「純黒糖に惹かれて」黒糖茶房 大森健司さんに聞く その3

「純黒糖に惹かれて」黒糖茶房 大森健司さんに聞く その3

沖縄離島の純黒糖に魅了され、日本ただ一つといわれる黒糖専門店「黒糖茶房」を立ち上げた大森健司さん。そんな大森さんのユニークな遍歴を辿りながらのインタビューです。最終回となる第3回は、お店づくりの裏話や、黒糖を通してのこれから、などのお話です。


Profile

大森 健司(おおもり けんじ)
黒糖茶房オーナー。
1968年、東京都杉並区生まれ。学生時代よりスキーに親しみ、卒業後はスキー用品やスキーイベントの営業企画、民宿でのアルバイトなど仕事を転々とする。スキー仕事の閑期である夏、沖縄へ旅行したことをきっかけに黒糖に開眼。2012年4月、黒糖専門のカフェ「黒糖茶房」を神奈川県茅ヶ崎市にオープン。夫婦二人三脚で黒糖の魅力を発信している。

なぜ不安でもブレなかったのか?

岩田 和憲(以下、岩田)
スタートアップのころって不安じゃないですか?

大森 健司(以下、大森)
はい。

岩田
たとえ間違ったやりかたをしてないとしても、軌道に乗るまでにはある程度時間がかかりますし、

大森
そうですね。

岩田
そうなるとさらに不安になるから、余程じゃないとブレるかなと思うんですけど。
そこだけはブレなかったんですね。

大森
そうですね。
ただ、明けて2年目ってすごいツラかったんですよ。売上的にも自分たち的にも。夜は店を閉めて働きに行こうと思ってたので。
「そのかわりお店はブレさせずにやろう」っていうのは2人で話してたんです。
今でもそれはありますね。
黒糖からブレちゃいけない。ブレたら淘汰されちゃうし、勝てないから。
…まあ、勝つ負けるじゃないですけど、他のお店はそういう世界で修行されてた人がやってるお店だから、そこを補うにはブレさせたらいけない。
…ただ、僕はブレブレでしたけどね(笑)

岩田
えっ、そうなんですか?

大森
(笑)

岩田
つまり、奥さんが?

大森
奥さんが「絶対ブレたらダメ」って言い続けたんで。

岩田
それは素晴らしいですね。

大森
「これ、どうかな?」「あれ、どうかな?」って僕は言うんだけど、「そうじゃないでしょ」って怒られつつ。
いつも修正してくれるのは奥さんで。
まあね、素晴らしく助かりましたね。
自分一人だったら失敗してました。

黒糖はいろいろ組み合わせられる

岩田
黒糖コーラっていうのがあるんですね。

大森
そうなんですよ。沖縄で作ってるコーラなんですけど。

岩田
ああ、シフォンケーキとかね。

大森
あとはランチですね。ランチだとこういうものがあるんですけど。

岩田
食事も出してるんですね。
煮物とかに黒糖を入れるんですか?

大森
そうですね。
あと小鉢とか、お椀に黒糖を使うので。

岩田
基本的にあらゆる料理やスイーツを作るときに、砂糖ではなく黒糖を使うんですか?

大森
そうです。
砂糖、みりん、その代わりになるんですね。

岩田
ふんふん。なるほど。
黒糖ドライキーマカレー、親子丼とか。
コクが違いますか?

大森
コクが違ってきますね。
カレーなんかにしても、最初に甘さがきて、あとから辛さがくるっていう。

岩田
例えば沖縄の普通の食堂って黒糖を調味料で入れたりしないんですか?

大森
ラフテーとかは黒糖で煮るので、煮物とかには入ってますけど。
こういうカレーとか沖縄料理じゃないものには、あえて入れられてるところもあると思うんですけど、あんまり入れてるっていう話は聞かないですね。
沖縄にも黒糖専門のお店がないものですから。
基本的にはどこにでもある料理とかデザートなんですけど、これだけ黒糖って組み合わせられるんだよっていうのを、自分たちは言いたいんですね。

岩田
普遍的な食材ですね。

大森
そうですね。
昔からそんなに大きくは変わらない。でも食材としては和菓子屋さんでも洋菓子屋さんでもコーヒー屋さんでも、いろんなお店でひとつはメニューにのっかる食材なので、「これはまとめられるでしょう」って思って。
それで、ある程度話の雰囲気の中でお客さんにあんまり抵抗感なくスッと提案できるようなものができれば、普段使いのなかに入り込めるのかなと。

黒糖をもっと広めたい

岩田
この先で考えてること、何かあります?

大森
人とお金の問題があるのであくまで考えでしかないんですけど、可能であれば、沖縄でやってみたいっていうのはもちろんあるんです。

岩田
はい。

大森
現地で黒糖のお店っていうのが、うちのスタイルでどれだけのできるものなのか。
もう一つの部分でいえば、黒糖をもっといろんな人、飲食店の人に知ってもらいたくて。
一般の人に紹介するのではうちだけでは限度がある。
であれば、黒糖は素材なので、それこそイタリアンだろうがなんだろうが合わせようと思えば合ってくるはずで、僕より経験豊かな人にそれぞれのお店でうまく使ってもらえるようなことができればいいなあ、と思いますけどね。

岩田
うん。

大森
もっと多くの人が黒蜜や黒糖に興味を持って欲しいし、それで黒糖が好きになってくれればいいなあと。
大手さんがどんどんやってくれるぶんにもいいし、他のジャンルの方がどんどん使ってもらえると嬉しいな、っていうのはありますね。
黒糖を使った飲食店がもっと出てきてくれたら自分の刺激にもなりますし。

岩田
うん。
今日はありがとうございました。

黒糖茶房鍋ぱふぇ

最後に、僕が黒糖茶房で食べたメニューがこちらです。

タジン鍋のような土鍋で出てくる、こちら。
黒蜜を添えて。木板のプレートには黒糖茶房の焼印がしてあります。

蓋を開くと、

こんな華やかな景色。
看板メニューの「黒糖茶房鍋ぱふぇ」です。

黒糖のゼリー、そして南国のマンゴーが入ってます。
黒糖と水だけで作った黒蜜をかけて。
ちなみに黒糖だけでなく、アイスや白玉、そのほかの具も丁寧に仕込まれていて、これがまた美味しいです。

茅ヶ崎に行ったら、ぜひみなさんもお試しください。


取材・構成・写真:岩田 和憲

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連する投稿


「純黒糖に惹かれて」黒糖茶房 大森健司さんに聞く その2

「純黒糖に惹かれて」黒糖茶房 大森健司さんに聞く その2

沖縄離島の純黒糖に魅了され、日本ただ一つといわれる黒糖専門店「黒糖茶房」を立ち上げた大森健司さん。そんな大森さんのユニークな遍歴を辿りながらのインタビューです。第2回は、黒糖専門店を立ち上げようとする大森さんに、沖縄の人、本州の人が示した反応のお話、など。


「純黒糖に惹かれて」黒糖茶房 大森健司さんに聞く その1

「純黒糖に惹かれて」黒糖茶房 大森健司さんに聞く その1

30代までは北国のスキーに明け暮れ、その後、南国沖縄の純黒糖に魅了され、日本ただ一つといわれる黒糖専門店「黒糖茶房」を立ち上げた大森健司さん。そんな大森さんのユニークな遍歴を辿りながらのインタビューです。第1回は、黒糖開眼までの遍歴、そして純黒糖と加工黒糖の違いについてなどのお話です。


スターバックスが取り組むローカルレレバントの今 後編「続けるということ」

スターバックスが取り組むローカルレレバントの今 後編「続けるということ」

スターバックスが考える、グローバルとローカル。両視点はどうリンクし、今後どこへ向かうのか。後編は、サードプレイスという概念について、そして今後どこへ向かうのか、などのお話です。


スターバックスが取り組むローカルレレバントの今 前編「店舗づくりの理念」

スターバックスが取り組むローカルレレバントの今 前編「店舗づくりの理念」

グローバル企業として存在しながら、土地の記憶や産業を導入したお店づくり(ローカルレレバント)によって躍進を続けるスターバックス。グローバルとローカル、両視点はどうリンクし、今後どこへ向かうのか。東京ミッドタウン店を訪ね、同社店舗設計部リージョンデザイングループマネージャーの山内さんにお話を伺ってきました。


Osteria le Terre 大野裕介さんと話す「脱人間中心の食文化」その3

Osteria le Terre 大野裕介さんと話す「脱人間中心の食文化」その3

食材の背後にある人や自然の営みを、料理でどう繋いでいくことができるだろうか? イタリア料理店「Osteria le Terre」の大野裕介さんと交わす、食のいちばん根っこのお話。最終回となる第3回は、千葉県柏市という郊外タウンで店を開いた理由、そして、貧しい生活から生まれる食の知恵と深さについてのお話です。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング