新潟の古民家をめぐる その2「骨組みだけの農家に免震の知恵を見る」

新潟の古民家をめぐる その2「骨組みだけの農家に免震の知恵を見る」

豪雪地帯の古民家にはいい木が使われている。糸魚川の古民家を訪ねたあと、僕らが向かったのは東へ20kmほど、長野県上越市。またしても山裾の古民家です。解体が進み、骨組みがあらわになったその姿に、伝統構法の知恵が浮き上がっていました。


< 最初から読む

上越の古民家へ



糸魚川の古民家を見たあと、大工さんたちとふたたび日本海沿いを、今度は東へ向かって車を走らせます。

日本海。相変わらずの荒れ模様。

40分ほど車を走らせて到着。

またしても山裾にはりつくように建った古民家でした。

解体が進み、骨組みがあらわになっています。

雪国は山裾の古民家。山から木を伐りだしてきて、それを冬、そりに乗せて斜面を下ろしてくる。さらには雪が降ったらそこで雪山をつくり、櫓を建てて梁を組み立てる。
雪国において山裾という立地は、家を建てるにいろいろやりやすかったと言います。

防腐の煤、免震の扠首(さす)

慣れた感じで大工さんは天井へあがり、状態を確認します。
おそらくこの家、山仕事をしながらの農家だったと思われます。
骨組みだけの状態が、古民家の構造をよく説明してくれます。

間取りも透視図のように見えます。

いい梁。煤で黒光りしています。

すごい煤の量です。
昔の人が掃除を怠ってたという意味ではありません。
実はこれ、煤が木の腐敗を防いでいるのです。

糸魚川の古民家より鉄砲梁は細めですが本数はこっちのほうが多く、それがこの家の特徴になっています。

まさに鉄砲梁です。銃床の形そのもの。

そして何より、今回注目したいのはこれです。

先端の尖った丸太のようなもの

傍に捨て置かれていましたが、この尖った先端が、、、

ここ、2階部分の角の、この三角形の穴ぼこにハマっていたそうです。

傍に捨て置かれていたあの丸柱は扠首(さす)といい、この穴ぼこに尖った先端をさし、合掌造りの屋根構造を作る柱として使われていたそうです。

驚くべきは、穴ぼこにさすだけで、釘も使わなければ、木組みで固定してもいない。たださしているだけです。

当然、地震がきたらぐらつく。
でも、これが倒壊しない。
なぜか?
ぐらつくことで力を逃しているからです。免震の知恵です。

古木がもつ数百年の癖



そしてこれ。「よ八」と記された柱。

わかりますでしょうか? 湾曲しています。

何年ものあいだに古木がすこしずつ癖をもってきた結果、ここまで湾曲したようです。

古民家を解体すると、柱にたまった何百年分のそうした癖が一気に出て、さらに曲がるそうです。
古民家移築をする場合、そうした柱があったときはホゾ穴を埋めて、新しい接点に入れる作業が必要になるそうですが、ここまで曲がっているものは、果たして使えるかどうか。
なんにせよ「古木は生き物」という言葉の意味の、1つの象徴です。

そしてこれ。
古建築に興味のある人はみんな知っていることだと思いますが、僕はいつもこれを見ると妙に感動を覚えます。

建物が、 石の上に乗っかってるだけ。基礎工事もなし。かっこいい…。
これも免震の知恵です。
日本最古の建築と言われる法隆寺もそうですね。石の上に乗っかってるだけ。
自然に優しい、だけではない。
柱をガチガチに固定していないので、かえって地震で揺れがあったときに力を逃してくれる仕組みです。
このやり方で何百年も、何千年も、倒壊せずに建ってきたわけです。

何もこの話は、建築の話だけにとどまらないわけです。子育てや教育、はたまた、人の働き方…。
ガチガチにやったらちょっとした負荷がかかっただけで心はポキリと折れますよ、と。ちゃんと心がしなるように免震してください、と。

伝統建築の技法は、ただのテクノロジーではないことを思い知らされます。



これで連載「新潟の古民家をめぐる」は終わりです。
お読みいただきありがとうございました。

連載「その1」はこちら↓からお読みください。

新潟の古民家をめぐる その1「御神木級の梁に古建築の髄を見る」

http://koboku.org/articles/6

 もっとも良質な古木・古材がとれるのは豪雪地帯の古民家からだという。というのも雪の重さに耐えられるよう、とりわけ太い柱や梁を建材に使ってきた歴史があるからです。そして日本一の豪雪地帯といえば、新潟。新潟の古民家には異様な迫力がある。その新潟に解体予定の古民家があるという話を聞き、大工さんたちと訪ねてきました。

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連する投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。そんな小田原さんに古木や建築、家具製作の未来についてお話を伺う対談の第二弾(後編)。


【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

前回、3回にわたってお届けした家具デザイナー小田原 健さんのお話(「古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識」-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-)。 今回は、山翠舎東京支社に場を移し、日本建築の原点などについて、小田原さんにお話を伺いました。インタビュアーは山翠舎代表の山上浩明。小田原さんの木を思う心がギュッと詰まったお話になっています。まずは前編をどうぞ。


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その3

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その3

古木をフックに利益をつくり、人の繋がりをつくり、経済圏を生み、一つの世界観、価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビュー。最終回となる第3回は、古材ではなく「古木」と定義した理由とその戦略、そのビジョンなどのお話です。


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その2

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その2

古木をフックに利益をつくり、人の繋がりをつくり、さらには経済圏を生み、一つの世界観、価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビュー。第2回は、この挑戦を実現に向けていくための実際的な方法やビジョン、そして動機などのお話です。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング