里山十帖に泊まる 前編 〜本当の贅沢について考える〜

里山十帖に泊まる 前編 〜本当の贅沢について考える〜

 里山十帖をご存知でしょうか。2016年の週刊ダイヤモンド「百花繚乱 ニッポンのリゾート」特集で総合&満足度ランキング30の総合3位にランクインした新潟県南魚沼市の旅館。星のや軽井沢、二期倶楽部に続く、なんと第3位に。正直私、知りませんでした…。お米が美味しい季節だし、ぜひ行ってみましょうよ。


里山十帖って

 皆さま、「里山十帖」という名の旅館をご存知でしょうか。「里山十帖」は、2014年5月に雑誌「自遊人」を発行する株式会社自遊人がオープンさせた新潟県南魚沼市にある大沢山温泉の旅館です。
 魚沼というとまず思い出すのがお米、そして次にスキー場がたくさんある豪雪地帯ということくらい。知識の乏しい私ですが、どうやらこの旅館には本当の贅沢があるというのです。

 ウェブサイトには株式会社自遊人クリエイティブ・ディレクター岩佐氏が「ご挨拶に代えて」にこんなコメントをしています。
《旅館を始めたかったわけではありません。レストランを始めたかったわけでもありません。始めたかったのは、新たなインタラクティブ・メディアの枠組みをつくること。(抜粋)》
 横文字が苦手な私にはどのようなメディアかは分からないけれど、旅館もレストランも始めたかったわけではないという。
 え、そうなの? それなのに総合&満足度ランキングで3位ってすごくない?
 そして続きにはこんなコメントが。
《見る、嗅ぐ、聞く、感じる、眺める、座る、くつろぐ、食べる、飲む、寝る……。滞在中になにかひとつでもインスピレーションを感じていただければ、それはこの上ない幸せです。》と。

 旅館というと温泉と美味しいお料理、日々の喧騒から脱出してとにかくのんびり過ごしたいと思ってしまう私。当然ながらそこには旅館からのオモテナシも必須。どちらかと言うと「贅沢」には至れり尽くせりを期待してしまう。
 でも今回はちょっと違う。でも堅苦しく考えることはないみたい。なんでもいいから滞在中に一つでもインスピレーションを感じて欲しいっていうんだから、そういう気持ちを頭の片隅に置いて過ごしてみたいと思います。

 さ、前置きが堅苦しくなってしまったけど、気楽に里山十帖ルポいってみたいと思います。

無人駅に降り立った

 東京駅から上越新幹線で越後湯沢駅へ、越後湯沢駅から在来線へ乗り換えて10分。大沢駅で降り経ちました。東京駅からだと1時間40分程度であっという間に到着。
 越後湯沢駅は昔スノーボードにハマっていた頃に何度となく訪れた駅だけど、たった10分電車に乗るだけでこの駅は人気のない無人駅。
 あ、良かった…ちゃんとお迎えの方が来てくれてる。
 車で10分程度で里山十帖に到着です。

 
 旅館の軒先には収穫したての稲が干してあります。電車の車窓からは見たことあったけど、こんなに間近で見たのは初めて。たっぷり重量感のある稲穂。新米への期待が高まります。


 築150年の古民家を改装して作られた旅館は、この豪雪地帯ならではでとにかく立派な造り。150年もの間、この雪深いこの地で雪の重みに耐えてきたんですね。建物は総欅、総漆の古民家なんだとか。重厚な扉に期待が高まります。


 正面玄関を入ると、圧倒されるほどの吹き抜けが。と同時に視界に入ってくるのがこの木のアート。この旅館は世界を代表するデザイナーの家具や現代アートが多数置いてあり、アートを直に体験することも大切にしています。
 大きな木はたくさん見てきたけれど、こんな斬新な木のアートは初めて。ん?!


 ヨッコイショ!
 大きな木槌を小さな木彫りの人形が支えています。なんかチャーミングでついつい覗き込んでしまうアートです。この人形は神の使いなのか、前には収穫した稲が備えられていました。この巨大な木槌を小さな人形が支えてるんだから、やっぱり神の使いなのかも。とてつもないパワーを感じます。


 梁は本当に太くて見事です。燻され黒光りする梁が150年前の歴史を感じます。

館内を歩く


 館内を簡単にご紹介。
 エントランスホールには暖炉があり、優しく温かい空気に包まれています。冷え切った身体が温まります。


 エントランスホールの吹き抜けには、二階にラウンジが。にしても太い梁。すごいな。


 世界を代表するデザイナーの家具が所狭しに設置され、本を読むのもよし、語らうのもよし、ぼーっとするのもよしな空間となっています。簡単なお茶もいただけました。


 エントランスの隣りにあるのが御食事処。宿泊した日は、実は一流シェフとのコラボディナー開催日だったので、素敵なテーブルセッティングになっていました。こちらの天井も圧倒されるほどの高さと重厚感でした。


 宿泊棟にもラウンジが。宿泊者の方ものんびりラウンジで過ごされていました。


 廊下は木であったり畳で施されていたり。スリッパを置かない旅館なので、足でその感触を味合えます。


 そして今回宿泊したお部屋がこちら204号室。部屋にも素敵な家具が置いてあります。第一印象はシンプル。決して豪華ではないけれども、必要なものがちゃんと置いてあり、居心地の良さを感じました。


 お部屋には贅沢にも檜風呂があり、旅の疲れを癒やしてくれます。お風呂に浸かりなが見る景色も最高でした。この他にも2つの大浴場があり、そこが素晴らしいのなんのって言葉では言い表せません。ぜひウェブサイトでご確認ください!


 さて、夜はお楽しみの「ミシュランガイド東京」スターシェフ 目黒『ラッセ』村山太一シェフの料理を楽しむ会。テーマは「マンマの味と郷土の味。村山太一の源流を探る」。イタリアのマンマの味を大切にする村山シェフが、新潟・魚沼の素材で料理を振る舞いました。
 私はここで目を丸くするほどの感動をする訳ですが、その詳細は後編でご紹介します!

> 後編へ

里山十帖 created by 自遊人

http://www.satoyama-jujo.com/

「里山十帖」公式サイト。日本有数の絶景露天風呂、オーガニック&デトックスの食、デザイナーズ家具やアートを配した館内、露天風呂付き客室……。東京からわずか1時間40分、伊豆・箱根より早く着く、新潟の秘湯。

この記事のライター

関連する投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。そんな小田原さんに古木や建築、家具製作の未来についてお話を伺う対談の第二弾(後編)。


【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

前回、3回にわたってお届けした家具デザイナー小田原 健さんのお話(「古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識」-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-)。 今回は、山翠舎東京支社に場を移し、日本建築の原点などについて、小田原さんにお話を伺いました。インタビュアーは山翠舎代表の山上浩明。小田原さんの木を思う心がギュッと詰まったお話になっています。まずは前編をどうぞ。


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その3

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その3

古木をフックに利益をつくり、人の繋がりをつくり、経済圏を生み、一つの世界観、価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビュー。最終回となる第3回は、古材ではなく「古木」と定義した理由とその戦略、そのビジョンなどのお話です。


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その2

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その2

古木をフックに利益をつくり、人の繋がりをつくり、さらには経済圏を生み、一つの世界観、価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビュー。第2回は、この挑戦を実現に向けていくための実際的な方法やビジョン、そして動機などのお話です。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング