宮崎県日南市「飫肥(おび)」紀行 前編 合屋邸の紹介

宮崎県日南市「飫肥(おび)」紀行 前編 合屋邸の紹介

官民連携による九州の小京都 宮崎県日南市飫肥(おび)の古民家再生について,先日テレビでも紹介されるニュースとなっておりました。2017年5月にオープンになった飫肥城下町にある宿泊施設2棟に訪れて,その運営会社の方にお話を伺ってきました。


まずは,その古民家再生でのニュースについて,ご紹介いたします。

古民家を再生 勝目邸・合屋邸オープン

http://www.nichinan.tv/2017/04/24/kiraku/

 飫肥(おび)城下町にある古民家を改装した宿、勝目邸(かつめてい)と合屋邸(おうやてい)が完成し、4月24日オ…

宮崎空港へ飛行機で!初めての宮崎です。富士山が見れて幸運でした。

宮崎空港から車で1時間。飫肥に向かいます。

長野の山とは違います。南を感じます。とても気持ちが良いです。

飫肥に到着しました。城下町です。

こちらの地区は,重要伝統的建造物群保存地区となっております。現代とは思えないほど昔の景色です。

重要伝統的建造物群保存地区(じゅうようでんとうてきけんぞうぶつぐんほぞんちく)は、日本の文化財保護法に規定する文化財種別のひとつ。日本の市町村が条例などにより決定した伝統的建造物群保存地区のうち、文化財保護法第144条の規定に基づき、特に価値が高いものとして国(文部科学大臣)が選定したものを指す。略称は重伝建地区(じゅうでんけんちく)、重伝建(じゅうでんけん)。

季楽 飫肥(合屋邸)です。

季楽 飫肥 | 合屋邸 | 宮崎県日南市 キラク・コレクション公式サイト

https://www.kiraku.co/ja/property/ohya

合屋邸はもともとは中級家臣の邸宅の長屋門でした。その歴史は江戸時代にまで遡ることができます。

プロの写真はこちらをご覧ください。

キラク・コレクション ー 古民家に泊まる旅を

https://www.kiraku.co/ja

厳選された伝統家屋での宿泊。未だ見たことのない日本を体験。キラク・コレクション内全ての宿は、完全リニューアル済みで清潔感と高級感あふれる空間。旅の拠点として、まるで自分の家にいるかのように、お過ごしいただけます。

Kiraku Japanについて

天井は,古民家の梁・柱が見えるようになっています。
間接照明もあって,夜はかっこよくなるのだろうと思います。
南の古民家なので,全体的に細い印象です。

今回の季楽さんの宿泊施設は,夕食はつきません。キッチンには,バルミューダの炊飯器がありました。

お風呂です。

増築部分です。
ここから庭が一望できます。

庭です。

庭からみた写真です。

手間削減のため,オートロックで入室する仕組みとなっていました。

合屋邸はもともとは中級家臣の邸宅の長屋門でした。その歴史は江戸時代にまで遡ることができます。
長屋門としての起源を持つ合屋邸は長い1階建ての宿で、通りに直接面しています。また、奥の方には広いプライベート用の裏庭があり、井戸が掘られています。宿に入ると、高床と伝統的な囲炉裏がある天井の高い部屋がまず宿泊客をお迎えします。その周りを取り囲む土間には、現代的なキッチン設備と、「おくどさん」と呼ばれる日本伝統のかまどが共存しております。広々としたリビングや畳部屋は、かつての邸宅が建っていた裏庭へと通じています。
合屋邸は歩道脇の水路を鯉が泳ぐ「後町通り」に面しており、飫肥城からも近い場所にあります。車でお越しの際は、近くにある地元の焼酎メーカーの小玉酒造の駐車場をご利用いただくことも可能です。

その向かい側には,今度飲食店工事中の古民家がありました。こちらはKirakuさんが主体ではないとのことです。まちづくりが活性化されてきていてとてもよいですね!どのような内外装になるのか,楽しみです。

飫肥について

伊東家によって3世紀近くにわたって統治され、5万1千石を誇った藩の中心地である飫肥の城下町は、侍と商人たちの住まいが並ぶ趣のある町です。苔のむす神社や飫肥城、そして伊東家によって設立された藩校などは、江戸時代の飫肥の町を彩った文化的な結晶の一例といえます。四半的弓道や地鶏の炭火焼などといった地元の料理、飫肥産の焼酎などをぜひお楽しみください。周辺には鵜戸神宮や坂元棚田、サーフィンなどのマリンスポーツで人気のある日南のビーチもあります。

ところで,この飫肥エリアが活性化されているのは,株式会社地域経済活性化支援機構が密接に関わっています。

2. 地域活性化・事業再生ノウハウの蓄積と浸透
REVICが持つ多様な枠組み・機能や他の支援機関との連携等により、地域活性化・事業再生ノウハウの全国的な蓄積と浸透を図ることを通じて、地域において自律的かつ持続的に地域活性化・事業再生が行われるよう、触媒としての役割を果たします。

合屋邸は,古民家の梁柱を感じながら,快適に宿泊するにはとてもすばらしい場所です。
一部屋一泊 JPY 28,800 から(大人2名)からは,他の施設にくらべ安めに設定されています。宮崎空港から車で1時間!是非泊まりにいっていただきたいです!

詳細
keyboard_arrow_down
チェックインとチェックアウト
チェックイン 3:00PMチェックアウト 11:00AM
チェックイン手続きの受付時間は9:00AM-3:00PMとなります(3:00PM以降のチェックイン手続きについては事前にご連絡ください。但し、対応できない場合もございます。)
ベッド
ツインXLベッド x 2(Tuft&Needleマットレス)
布団 x 4
部屋
洋室 x 1
和室 x 1
バスルーム x 1
キッチン x 1
設備・アメニティ
freeWifi
無線インターネット(無料)
parking
パーキング
floorHeating
床暖房
tv
テレビ
cleaningService
清掃サービス
safetyBox
セーフティーボックス
koyamakiBathtub
お風呂(高野槙)
shower
シャワー
washletToilet
シャワートイレ
bodySoap
ボディソープ
hairdryer
ヘアドライヤー
towels
タオル
hairbrush
ヘアブラシ
toothbrushSet
歯みがきセット
cottonSwabs
綿棒・コットン
laundryMachine
洗濯機
refrigerator
冷凍冷蔵庫 
IHStove
IHクッキングヒーター
riceCooker
炊飯器
microwaveOven
オーブンレンジ
kettle
ケトル
potsAndPans
鍋・フライパン
cookingUtensils
調理器具一式 
platesCupsAndUtensils
食器・カップ・お箸類
coffee
コーヒー
humidifier
加湿器
linens
リネン
roomwear
ルームウェア
clothingHanger
物干しハンガー

後編に続きます。

宮崎県日南市「飫肥(おび)」紀行 (後編) 勝目邸(かつめてい)の紹介

http://koboku.org/articles/50

飫肥紀行の後編です。古民家リノベーション事例その2,「勝目邸(かつめてい)」の紹介です。築50年の建築物ですので新しいです。18世紀に造られたとされる庭は必見です。写真を中心にご紹介します。

この記事のライター

関連する投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。そんな小田原さんに古木や建築、家具製作の未来についてお話を伺う対談の第二弾(後編)。


【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

前回、3回にわたってお届けした家具デザイナー小田原 健さんのお話(「古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識」-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-)。 今回は、山翠舎東京支社に場を移し、日本建築の原点などについて、小田原さんにお話を伺いました。インタビュアーは山翠舎代表の山上浩明。小田原さんの木を思う心がギュッと詰まったお話になっています。まずは前編をどうぞ。


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その3

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その3

古木をフックに利益をつくり、人の繋がりをつくり、経済圏を生み、一つの世界観、価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビュー。最終回となる第3回は、古材ではなく「古木」と定義した理由とその戦略、そのビジョンなどのお話です。


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その2

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その2

古木をフックに利益をつくり、人の繋がりをつくり、さらには経済圏を生み、一つの世界観、価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビュー。第2回は、この挑戦を実現に向けていくための実際的な方法やビジョン、そして動機などのお話です。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング