デザイナー小林敬介さんインタビュー vol. 3「普通のまま普通じゃなくする」

デザイナー小林敬介さんインタビュー vol. 3「普通のまま普通じゃなくする」

内装・建築のデザイナーとして30年以上のキャリアを持ち、古木を使った内装デザインでも数々の名店を手がけてきた小林敬介さん。インタビュー連載、最終回となる3回目は、「無作為の作為」こと、一見普通のデザインなのに、普通じゃない、そんな空間づくりのお話です。


< はじめから読む

第3回「普通のまま普通じゃなくする」

小林さんがデザインした、静岡県焼津市にある小林さんの実家。

小林 敬介(こばやし けいすけ)
内装・建築デザイナー。
1963年、静岡県焼津市生まれ。
東京のデザイン専門学校に進み、人生を知るためにと葬儀屋や汚物処理など人が嫌がるバイトを数々体験。卒業後は店舗に住宅、内装・建築と、デザイナーとして今日まで30年以上のキャリアを持つ。古木を使った内装デザインも多数手がけている。

小林さんのコレクション


小林
内装とかデザインとかやってますけど、僕が今、いちばん興味あるのは料理なんですよ。

いわた
料理を作る?

小林
作れないですけど。

いわた
食べるほう?

小林
食べるほうというより、僕、器のコレクションをしてるんです。

いわた
焼き物ですか?

小林
焼き物もそうですし、料理道具もそうですし。


いわた
へえ。

小林
包丁とかも、こういうね、ダマスカス鋼っていって、この波模様がカッコよくてね。眺めてて、いいなあとか、きれいだなあとか思ってて。


いわた
いいですね。

小林
あと、こういうアフリカのお面と、インドの100年前に使われてたテーブルとか。

実家をデザインする


小林
こういう食器とかを何で僕、買うようになったかというと、焼津の自宅を作って、

いわた
生まれは焼津ですか?

小林
焼津なんですよ。
で、こういうふうに花を活けたり。
親が花をやってるわけではないんですが、僕がこういう家に住んで欲しいなと思う気持ちで作ったっていう。

いわた
いいなあ。

小林
親からこういうふうに作れって言われたわけではなくて、ただ和風でって言われたんで、和風で作ったんですけど。
普通の家を作ろうと、サザエさんの間取りで作ったんです。
でも普通を、いかに普通でなくすかっていう方法論をいろいろ考えて。

いわた
ええ。

小林
だから床板も普通の昔の松の板だったり、壁も聚楽だったりするんだけど。
でもそれを全体的に構成すると、普通でなくなる方法論っていうのをどうやったらできるかっていうのを考えて、デザインを施してったんですよ。

いわた
どこをチェンジするんです?

小林
幅木ってあるじゃないですか。普通、幅木をつけるんですよ。でもそれをつけない、とか。
あと普通は長押がついてるけど、つけない、とか。
日本の在来のものは長押があって幅木があって、そういう決まりのものがあるんだけど、まあ西洋の考えだと、例えばコルビジェが日本に来て「日本建築は線が多すぎる」という、そういう発想があるんですね。

いわた
へえ。

小林
その線を取ったらどうかっていうことで、線を極力なくした伝統的なかたちってどうなのか、とかね。そういうのをちょっとやってみた。
ほかにも扉の枠も枠の薄さによって建具の表情が変わるんですよ。今までコストの面でとかそんな面倒なことやりたくないとか、いろんな問題でやれなかったことを、家で実験したんですよ。

いわた
この家、すごくいいなあ。

古木でデザインする・JRの枕木はヤバかった話


いわた
そういえばすっかり古木の話を聞くの忘れてました。
小林さん、古木は…

小林
古木については、僕はまず枕木を使ったお店を作ったんですよ。

いわた
枕木っていうのは、鉄道の?

小林
それが当時、タダだったんですよ。私鉄の枕木は表面にしか防腐剤塗ってないので、すごくいい状態だったんですよ。

いわた
てことは、JRは違うんですか?

小林
JRは管理が厳しくて、防腐剤が中までぜんぶ注入してあるんですごく臭かったんですよ。

いわた
そうなんだ。

小林
そのころはタダだったんで、車で持っていってくれればいくらでもあげるよっていう時代だったので、それをもらいに行って。でもすぐに枕木も広まっちゃって、タダじゃなくなったんですよ。
で、私鉄の枕木がなくなっちゃったんですよ。
そしたらJRから安く買えるっていうんで、JRの枕木を買ったわけですよ。
でもそれを切ったら、切ってくれた人がみんな倒れちゃった。

いわた
え?

小林
中に注入してある防腐剤が気化して。

いわた
そんなにひどいの?

小林
ひどいんですよ。毒性が強いみたいですね。だから建物の内部で使っちゃいけないんですよ、JRの枕木は。

いわた
へえ。

小林
そのころは僕ら、知らないから。それで切ってくれる人がどこにもいなくなって。

いわた
すごい話ですね。

古木でデザインする・今日までの話


小林
あと古木でいうと、アメリカから輸入されているバーンウッド。納屋で使われている古い板を使ってお店づくりをしてたんですね。それが25年くらい前かな。
今ほど海外の古材が出回ってないころでしたけど、そういうのを扱ってデザインとかしてましたね。

いわた
そうなんだ。

小林
だから古材はずいぶん前からやってたんですけど、またそれが、補助金が出るとかで、国内の古材を使いましょう、ということになってきて。長野近辺の、雪深いところの古材のほうが立派だからということで、それで古材を扱うようになったんですね。僕がちょうど前の会社を辞めたときくらいから古材を使ったお店づくりという方向に転換したんです。
じゃあ、古材を使ってどういったお店づくりができるの、と。
全部古材を使うとそれは古民家になっちゃってコストも高くなるし、現代的にはマッチしない部分があった。あまりにくどくなってくるんで。
だから現代的な表現になっていったんですよ。そういうのが逆にいいってなって、依頼が増えていくんですけど。だからか最初はイタリアンとかが多かったですね。

いわた
なるほどね。

料理を食べるシーンで総合アートをやる?


いわた
ベタになっちゃいますけど、最後の質問で、小林さんのこれからを聞かせてくれませんか。

小林
仕事を辞めたいですね(笑)

いわた
なんと(笑)

小林
これからは料理をやりたい。
僕はだから、料理を食べるシーンが総合アートだと思ってるんで。

いわた
料理を食べるシーン?

小林
最終的には。
例えばここに空間を作って、そこに花を活けて、着物を着て、そこに器をおいて、ぜんぶトータルで空間を作るっていうことを自分でやる。で、料理を作って出す。そしてお客さんに食べてもらう。
この一連をやるとしたら、総合的にやらないといけない。これがすごく楽しい。

いわた
料理を作るのもやりたい?

小林
作るのもやりたい。イメージはたぶん負けないと思うんですよ。
いろんなお店へ行って食べて、「ああこんなもんか」とか、「こんな盛り付けね」とか、

いわた
上から目線だ(笑)

小林
デザイナーだからビジュアルとしてはイメージとかアイデアはいっぱいあるんだけど。ただ、実際問題、美味しいのかどうかっていうのはあるけど(笑)
そういうのを実験的に、

いわた
本当にいつかやるんですか?

小林
やりたいと思ってるけど。
とりあえずここでパーティーとかやって、ふるまうところから。

いわた
それは、ぜひやってほしいなあ。

これで小林さんとのお話はおしまいです。
お読みいただきありがとうございました。

この連載の記事一覧はこちら

デザイナー小林敬介さんインタビュー vol.1「片っぱしから門をたたく」

http://koboku.org/articles/40

内装・建築のデザイナーとして30年以上のキャリアを持ち、古木を使った内装デザインでも数々の名店を手がけてきた小林敬介さん。小林さんのデザインには、個が競い合うこの世界とは一線を画すような佇まいがあります。「イタコになる」「無作為の作為」。そんな小林さんのデザインにまつわる遍歴と哲学を伺いました。

デザイナー小林敬介さんインタビュー vol.2「アートとデザイン」

http://koboku.org/articles/41

内装・建築のデザイナーとして30年以上のキャリアを持ち、古木を使った内装デザインでも数々の名店を手がけてきた小林敬介さん。インタビュー連載2回目は、アートとデザインについて…何がアートで、何がデザインなのか、そのあたりについてのお話です。

デザイナー小林敬介さんインタビュー vol. 3「普通のまま普通じゃなくする」

http://koboku.org/articles/42

内装・建築のデザイナーとして30年以上のキャリアを持ち、古木を使った内装デザインでも数々の名店を手がけてきた小林敬介さん。インタビュー連載、最終回となる3回目は、「無作為の作為」こと、一見普通のデザインなのに、普通じゃない、そんな空間づくりのお話です。

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連するキーワード


デザイナー

関連する投稿


【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。そんな小田原さんに古木や建築、家具製作の未来についてお話を伺う対談の第二弾(後編)。


【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

前回、3回にわたってお届けした家具デザイナー小田原 健さんのお話(「古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識」-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-)。 今回は、山翠舎東京支社に場を移し、日本建築の原点などについて、小田原さんにお話を伺いました。インタビュアーは山翠舎代表の山上浩明。小田原さんの木を思う心がギュッと詰まったお話になっています。まずは前編をどうぞ。


第3回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。 -木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

第3回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。 -木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

今回は国内外で活躍している、家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。木と職人をこよなく愛する小田原さんは、その現場で何を感じたのか。 3回目(最後)となる今回は、日本の現状と海外の例を取り上げながら、話がスタートした。


第2回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。 -木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

第2回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。 -木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

今回は国内外で活躍している、家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。木と職人をこよなく愛する小田原さんは、その現場で何を感じたのか。 2回目となる今回は、小田原さんが木への愛着をより深めるきっかけとなった出来事の話題から始まった。


第1回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

第1回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

国内外で活躍している家具デザイナー 小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。木と職人をこよなく愛する小田原さんは、その現場で何を感じたのか。 自身の半生に加え、日本の職人やデザイナーの現状、さらに国産材活用の普及促進などについて、山翠舎会長の山上建夫が話をうかがった。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング