「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その2

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その2

古木をフックに利益をつくり、人の繋がりをつくり、さらには経済圏を生み、一つの世界観、価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビュー。第2回は、この挑戦を実現に向けていくための実際的な方法やビジョン、そして動機などのお話です。


< はじめから読む(山上さんのプロフィールはこちら)

古木の経済圏をつくりたい

岩田
そうやってここまで伸びてきたわけですけど、今はどこを目指されてるんですか?

山上
これ、言っちゃっていいのかな。

岩田
言うぶんにはいいんじゃないですか。

山上
古木の世界観ですべてが回る、そういう経済圏をつくりたいですね。
古木でつくったお店があって、そこにファン、つまりエンドユーザーがいて、そのお店に行ってお金を支払う。そこでお店の人に儲かってもらって、次のお店をつくる。で、また、ファンが増えていく。
要するに、古木に関係する人たちで成り立つ経済圏をつくっちゃう。

岩田
生活がまわるっていうことですね?

山上
そう。
もちろん全部依存しなくたっていいわけです。
古木でつくったNさんのお店が儲かっている。そこにくるそのお店のファン、古木でつくった空間のファンがいる。そのファンの方は別にほかのお店のファンでもある。
で、そうしたお店が儲かるノウハウを増やすために、koboku倶楽部*をつくったわけです。

*koboku倶楽部 … 山翠舎が主催する会員制の倶楽部。店舗オーナーをはじめ古木に関係する人たちを対象に、店舗経営のノウハウ蓄積や人の繋がりを生み出すことを目的に、セミナーや交流会などを開いている。( koboku倶楽部について、詳しくはこちら

山上
倶楽部で知恵を与え、パワーアップしていく。そして仲間もどんどん増えていくと。
そんな感じで考えてますよ。

山上
あと、古木のコーディネーター。
今、認定制度を作りたいんですよ。

岩田
古木のコーディネーター。それはなんですか?

山上
要するに、「古木が好きなんです」と。古木に詳しい人。
まずは社員が古木コーディネーターの資格をとる。1番、2番と認定番号があって、社員で20番ぐらいまでいく。関係者で100番。そこから1,000になり、1万になり、最終的には10万人ぐらいになるのかな。そこはわからないですけど。
例えば広葉樹があります、針葉樹があります、それぞれこういう特徴があります。「じゃあお客様は、これこれこういうご希望でしたら、ここは針葉樹にしましょう」。
そういうふうに古木について語れる人をたくさんつくっていって、古木のファンを増やしていく。
イメージとしてはアフィリエイトなんですけど。

岩田
なるほど。

山上
そうして古木が一本売れたらその人に5,000円がバックされる。
そうすると古木コーディネーターに対してもお金が落ちてくるようになる。
さらに古木をつかって施工する加盟店、古木の販売店と、プロの人たちを増やしていく。
そうやって古木の市場を広げていくことによって、山翠舎の仕入れ能力がさらに上がる。
今、古木が3,500本ありますと。山翠舎だけだったら月50本しか使えませんと。
でもたくさんのコーディネーターや加盟店や販売店を通して古木を使う人が増えていったら、月500本を使うようになるじゃないですか。

岩田
ええ。

山上
そうなるとうちも強気でどんどん古木を仕入れられるようになる。古民家も高く買っていきたいんです。
山翠舎が古木を買うことができるようになる、古民家を高く買えるようになるっていうのが重要なんです。
なぜかっていうと需要と供給の法則で、欲しい人が増える。1万円でも買いたいですっていう状況を作れれば、これまで自分たちが長年住んできて愛着のある古民家を取り壊すしかなかった、そういう持ち主の方が、嬉しくなるんです。
その中心に山翠舎がいて、この循環を回す。
そうすることによって、すべてにおいてお金が落ちていく。
そういうプラットフォームによって、いろんな人が生かされる。
儲かるという次元は置いておいて、まずはそこを目指す。

岩田
うん。

潰れにくい会社を作りたい

山上
私、人生がすべて繋がってきてるなあと思ってるんです。

岩田
というと?

山上
私、ソフトバンク出身なんですね。
ソフトバンクって、はじめ、ソフトの流通から始まった企業なんですよ。パソコンソフトの流通。
これが何をモデルにしてるかっていうと、本の流通から入ってるんですよ。凸版印刷とか。
出版社があって、そこに凸版印刷という流通会社があって、本屋さんがある。
この流通会社が、言ってみればスーパー銭湯なんです。

岩田
スーパー銭湯?

山上
要するに本の流通の中心にいるわけです。
オモチャだったらハピネットなんですよ。
そういう流通会社があって、世の中に流れていく。
で、ソフトバンクっていうのはソフトの流通をやっていた。この「流通を握る」っていうのが、ポイントなんです。

岩田
うん。

山上
あと私、学生時代、オペレーシングシステムっていうのが好きだったんです。
みなさん、たいていはマイクロソフトのWindowsじゃないですか。私はLinuxとかが好きだったんです。
OSってベースですよね。パソコンっていうアーキテクチャーがあるわけですけど、そのベースがOSで、そのOSの上にアプリケーションがのってくる。
OSが重要なんです。
「何がいちばんインテリジェントなOSなのか?」って、追求してたわけですよ。
その競争があって、マイクロソフトがOSの実権をとったわけじゃないですか。今はアップルに変わってきてますけど。
そういうプラットフォーム的な場所が大切かなっていうのをずっと思っていて。
OS、つまりある意味のインフラですよ。なくてはならない、根ざしているもの。
そこを握ることがなぜポイントになるかというと、そこを握れば潰れにくい会社になるだろうと考えているんです。

岩田
なんとなくわかります。

山翠舎が古木で内装を手がけた居酒屋「魚貝ののぶ」

山上
利益率はともかくとして、何より潰れにくい会社を私はつくりたいんですよ。
代理店があります。加盟店があります。古木のコーディネーターがいます。で、古木の世界観ができていったら、あとはもう勝手に、というと変ですけど、自然に仕事がくるじゃないですか。
そういう、小さくても潰れにくい会社をつくるっていうのが私の使命感としてあるんです。
なんでこれだけのハングリー精神が私にあるのか。その原動力は何かっていうと、結局、潰れにくい会社をつくるっていうことなんです。
社員が20名だとします。山翠舎中心の業者を集めれば50人ほどの組織になります。50名に対して家庭が3名か4名いる、それでいうと170名ぐらいいます。
私が会長から叩き込まれた1つのスピリットとしては、社員とその家族だけじゃないんです。山翠舎と関係する業者の方も、ぜんぶ一緒に考える。
それには今日よりも明日、今月よりも来月、今年よりも来年、仕事を増やしていきたい。
それが、みんなにとって嬉しいことだと、私は思ってるわけです。
逆に、それが嬉しくない人は離れていくわけです。
「夜中にまた変な問い合わせが来たよ」って思う人は、離れていっちゃう。
私の周りには仕事が増える。私個人の人生ミッションとしてはそういうのがあるんですよ。

岩田
ええ。

山上
実は今、採用の問い合わせがすごく多いんですよ。
能力のある人をたくさん採用しよう、と。
ということは、それだけ売り上げを増やさないといけないわけですよ。
自分で自分の首を絞めてる、みたいな(笑)

岩田
(笑)

> 次(最終回)へ

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連する投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの思い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの思い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。そんな小田原さんに古木や建築、家具製作の未来についてお話を伺う対談の第二弾(後編)。


【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

前回、3回にわたってお届けした家具デザイナー小田原 健さんのお話(「古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識」-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-)。 今回は、山翠舎東京支社に場を移し、日本建築の原点などについて、小田原さんにお話を伺いました。インタビュアーは山翠舎代表の山上浩明。小田原さんの木を思う心がギュッと詰まったお話になっています。まずは前編をどうぞ。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの思い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの思い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング