今日の古木#9「屋根の造りが分かる? 寄棟造りの梁」

今日の古木#9「屋根の造りが分かる? 寄棟造りの梁」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第9回は、見ただけで当時の屋根の形が分かる、寄棟造りの梁のポイントに着目!


樹種

今日の古木の樹種は「ナラ」です。

表面がだいぶススやホコリまみれで分かりにくいかとは思いますが、ナラです。笑

ナラの特徴などについては以前の記事「今日の古木#5」にて紹介しておりますので、
まだ読んでないよ!!!!!という方は、そちらをご覧ください!

今日の古木 #5 ミズナラ(ジャパニーズオーク)について

http://koboku.org/articles/144

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第5回は、ミズナラ(ジャパニーズオーク)について。

寸法

太さ 210Φ
長さ 5100

原産地

原産地は、長野県飯山市にある富倉という地域です。

この「富倉」という地名、グルメな方でしたら、ひょっとすると知っている方もおるのでは?

飯山市の山奥にある、小さな里・集落でして、「幻のそば」とも呼ばれる「富倉そば」が有名です。

この地域には何軒か幻のそば屋さんがあるみたいなのですが、近年は後継者不足などから、県外不出の状態が続いており、現地でしか食べることができないそうです。

そば好きの方、ぜひ一度訪てみてはいかがでしょうか?

まぼろしのそば処 富倉そば 公式ページ/県民SHOW出演店

https://www.tomikurasoba.com/

秘密のケンミンSHOW出演店「まぼろしのそば処 富倉そば」です!手打ち富倉そばの通販が2~8人前各種つゆ付き!年越しそば予約承り中!

部位

これは、梁です。

よく見てみると、上辺に斜めに穴が彫ってあります。

この穴こそ、これまた以前の「今日の古木#6」で紹介した、「叉首」の尖っている部分が収まってくる穴です。

詳しくは、そちらをご覧ください!

今日の古木 #6 「古民家の免震技術、叉首(さす)とは?」

http://koboku.org/articles/145

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第6回は、世界的にも地震大国とされる日本。そんな中でも崩れることのない古民家を支え続けている叉首について。

どこを見れば当時の屋根の造りがわかる?

それはズバリ、この部分です!

梁のこのカキコミには軒桁が収まってくるのですが、そのカキコミの形が妙です。。

軒桁(のきげた)とは
外周軸組で、棟木や母屋と平行に方向にあって、
小屋梁、垂木を受けて、
屋根荷重を柱に伝える横架材のことをいう。

これを見るからに、この梁は、軒桁と垂直方向には交わっておらず、左右各々45°の角度で交わっています。

ということはこの部分は、建物を上から四角形として見たとき、四隅にくる部分です。

丸で囲んである部分です。

この骨組みの様子から、今回の梁が組まれていた建物の屋根は寄棟造りだったということがわかってくるのです!

寄棟造(よせむねづくり)は、建築物の屋根形式のひとつで、4方向に傾斜する屋根面をもつものをいう。広義では同様の屋根をもつ建物のことを指す。屋根の形式を指す場合には、単に寄棟ということも多い。四注(しちゅう)ともいう。日本では、切妻造に次いで多く用いられている形式である。

こうやって、部材のカキコミなどを見て、どこに使われていてものか、ということだけでなく、間接的に屋根の形までわかってしまうのです。

一般の方にとって、これが役に立つとか立たないとかは置いておいて、
「へえ〜、そうなんだ〜」くらいの気持ちで見て頂けたら、いいかなと。笑

それでは、また次回の古木で!!!

< 前回はこちら
> 次回はこちら
「今日の古木」連載一覧はこちら

この記事のライター

大町にて絶賛古木修行中!

関連する投稿


今日の古木 #19「大町最大級!? 極太ケヤキの大黒柱」

今日の古木 #19「大町最大級!? 極太ケヤキの大黒柱」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第19回は、泣く子も黙る!大町最大級!? 極太ケヤキの大黒柱を紹介します。


今日の古木 #18「極厚&貴重!!松の古木板」

今日の古木 #18「極厚&貴重!!松の古木板」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第18回は、何度目かの「木」ではなく「板」編です。先週、大町倉庫の仲間に新たに加わった、新入り優等生の松を紹介していきます!


今日の古木 #17「土蔵の棟木」

今日の古木 #17「土蔵の棟木」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第17回は、土蔵の棟木について。そもそも土蔵とは? 棟木とは? さらにそこに墨で書かれた文字が意味するものとは一体何なのか?


今日の古木 #16「THE・日本建築 床の間に隠された秘密」

今日の古木 #16「THE・日本建築 床の間に隠された秘密」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第16回は、日本建築そのものをあらわしていると言っても過言ではない和室の床の間。そこに隠された秘密とは一体何なのか?探っていきます。


今日の古木 #15 「鉄刀木の床柱」

今日の古木 #15 「鉄刀木の床柱」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木を『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第15回は、「鉄刀木」でなんと読む? 珍しい木を使った古民家の床柱を紹介していきます!


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング