そうだ。NIPPONIAに泊まりに行こう! vol.2「とけこむように泊まる」

そうだ。NIPPONIAに泊まりに行こう! vol.2「とけこむように泊まる」

 今回は兵庫県篠山市にある篠山城下町ホテルNIPPONIAを訪れました。古民家を改装した宿泊施設は、城下町全体に点在する5棟で一つのホテル。「400年の歴史に、とけこむように泊まる」新しいライフスタイルの宿泊体験でした。


NIPPONIAって

 今回の宿泊先、篠山城下町ホテルNIPPONIA。NIPPONIAは各地に点在する古民家を、その歴史性を尊重しながら宿泊施設や飲食店、店舗としてリノベーションし、複合宿泊施設として再生していく取り組みのこと。
 
 この篠山城下町に5つの宿泊棟が点在し、城下町全体をひとつのホテルとしているもの。とても斬新ですよね。宿泊棟となっている古民家はいずれもこれまでの考え方では、資産価値がないとされ、改装資金の調達が困難であった物件でした。しかし古民家再生における新しい投融資の仕組みを造り、またホテル事業が関西圏国家戦略特区の特区事業に認定されたことから、複数の分散した古民家の宿を1箇所の受付で管理・運営する旅館業法の特例適用や建築基準法の緩和も可能となり、古民家等の歴史的建造物の再生・活用を軸とした地方再生が実現されたとのことです。

 地域の人々がこれまで築き上げてきた歴史や文化、暮らしを大切に受け継ぎ、新たな日本の宝を想像する取り組みとして運営されています。

 今回宿泊するのは、ONAE(オナエ)棟とSAWASIRO(サワシロ)棟。さ、さっそく中に入ってみましょう。

ONAE棟

 ホテルの受付とレストランがあるONAE棟。この建物は明治期に建てられ、かつては元銀行経営者の住居だったそう。古図によると建物は現状の約4倍、敷地は2倍もの広さがあったとされていますが、その後の土地や建物の譲渡や解体・崩壊などで消失し現在の規模となったと考えられています。


 入口を入ると、ずっと奥まで土間が続いていました。今はリノベーションされとても綺麗になっています。


 受付をするために、入口右手のお部屋へ案内されました。丁寧にNIPPONIAについてと、篠山城下町の散策について教えて下さいました。お茶菓子は丹波篠山の特産品、丹波の黒豆。


 こちらはホテルのダイニングとなるレストランです。レストランは、宿泊されない方でも利用が可能です。


 当時はここが台所。現在は消防法の関係で使用することはできませんがカマドや、滑車もそのまま残る井戸が、当時の姿のままに残っています。


 台所を抜けると電話ボックスが。さすが銀行経営者のお屋敷ですね。今は使用できませんが年季の入った木の扉に歴史を感じます。

 
 ONAE棟の101号室です。


 玄関を抜けると二間続きのお部屋が。二方面がそれぞれ庭に面していて、とても開放感のあるお部屋でした。部屋の照明はこの篠山市で作られたものと伺いました。部屋の雰囲気ととてもマッチしています。


 いたるところに歴史を感じさせるお洒落で粋な飾りが。


 季節ごとに姿を変える庭の木々を愛でつつ、ゆっくりと腰掛けて過ごすことができる、贅沢なお部屋でした。

SAWASIRO棟

 SAWASIRO棟はかつてお茶屋を営む店舗兼住宅でした。創建は江戸後期とされ、4棟の中でも最も古い建物だそう。通りに面している入口に「山里料理 まえ川」が店舗を構え、奥がホテルの宿泊棟となっています。


 昔の家には必ず土間があるものなんですね。こちらの棟も奥まで長い土間が続いています。途中にはカマドがあり、高い天井の上にはいい色に燻された立派な梁がありました。


 こちらがSAWASIRO棟201号室。


 土間の脇のお部屋です。扉はガラス障子。鍵はかけられるようになっています。


 今では見ることの少ない昔のガラス。至る所に模様の異なるガラスがありました。


 こちらも二間のお部屋。テーブルの下は掘りごたつになっています。ONAE棟と違って、壁紙の色がとても渋くて部屋の雰囲気にとてもあっていました。


 部屋から見える中庭です。贅沢にもこの201号室だけこの中庭を愛でることができます。独り占めなところがとても贅沢な気分になってしまいました。


 中庭脇の廊下の先には水回りが。洗面所とお風呂、お手洗いがあります。部屋から出て廊下の先にあるお手洗い。寒い冬はきっと寒かっただろうなと想像してしまいました。


 NIPPONIAのお風呂は、こちらの部屋以外はすべて現代のお風呂にリフォームされていますが、こちらの部屋のみ当時のままを残されているんだそうです。木の扉に木のお風呂。小さいながらも深さがたっぷりあるので、肩まで湯につかれ旅の疲れも吹っ飛びます。


 幾度となく改修されてきたのでしょうか。ほぞの跡が歴史を感じます。

レストランでの夕食・朝食


 夕食・朝食はONAE棟のレストランで頂きました。地産地消を愉しむ本格フレンチです。古くから丹波篠山は全国的にも名高い特産品が多く、まさにブランド食材の宝庫だそうです。目に見ても美しい、食べても美味しいお料理の数々でした。お料理の中からいくつかをご紹介。


 まずは地ビールで乾杯!


 地元野菜のガルグイユ。とてもきれいな色合いで目で楽しめるだけではなく、お野菜一つ一つの味が濃く美味しかったです。


 川魚と地元山菜を用いた温製グリンピースのムースリーヌと共に。


 丹波牛の香味焼き。美味しい!一言につきます。


 こちらは朝食です。古民家の朝にピッタリな和定食です。お味噌汁が丹波の黒豆を使ったお味噌だそう。とても美味しくおかわりさせていただきました。


 ふと、毎日の慌ただしい日常から離れ、江戸時代・明治時代にタイムスリップしてしまったかのような宿泊体験。そういえばテレビも置いてなかったな。携帯やパソコンとも少し離れて、心と身体を癒やす贅沢な時間となりました。

この記事のライター

関連する投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。そんな小田原さんに古木や建築、家具製作の未来についてお話を伺う対談の第二弾(後編)。


【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

前回、3回にわたってお届けした家具デザイナー小田原 健さんのお話(「古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識」-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-)。 今回は、山翠舎東京支社に場を移し、日本建築の原点などについて、小田原さんにお話を伺いました。インタビュアーは山翠舎代表の山上浩明。小田原さんの木を思う心がギュッと詰まったお話になっています。まずは前編をどうぞ。


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その3

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その3

古木をフックに利益をつくり、人の繋がりをつくり、経済圏を生み、一つの世界観、価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビュー。最終回となる第3回は、古材ではなく「古木」と定義した理由とその戦略、そのビジョンなどのお話です。


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その2

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その2

古木をフックに利益をつくり、人の繋がりをつくり、さらには経済圏を生み、一つの世界観、価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビュー。第2回は、この挑戦を実現に向けていくための実際的な方法やビジョン、そして動機などのお話です。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング