第2回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。 -木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

第2回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。 -木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

今回は国内外で活躍している、家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。木と職人をこよなく愛する小田原さんは、その現場で何を感じたのか。 2回目となる今回は、小田原さんが木への愛着をより深めるきっかけとなった出来事の話題から始まった。


< はじめから読む

小田原 健(おだわら たけし)/家具デザイナー

1934年、静岡県浜松市生まれ。16歳の時にアメリカの工業デザイナー、レイモンド・ローウィの本を読み、デザイナーになることを決心する。1954年東京芝家具業界で昭和を代表する木工名人の三輪磯松氏に出会って木工技術とデザイン力を習得。東急電鉄五島慶太氏の専任デザイナー宮内順次氏の助手を4年間務めた。若くして東京芸術大学の教授であり建築家の吉村順三に見出され、設計協力。28歳で東京芸術大学建築学部の講師に抜擢される。さらにヤマハの家具事業部の指導を40歳~50歳の間行った。スウェーデン大使館家具事業部指導、ジェトロ派遣指導員(フィリピン家具産業育成)、スウェーデンパイン材の有効活用企画、長野県森世紀プロジェクト発足親方など、国内外で木工家具の開発研究指導を行ってきた。現在は一般社団法人ARTISAN日本の理事長として、日本の建具職人の技術を次世代に伝えるプロジェクトを進めている。

木への想いを再認識した「風倒木展」。大変な話題に。

以下
山上=山上建夫氏
小田原=小田原 健氏
※敬称略

山上
小田原さんは以前、都内で「風倒木展」を開催されましたが、あの展覧会は何がきっかけで行われたのでしょう。

小田原
今から25年くらい前だと思いますが、巨大な台風が大分県を襲いました。その時、梁や柱に使うと家が10万棟建つぐらいの量の木が一夜にして倒れたんです。
その地域に知り合いがいたので、飛んで行ったんですが、惨状を見て驚きました。

私は少しばかり木と話ができるため、倒れた杉から「助けてくれー」と叫ぶ声が聞こえるんです。
木は生きている。
「わかった。助けるから」と。すぐ行動に移しました。

台風によって木がなぎ倒された山の様子

山上
どのような行動にでたのでしょうか?

小田原
倒木は広場に積み上げられました。これは生きものだから助けないといけない。台風で倒れた木だから、あちこちに傷がついています。

それらをすべて角材に加工してログハウスを造り、この家を見学してもらう、それが「風倒木展」でした。

『風倒木展』開催時のポスター

小田原
私にはお金も力もないから、当時の林野庁を訪問して「風倒木を助けたいから協力してくれませんか」と提案しましたが、まったく受け入れられませんでした。

そこで、ある放送局に「風倒木で家を造って展覧会をやるから放送してほしい」と提言して放送を実現しました。「風倒木展」は6日間で1万人の来場者を集めました。
後追いで新聞などにも記事が出たため、満員で収拾がつかないほどになりました。

山上
すごい行動力です。世論を巻き込んで動かしたわけですね。

小田原
それ以来、私は国産材の有効利用をテーマに仕事をしています。
それでも「木材は山からくる」と私が言うと、「何を言っているんですか。木材は海からくるものですよ」などと返す木材業者もいます。いかに輸入木材が増えているかという実例です。

このままでは、日本の林業にとっても、よくないと強く感じましたね。

国産材の有効活用。キーポイントは「建具職人」の育成。

山上
日本の木を有効活用するにはどうずればよいとお考えですか?

小田原
私は全国各地で国産材の有効利用を説いていますが、着目しているのは「建具職人」です。建具職人は、障子や組子、椅子、テーブルなどさまざまな製品を作ります。
これまで何千脚もの椅子製作を指導してきましたが、建具職人が作った椅子は壊れたことがありません。
一方で日本の家具デザイナーは木のことなど何も知らずに設計をしているため、製品は長持ちせず、付加価値も生みません。

山上
海外では事情は異なるのでしょうか?

小田原
はい。家具デザイナーが豊富なヨーロッパだと事情が異なります。ヨーロッパの先進的なデザイナーともたくさん仕事をしてきましたが、素材に対する取り組みは真剣で妥協など一切ありません。

完成した製品の販売先までデザイナーが決めることがあります。製品に対するプライドがあるから、そこまで口を出す。そういうデザイナーが、日本にも必要ではないかと思います。

また、日本は木材に対する認識が極めて「弱い」と感じます。

山上
「弱い」とは、具体的にはどういうことでしょうか?

小田原
弱いというのは、木の専門家が建築事業などに参加してこなかったということ。
本来、日本の木で造る建築物は、気候風土に合わせてきちんと設計すれば千年もつはずです。世界最古の木造建築である法隆寺がその有名な例です。

住宅メーカーの造る家はそうはいかず、家によっては30年もたないケースもある。職人が責任をもって建築して千年の家を造る。
そういう時代を取り戻すべきではないかと思います。

マイスター制度を導入し、施策として職人を養成すべき。

山上
優秀な建具職人を増やすにはどうすればよいのでしょうか?

小田原
デザインが優秀なら木を使った製品は売れます。製品が売れれば製作した職人の売上も伸びてWIN-WINの関係を構築できます。

そこで大事なのは職人の顔が見えること。デザイナーの顔ではなく、誰が作ったのかをインフォメーションすることが重要です。ですから「自分の名前のハンコを押した商品を世に出せ」と常々言っています。
優秀な職人を増やすには、各都道府県でマイスター制度を作るのも面白い取り組みだと思います。

山上
全国的なマイスター制度ですか。なんだかワクワクしますね。

小田原
大分県日田市にある木工所には定年になった建具製作の名人を送り込んでいますが、そこにドイツ人の若者が弟子入りを志願しに来たことがあります。
ドイツでは、親方が弟子の書類に「よくできるようになりました」とサインすると、ヨーロッパの2か国でマイスター試験を受けられます。

写真中央が家具デザイナーの小田原さん

山上
親方と弟子の仕組みを制度化しているわけですね。

小田原
そうです。こうした海外の制度を見習って、各都道府県に1人ずつ優秀な建具職人(マイスター)をおけば、そこですぐれた弟子を育てることができるでしょう。
このように、建築技術や木に関する知識を後世に伝えていく事業を興す必要があると実感しています。



第3回へ続く。

                                      文・横内信弘

第3回(最終回)を読む

この記事のライター

関連する投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。そんな小田原さんに古木や建築、家具製作の未来についてお話を伺う対談の第二弾(後編)。


【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

前回、3回にわたってお届けした家具デザイナー小田原 健さんのお話(「古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識」-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-)。 今回は、山翠舎東京支社に場を移し、日本建築の原点などについて、小田原さんにお話を伺いました。インタビュアーは山翠舎代表の山上浩明。小田原さんの木を思う心がギュッと詰まったお話になっています。まずは前編をどうぞ。


第3回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。 -木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

第3回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。 -木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

今回は国内外で活躍している、家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。木と職人をこよなく愛する小田原さんは、その現場で何を感じたのか。 3回目(最後)となる今回は、日本の現状と海外の例を取り上げながら、話がスタートした。


第1回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

第1回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

国内外で活躍している家具デザイナー 小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。木と職人をこよなく愛する小田原さんは、その現場で何を感じたのか。 自身の半生に加え、日本の職人やデザイナーの現状、さらに国産材活用の普及促進などについて、山翠舎会長の山上建夫が話をうかがった。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング