケヤキの巨樹が存在しています。樹齢は1000年を超えるという。本殿の神域に足をかけ、落雷をものともせず生き続ける。そんな限界知らずの老樹を訪ねてきました。


良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その3

良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その3

千葉県の棚田保全「鴨川里山トラスト」など、地域創生の“役に立つ活動”を展開する良品計画。地域創生事業に企業は何を見るのか? 同社ソーシャルグッド事業部の高橋さんにお話を伺いました。第3回は地域を動かしていくための具体的な方法、理念の大切さなどについてのお話です。


良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その2

良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その2

千葉県の棚田保全「鴨川里山トラスト」など、地域創生の活動を展開する良品計画。地方創生事業に、企業は何を見るのか? 同社ソーシャルグッド事業部の高橋さんにお話を伺いました。第二回は「無駄にしない」というコンセプト、そこから始まろうとしているあらたな動きなどについてのお話です。


良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その1

良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その1

無印良品で知られる良品計画。千葉県の棚田保全「鴨川里山トラスト」など、地域創生の活動を展開するなか、今年2018年2月にはソーシャルグッド事業部が発足。収益が難しいとされる地方創生事業に、同社はどういった視点で乗り出しているのか? 企業の本質が浮き上がるかのようなインタビュー。同事業部の高橋さんにお話を伺いました。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの思い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの思い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング