今日の古木 #16「THE・日本建築 床の間に隠された秘密」

今日の古木 #16「THE・日本建築 床の間に隠された秘密」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第16回は、日本建築そのものをあらわしていると言っても過言ではない和室の床の間。そこに隠された秘密とは一体何なのか?探っていきます。


こんにちは。こんばんは。
今日の古木です。

今回は少しだけ番外編。

いつもは「古木」という1本の木でしたが、今回は「古木板」と称し
1枚の「床板」をピックアップ!

そこから派生する「床の間」のちょっとしたお話まで、
少しばかりお付き合いを!笑

(「床の間」関連の記事2連続ですね。。。←正直ネタが追いつかないんです、、許してください。笑)

今日の古木板情報

寸法:24×575×1780

材はと言いますと、、、

第16回にもなってくると、樹種のレパートリーもだんだんなくなってきてます。笑

そうです。すでに過去の記事で何度か出てきています。

みなさんもそろそろ、木目を見ただけである程度は見分けがつくようになっているのではないでしょうか?笑


そこでヒント①

まるで地図の等高線やないかいっ!とツッコミたくなる木目の綺麗さ。

イメージ:地図の等高線

続けてヒント②

まるで天気図の等圧線やないかいっ!とツッコミたくなる木目のくっきりさ。

イメージ:天気図の等圧線←これは若干違うな。

そうです、答えはズバリ「ケヤキ」です。

特徴などは、以前のケヤキの記事を見ていただければわかるので、下のボタンをクリック!

そんなこと言われなくてもわかってる。いいから先進まんかいっ!という方は、お先へお進みください。笑

< ケヤキの記事はこちら

床の間とは?

今回のケヤキの古木板。

古民家のどこに使われていたかというと、前回の記事でも少し触れましたが、
床の間の床、「床板(とこいた)」にあたる材です。

この部分です。

床の間、床の間と言っていますが、正しくは「床(とこ)」で「床の間」は俗称とされています。

床とは座する場所、寝る場所という意味があり、奈良時代には身分の高い貴族が座る場所を一段高くしていたことが始まりと言われています。

また、「とこしえ(永久)」という意味もあり、その家の繁栄を象徴するものでもあり、和室の1番良い場所に位置しています。

安土桃山時代に書院造りの住宅様式に床の間が取り入れられ、武家の間で広まっていくうちに、床の間はだんだんと豪華になり、その家の力を示す役割を担うようになりました。

武家の床の間。


そもそも床の間が何のためにあるのかというと、日本の「おもてなし」の心が関係してきます。

床の間がお客様をもてなす最上の部屋であり、床を背にするのはもっとも身分が高い人ということで、床の間が上座となります。

江戸〜明治時代には、領主や代官など、自分よりも身分の高いお客様を迎えるために、庶民の家にも床の間が作られるのが一般的となっていきました。

現代の床の間。

時の流れと共にその目的が変わっていき、掛け軸や生花、美術品などを飾る場所となり、近年では、掛け軸をかける習慣が衰え、和室はあっても、床の間そのものが省略されることが多くなりました。

旅先の和室のある旅館などでは、まだ見かけられるのことの方が多いのではないでしょうか?!

床の間の禁忌。タブー

和室に代表される日本建築にはたくさんの禁忌(タブー)があります。

ご存知でしょうか?

例えば柱などは、本来、木が自然の中で育っていた方向に使わなければならないとか。

自然に木が生えている時とは上下逆の方向に、柱を建てて(逆柱)家を造ると
その家は「夜になると家鳴(やなり)」がするとともに
火災や災いなど不吉なことが起こるという言い伝えがあります。

このように。

信じるか信じないかはあなた次第、、、なのですが。笑

そこで、そんな中でも床の間に関する有名な禁忌(タブー)を紹介します。



「床さし(トコサシ)」

漢字では「床差し」「床刺し」「床挿し」などとも記載されます。

主に和室の天井が「竿縁天井」の際に、竿縁が床の間と直角に取り付けられた天井を「床差し天井」と言い、古来から”不吉”として施工を避けられてきました。

和室の天井の板が落下しない様に支えるための部材を「竿縁(さおぶち)」
と言うのですが、その竿縁が床の間と並行になるように天井板の貼る方向を決めます。

逆に、この竿縁が和室で最も上位(上座)とされる床の間に、突き刺す方向で設置された天井を「床差し(刺し)」と呼んで忌み嫌っていたそうです。

これは床の間の畳にも同じようなことが言われ、床の間と接する畳が互いが直角に交わらないようにされてきました。

日本建築は奥が深い

冒頭にあった古木板、ケヤキの床板から床の間までだいぶ話はそれましたが、
今回この記事を書いていく中で、改めて日本の古民家、和室といった日本建築の奥深さをを実感しました。

まだまだ掘り下げて行きたい内容もたくさんありますので、今日のところはこの辺で!(ネタ温存)

また次回をお楽しみに!!!

< 前回はこちら
> 次回はこちら
「今日の古木」連載一覧はこちら

この記事のライター

大町にて絶賛古木修行中!

関連する投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。そんな小田原さんに古木や建築、家具製作の未来についてお話を伺う対談の第二弾(後編)。


【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

前回、3回にわたってお届けした家具デザイナー小田原 健さんのお話(「古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識」-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-)。 今回は、山翠舎東京支社に場を移し、日本建築の原点などについて、小田原さんにお話を伺いました。インタビュアーは山翠舎代表の山上浩明。小田原さんの木を思う心がギュッと詰まったお話になっています。まずは前編をどうぞ。


今日の古木 #19「大町最大級!? 極太ケヤキの大黒柱」

今日の古木 #19「大町最大級!? 極太ケヤキの大黒柱」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第19回は、泣く子も黙る!大町最大級!? 極太ケヤキの大黒柱を紹介します。


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その3

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その3

古木をフックに利益をつくり、人の繋がりをつくり、経済圏を生み、一つの世界観、価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビュー。最終回となる第3回は、古材ではなく「古木」と定義した理由とその戦略、そのビジョンなどのお話です。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング