デザイナー小林敬介さんインタビュー vol.1「片っぱしから門をたたく」

デザイナー小林敬介さんインタビュー vol.1「片っぱしから門をたたく」

内装・建築のデザイナーとして30年以上のキャリアを持ち、古木を使った内装デザインでも数々の名店を手がけてきた小林敬介さん。小林さんのデザインには、個が競い合うこの世界とは一線を画すような佇まいがあります。「イタコになる」「無作為の作為」。そんな小林さんのデザインにまつわる遍歴と哲学を伺いました。


第1回「片っぱしから門をたたく」

小林さんがデザインした、静岡県焼津市にある小林さんの実家。

小林 敬介(こばやし けいすけ)
内装・建築デザイナー。
1963年、静岡県焼津市生まれ。
東京のデザイン専門学校に進み、人生を知るためにと葬儀屋や汚物処理など人が嫌がるバイトを数々体験。卒業後は店舗に住宅、内装・建築と、デザイナーとして今日まで30年以上のキャリアを持つ。古木を使った内装デザインも多数手がけている。

イタコになる


小林敬介(以下、小林)
まずはどういう考え方でデザインをやってるんですか、そういう感じの質問からですね?

いわた
そうですね。

小林
そのなかで、イタコになるって話、いつしたんでしたっけ?

いわた
憶えてないです。でも聞いた気がするな。

小林
イタリアンで一緒にご飯食べたときかな。酔っ払ってそんな話をしたのかもしれないです。

いわた
そうですね。

小林
だから、そのくらいお客さんの気持ちを自分に降霊させてお客さんの気持ちになってものを作らないとダメよ、イタコにならないとお客さんの気持ちまで入らないんじゃないの、っていうのが僕はあるんです。

いわた
いつからそう思うようになったんですか?

小林
そもそもは、やっぱりデザイナーを目指してたので、自分の作りたいものとか、お金関係ないからとか、そういうものをやろうとするんだけど、世の中、そんなに甘くはなく。

いわた
はい。

小林
お客さんからダメって言われるし、社長に見せてもダメって言われるし。スタッフの人にも使いにくいって言われるし。

いわた
そんな時期があったんですね。

小林
いちばん最初のころはそんなようなのがあって。
僕はわがままなんで、「絶対俺のやりたいことをやってやる」っていうのがそもそもの出発点で。人の気持ちがとかは関係ない、人なんかどうでもいいと考えてて、

いわた
そこまで。

小林
要は「この人たちを全員納得させりゃあいいんだな」っていう。
でもそうしようと思うと、納得させなきゃいけないから、いつのまにか普通に人として、人の気持ちを意図してやるようになって、それが当たり前になってきて、そういうことを反復するようになってきたんですね。

いわた
はい。

小林
なので、最初のころは「自分がこうしたい」と。それこそ強い気持ちでやってたんですけど。
それがだんだん自分の好きなものもよくわからなくなってきて。「好きにやって」と言われれば言われるほど、よくわからない。

いわた
ああ。

小林
大事なのは、言葉として打ち合わせを何十回もやれば、言った通りのことをできるのかって言ったら、違うってことなんですよ。

いわた
ええ。

小林
言葉の裏があって。その人が「黒が好き」って言ったって、実際その人の本質は白が好きなのかもしれないんですよ。その部分をわかるためには、その人を降ろさないとその本質が出てこない。だから表面的なものじゃない、裏を見るためにもその人の気持ちになりきる、みたいな。

いわた
それがイタコですね。

小林
言葉だけじゃないところをわかってあげたいな、で、その人のやりたいことを二歩も三歩もじゃなくて、半歩くらい膨らませたい。

いわた
それは共感するということですよね。

小林
まあ、ある程度その人の考えに。
でもそこには、そこにくるお客さんのこともちょっと考えるんですね。その人がいいと思ってても、お客さんがこなくて売れない店になればあなたが困ってしまうので。そこをちょっとプラスしてあげる。まあでも一番は、相手の言ってることを聞いてあげる。

いわた
はい。

「そんなクソみたいな仕事をするな」と言われ


小林
僕は思うのは、作家的なデザイナーと、あとは商業デザイナーといわれるマスの部分でやってる方たちがいっぱいいる。
そういう意味で、僕はそもそも作家を目指したかったんです。
で、僕はそもそも作家という意識でこの世界に入ったんだけども、それを全否定されるところから始まるんですよ。

いわた
そうなんだ。

小林
「そんなクソみたいな仕事をするな」と。

いわた
クソみたいな…

小林
「デザイナーなんてクソもいいところだ」みたいなこともものすごく言われたんですよ。

いわた
よくやってましたね。

小林
それで、「なに言ってるんだろう、この人は。ダサい仕事しかしてないのに」みたいな。

いわた
(笑)

小林
そういう葛藤がありながら。
でも一人前になれないと偉そうなこと言えないので、とにかくやるしかないんで、勉強しようということで僕はやってたんですよ。

いわた
はい。

小林
でもやってくと、僕の考えでは通せない問題がいっぱいでてきて、

いわた
実際、建たないということですか?

小林
要は、案が通らないっていうことですよ。提案したところでお客さんに案が通らないんですよ。
結局は、社長の言った通りにやると、そういう方向に行くわけですよ。
それはだから、かっこいいとかかっこ悪いとかの話じゃないんだよね。
もっと先の問題、経済的な問題とか、いろんな部分においてそっちのほうが正しかったりするんですよね。

デザイン事務所をかたっぱしから回る


いわた
逆に、そもそも小林さんは何故にそんな、志が高いというか、上から目線的なデザイナーとして始まったんですか。

小林
何でそんなに自信があって?

いわた
そう。何か自分なりに掴んでないとなかなか人はそう思わないじゃないですか。

小林
10代のころからいろいろなものを見てたんですよ。
それで、世の中こんなものでしかないなと思って。

いわた
そこが。

小林
そのときはバカなんで、日本なんてクソだなと思って、俺は世界を目指したいんだ、と。
若いから、世の中のこと知らないので、そういう発想がもともとあったんですよ。

いわた
はい。

小林
なので、知らないからそういう発想だったってとこなんですよね。
僕はすぐに実戦で仕事をやりたかったので、20歳のときに社会人になるんですけど。
一流のデザイン事務所に入りたかったんですよ。
なので、50社ぐらい回りましたよ。

いわた
すごい。

小林
ただ、一流のところに限って募集をかけてない。だから、会いに行く。それで何回も電話する。有名な先生に。それで、会わせてもらったりして、ちょっとデザイン的なことについて話をする。で、「たいしたことないな」って思って帰ってくる(笑)

いわた
そっちですか(笑)

小林
そういうのを繰り返してた。

いわた
面白い。

小林
それなりに世の中で有名な作品を作る人なんですけど、ファッションセンスがなってないなとか、人間的になってないなとか、横柄だなとか、事務所も汚いとか、まあそういうのを見ると、ダメだなって。そうやって自分自身の中で落としていく。しょせん、たいしたことないんだなって。

いわた
(笑)

小林
まあ、知らないからね(笑)
中には優しい人もいる。この人は人間的に素晴らしいんだろうな、と。でもその優しさが、この人が世の中で負けてしまう要因なのかなとか。いろいろそのときから考えたりしながら。

いわた
ふん。

南青山で働き始めるものの…


小林
僕は、最初に働いたところが南青山だったんですよ。とにかく南青山で就職したかった(笑)。ミーハーです。なので南青山にあるデザイン事務所に片っ端から電話して。

いわた
すごいなあ。

小林
当時の僕は精力的だったんですよ。またそういうところへ行くと、一緒の考え方を持っているやつらと仲間になったりして、情報交換とかしたりして。
「あの先生のところわたしも行ったんですけど、なかなか会ってくれない」みたいな。「だから座り込みして」みたいな。そういうのをやってる連中もけっこういっぱいいたんですよ。

いわた
へえ。

小林
当時、倉俣史朗さんっていう有名なデザイナーさんがいたんですが、本来その人は会ってくれない人なんだけど、会わせてもらえて。そこで偉そうなことを吹いたら、「おまえ、なかなか面白いやつだ。ずっとその考え方で進め」みたいなこと言われて。「でも採らないよ」って言われて(笑)

いわた
(笑)

小林
ていうようなこととかいろいろやって。
あるところでは、「おまえのようなやつは便所を手で洗えるか?」って言われて、「洗えます」って言ったら「嘘だろ。そんなこと、おまえができるわけない」って一蹴されて。こんな事務所には俺も入りたくないな、とか。
そんなことやりながら、見つけたんですよ。南青山で。トレンディードラマに出てくるようなところで。

いわた
念願の南青山。

小林
でもこのままここでやってたら自分、ダメになるなと思って

いわた
何があったんですか?

小林
何があったっていうか、だって、何にもしないんですよ。

いわた
え?

小林
昼間中、好きな本を読んでるだけで。

いわた
仕事は?

小林
しないの。

いわた
給料は?

小林
もらえるの。

いわた
素晴らしいじゃないですか。

小林
夜になると、飲みに行くぞって言われて、いろんなところへ連れてってもらえる。
いいでしょ?

いわた
いい。

小林
でもこんなことやってて大丈夫なのか、ってあるじゃないですか。
仕事しないと俺、やばいなって思って。
そこは一年在籍して、やめましたけど。

次回につづきます。

デザイナー小林敬介さんインタビュー vol.2「アートとデザイン」

http://koboku.org/articles/41

内装・建築のデザイナーとして30年以上のキャリアを持ち、古木を使った内装デザインでも数々の名店を手がけてきた小林敬介さん。インタビュー連載2回目は、アートとデザインについて…何がアートで、何がデザインなのか、そのあたりについてのお話です。

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連するキーワード


デザイナー

関連する投稿


【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。そんな小田原さんに古木や建築、家具製作の未来についてお話を伺う対談の第二弾(後編)。


【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

前回、3回にわたってお届けした家具デザイナー小田原 健さんのお話(「古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識」-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-)。 今回は、山翠舎東京支社に場を移し、日本建築の原点などについて、小田原さんにお話を伺いました。インタビュアーは山翠舎代表の山上浩明。小田原さんの木を思う心がギュッと詰まったお話になっています。まずは前編をどうぞ。


第3回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。 -木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

第3回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。 -木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

今回は国内外で活躍している、家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。木と職人をこよなく愛する小田原さんは、その現場で何を感じたのか。 3回目(最後)となる今回は、日本の現状と海外の例を取り上げながら、話がスタートした。


第2回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。 -木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

第2回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。 -木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

今回は国内外で活躍している、家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。木と職人をこよなく愛する小田原さんは、その現場で何を感じたのか。 2回目となる今回は、小田原さんが木への愛着をより深めるきっかけとなった出来事の話題から始まった。


第1回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

第1回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

国内外で活躍している家具デザイナー 小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。木と職人をこよなく愛する小田原さんは、その現場で何を感じたのか。 自身の半生に加え、日本の職人やデザイナーの現状、さらに国産材活用の普及促進などについて、山翠舎会長の山上建夫が話をうかがった。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング