「柿しぶってすごい」冨山敬代さんインタビュー後編

「柿しぶってすごい」冨山敬代さんインタビュー後編

古くから日本人の生活を支えてきた柿しぶ。化学の進歩とともに衰退していく一方で、その重要性が注目されてきてもいます。インタビュー後編は、なくなっていく天王柿再生のプロジェクト、そしてものづくりと発酵のお話です。


< はじめから読む

「柿しぶってすごい」後編

冨山 敬代(とみやま ひろよ)
明治期より続く老舗の柿渋製造販売会社「トミヤマ」代表取締役。
京都府加茂町(現・木津川市)生まれ。
大学卒業後OLを経験したのち、2011年、5代目社長として家業の柿しぶ屋を引き継ぐ。化学製品が氾濫する現代に、天然素材柿しぶの継承と発展に力を注いでいる。

科学の知識と昔の知恵


岩田 和憲(以下、岩田)
冨山さんって5代目ですよね。

冨山 敬代(以下、冨山)
そうです。

岩田
何年前に社長に就任されたんですか。

冨山
7年前です。

岩田
7年やってきて、今はどんな状況なんですか?

冨山
たくさんの方々に柿渋と柿タンニンの素晴らしさを広めたいと思ってます。
今は研究開発もようやく落ち着いて、柿タンニンの構造式がわかったので、いろんなところに柿タンニンを使っていただけるようにがんばってます。

岩田
こういう構造式なのでこういう用途にも使えるっていうことが、

冨山
そう。わかってきたの。

例えば、柿しぶで染めた綿の「カキモコ」。消臭効果に加え、シックハウスなどの原因、ホルムアルデヒドなど有害物質を分解し無害化する、そんな柿しぶの特性を活かした製品や、

高純度の柿エキスを使った「柿渋石鹸」も。加齢臭・敏感肌・アトピー対策になるほか、肘やカカトなど乾燥しがちな皮膚にはしっとり感も出るという。

冨山
でも、昔の人はそういう構造式とかがわからなくても「柿しぶって、こういうものだ」ってわかりながら利用してきたわけだから、すごいなあって思うんですよ。

岩田
ですね。

冨山
構造式がわかってない昔の時代から、補強剤とか防腐剤とか、柿しぶのいろんな作用が知られていて、そうやって柿しぶが使われてきて、しかもそういう単純な使われた方っていうのは今もずっと続いているじゃないですか。
それ、わたし、すごいと思うんですよ。

岩田
ええ。

天王柿を残そう


冨山
柿しぶって、昔は生活の糧になってて必要不可欠なものだったけど、今はもうなくても困らない。でもいろんな変遷がありながら、完全に淘汰されずに、次から次へと用途が生まれてきたわけじゃないですか。
淘汰されそうになっても淘汰されず、今日まで生き延びてきていることはほんとにすごいことだなと思うし。だから常にチャレンジ精神でやっていかないと、それこそ本当に淘汰されてしまうし、原料もなくなってしまうし。

岩田
だから天王柿*を残さなきゃいけないということで、植える活動もされてるんですよね?

*天王柿 … 渋柿の中でも最もタンニンが強い品種の一つ。柿渋の原料として古くから用いられてきた品種で、京都山城は主産地。

冨山
天王柿がないので、村の農業委員会にお願いして、柿しぶプロジェクトを発足させました。
村の役場で農業委員会の役員の方に集まってもらって、渋柿がない現状についてプレゼンしたんですよ。
「休耕田とか荒廃した茶畑に渋柿の苗木をわたしたちが提供しますので植えてください」って。
そしたら皆さん賛同してくださって。で、植えてもらったんですよ。
でも、獣害被害で半分以上やられましたね。
獣害被害は想定内でしたが、今更ながら、管理できないからやめるって方もいらして。
ほかにも近畿圏内に柿渋プロジェクトを作ってますよ。その地域は、昔の柿渋の小さな生産地で、獣害被害がないところなんです。今、500本くらい植えてます。3年後に収穫できるかもしれません。

ものづくりの魂


岩田
冨山さんって、ものづくりしてる人と、

冨山
多いですよ、お友だち。

岩田
多いですよね。

冨山
まずお客さんにものづくりしてる人が多いですから。
このあいだも四国から扇子屋さん来はりましたしね。

岩田
そういうものづくりをする方たちと同じ気持ちを共有されているところ、ありますよね?

冨山
あります、あります。
やっぱりともにものをつくってるからじゃないですか。
わたしも自分の柿しぶに魂を込めるように作ってるんですよ。
だから毎年、製造のときになると心を穏やかにする努力をしなきゃ。発酵に影響するんですよ。
これは酒屋さんもそうだと思うんですけど、自分の気持ちがすべて柿しぶに入るだろうなって思うんですよ。
だからね、ほんとに荒ぶったらタンクから泡が吹くんですよ。

「気温も安定してるし、ちゃんと雨も降ったし、涼しくなったし」って思っても、いらいらしてるんですよ、気づかぬうちに。
そのいらいらが微生物に反応するんですよ。
「ああ、もうこれだろうな」っていつも思うんですよ。

岩田
どうなっちゃうんですか?

冨山
ばぁっ、て泡の吹き出しが止められないくらいに吹き出すんですよ。
大失敗。

岩田
発酵が過剰になるってことですか?

冨山
ゆっくり穏やかに発酵してくれると嬉しいんですが、急激な発酵になるんです。
柿しぶって、ゆっくりゆっくり発酵さすことによって澱が落ちるんですよ。ただ発酵方法と酵母が違うだけでワインと同じ作り方なんですよ。ワインがゆっくりゆっくり安定させてつくることによって澱もさがって透き通ったものができるのと同じなんですよ。

岩田
失敗しても捨てない、無駄にしないんですね。

冨山
捨てないですよ。
でも、一度吹かしてしまうと火入れとかが大変になるのでお金がかかるんですよ。
だからなるべくなら吹かないように確実に商品化していかないといけないんですけどね。
そこで吹いてしまったら、「やっぱり気温が高かったから」とか、ほかの責任にしてしまう自分が時々あるんですよ。
でもそれではいけないと思って柿しぶづくりをしてるんですけどね。
たぶん器つくるのだって紙漉きするのだって、ものづくりする人はこういうことは一緒だと思うんですよ。

岩田
さきほど「柿しぶは生活の必要品ではなくなった」というお話がありましたけど、それはいろいろ便利なものが出てきて、そうしたものに変わっていったということだと思うんですけど、むしろ今、そうした便利なものよりずっと理にかなった、いろいろな意味で優れたものだということが浮き彫りになってきてますよね。
むしろ今だからこそ柿しぶってすごい可能性があると思うんですけど。

冨山
だからわたし、そういう言葉に励まされて今頑張ってるんですよ。
柿しぶを必要不可欠なものにしていくのが、今生き残ってる柿しぶ業者の役目なのかなって思ってますから。

岩田
今日はありがとうございました。



これで冨山さんとのお話はお終いです。
お読みいただきありがとうございました。

取材・構成・写真:岩田 和憲

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連する投稿


創る和紙職人、ハタノワタルさんを訪ねて。その3

創る和紙職人、ハタノワタルさんを訪ねて。その3

京都、800年の歴史を持つ黒谷和紙。苦境にある伝統工芸の世界で、忘れられた手漉き和紙のポテンシャルをハタノさんは空間づくりへと拡げています。最終回となる今回は、売れ始めるようになるまでの苦労と、空間づくりへと展開していく今の仕事のお話です。


創る和紙職人、ハタノワタルさんを訪ねて。その2

創る和紙職人、ハタノワタルさんを訪ねて。その2

京都、800年の歴史を持つ黒谷和紙。苦境にある伝統工芸の世界で、忘れられた手漉き和紙のポテンシャルをハタノさんは空間づくりへと拡げています。第2回は、脇役に徹する和紙の魅力、職人の現実などのお話です。


創る和紙職人、ハタノワタルさんを訪ねて。その1

創る和紙職人、ハタノワタルさんを訪ねて。その1

京都、800年の歴史を持つ黒谷和紙。苦境にある伝統工芸の世界で、忘れられた手漉き和紙のポテンシャルをハタノさんは空間づくりへと拡げています。そこには「和紙とは何か?」「伝統工芸はなぜ生きるのに厳しい世界になっているのか?」こうした問いへの灯りが見えてきます。過去を掘り起こし未来へと向かう、その軌跡を追ってみました。


「柿しぶってすごい」冨山敬代さんインタビュー前編

「柿しぶってすごい」冨山敬代さんインタビュー前編

古くから日本人の生活を支えてきた柿しぶ。化学の進歩とともに衰退していく一方で、その重要性が注目されてきてもいます。そもそも柿しぶって何? 柿しぶの世界は生き残れるの? そんな「柿しぶの今」にクローズアップしました。


陶芸家清水善行さんに聞く「焼き物とお茶の話」その3

陶芸家清水善行さんに聞く「焼き物とお茶の話」その3

土地の土でつくる。穴窯でつくる。あえて困難の多い昔ながらの作陶を今も続ける清水さん。最終回となる第3回は、独立から失敗を繰り返しながら、展示会で徐々に認められていくまでのお話です。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの思い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの思い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング