今日の古木#8「古民家解体現場から引き取られた古木たち」

今日の古木#8「古民家解体現場から引き取られた古木たち」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、紹介していきます。第8回は、実際の古民家解体現場の様子と、そこから引き取って来た古木たちをピックアップ!


今回は、いつも紹介している古木がどのような経緯を経て、大町倉庫まで運ばれてくるのか、
実際の古民家解体現場から、その様子を少しばかり紹介していきます。

先日、とある会社様から、古民家の古木買取の依頼(合わせて解体工事も)を受けまして、
弊社スタッフ4名で現場に行ってきました。



いざ、辰野町へ!

今回の現場となる古民家がある場所は、長野県上伊那郡にある辰野町という地域です。

観光名所としては、東日本随一といわれるホタルの名所「松尾峡」があります!

いいですねー!!
私、生まれてこのかたホタルを生で一度も見たことがありません。
またいつか、仕事が休みの日にでも行ってこようかな‥笑

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、ホタルの光の軌跡!?

現場到着、そして解体開始!

今回の件を依頼して頂いた会社様の方で屋根の骨組みまで解体を行っており、私たちが現場に到着した時には建物の骨組みを残すのみの状態でした。

通常の解体であれば、どんどん壊していって時間もそれほどかからずに解体し終わるのですが、
今回の私たちの仕事は、ここから必要な古木を選定しつつ、その古木が傷ついたり、折れたりしないように解体していかなければならないので、非常に神経を使いますし、その分時間もやはりかかってしまいます。

とは言いつつ、いつも倉庫で見ている古木が実際に、どんな組まれ方をしているのか?どういうところに使われているのか?などといった部分が見れるので、とても楽しいものです!

今までにいくつもの古民家解体現場を見てきた、現場責任者でもある田村を筆頭に
いざ、解体を進めていきます。

必要のない部分は、チェーンソーで切っていき、必要な部分は丁寧に外していきます。

梁などは、ユニック(クレーン車)を使って上から吊るし上げていきます。

選ばれし古木たち。笑

向かって左側の方からロープや帯で引っ張っています。なかなか倒れてくれませんでした。ちなみに人力です。笑

解体もいよいよ終盤。この時には体のいたるところで筋肉が悲鳴を上げてました。笑

なんかもの寂しい気もしますが、ひとまずは解体終了!

選ばれし古木たちを積んで、大町へ

選ばれし古木たちをトラックの荷台に積み終わる頃には、辺りは真っ暗でしたね。

今回この古民家から引き取った古木は、柱、梁、胴差しなど、全部でなんと約50本ほどありました!

2台のトラックも山積みです!笑


ここからいざ大町へ。

荷台から全て降ろし、翌日、部材ごとにまとめました。

胴差し、差鴨居など。

大黒柱1本、その他柱もろもろ。

梁。5〜6メートルもの。15本ほど。

今回の1番の大物。9メートル近くある大梁。

いかがだったでしょうか?

普段、生活をしている分にはなかなか見ることのできない部分だったと思います。

依頼をしてくださった会社様には、古民家の解体を通して大変貴重な経験をさせていただきました。
ありがとうございます。

最後に!
解体、選定、積み込みを終え、達成感に充ち溢れるスタッフたちの記念写真!笑

照明係:車のハイビーム  カメラマン:iPhone(セルフタイマー10秒)

ではでは、また次回の古木で!

< 前回はこちら
> 次回はこちら
「今日の古木」連載一覧はこちら

この記事のライター

大町にて絶賛古木修行中!

関連する投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。そんな小田原さんに古木や建築、家具製作の未来についてお話を伺う対談の第二弾(後編)。


【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

前回、3回にわたってお届けした家具デザイナー小田原 健さんのお話(「古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識」-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-)。 今回は、山翠舎東京支社に場を移し、日本建築の原点などについて、小田原さんにお話を伺いました。インタビュアーは山翠舎代表の山上浩明。小田原さんの木を思う心がギュッと詰まったお話になっています。まずは前編をどうぞ。


今日の古木 #19「大町最大級!? 極太ケヤキの大黒柱」

今日の古木 #19「大町最大級!? 極太ケヤキの大黒柱」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第19回は、泣く子も黙る!大町最大級!? 極太ケヤキの大黒柱を紹介します。


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その3

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その3

古木をフックに利益をつくり、人の繋がりをつくり、経済圏を生み、一つの世界観、価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビュー。最終回となる第3回は、古材ではなく「古木」と定義した理由とその戦略、そのビジョンなどのお話です。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング