良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その3

良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その3

千葉県の棚田保全「鴨川里山トラスト」など、地域創生の“役に立つ活動”を展開する良品計画。地域創生事業に企業は何を見るのか? 同社ソーシャルグッド事業部の高橋さんにお話を伺いました。第3回は地域を動かしていくための具体的な方法、理念の大切さなどについてのお話です。


< はじめから読む

地域創生プロジェクトの意味。その3

高橋 哲(たかはし てつ)
株式会社良品計画ソーシャルグッド事業部課長代行。
1973年生まれ、埼玉県川越市で育つ。大学卒業後の96年、株式会社良品計画に入社。店舗社員に始まり、店長、家具商品開発、ファニチャーのカテゴリーマネージャーなどを経験。2018年現在、千葉県鴨川市において棚田保全活動や直売所の再生プロジェクトなどを担当し、地域創生のサポートをしている。

生活の技術をもった限界集落の人たち


岩田 和憲(以下、岩田)
高橋さん、生まれはどこなんですか?

高橋 哲(以下、高橋)
僕は埼玉です。ただ親の実家がけっこう田舎の方で。文化的にはあんまりここと変わらないので、僕的にはそんなに違和感があるわけでもなく、すぐここの生活に馴染んでしまったんですけど。
でもここから30分くらい車で走るとほんとに山奥で、限界集落とかがあるんですね。
そういうところへ行くと興味深いのは、その昔、橋が壊れました、水道管が破裂しましたってなると、地域で直していたらしいんです。
近くにお店はないし、役所に頼んでる間はないと。
だからみなさんそういう能力や意識を持たれていて、今でも自分たちで何とかするといった考えが残っている。
その集落で古民家リノベーションがあって、「じゃあどんな内装にしましょうか、どういうふうに変えましょうか」と。リノベーションの案だとか、そういったところのお手伝いをさせてもらったんです。
そのときに「あんまり費用がないのでどうしましょう」と。
「いや、実は俺たちそこそこできるんだ」って言うんです。
じゃあってことで、設計だけ知り合いの設計士さんに描いてもらって、一緒にやったんですね。
そしたら4ヶ月ぐらいでできちゃった。

岩田
へえ。

山上 浩明(以下、山上)
どこまでやられたんですか?

高橋
基本的には内装までなんですけど、中に人が集まれるようになったんですね。土間を残しながら。
そういう感じで地域の人が集まる場所みたいなのも作ったり。
けっこう田舎暮らしはこういうことがあるから面白いなあと思ったり。都会とは違うコミュニティですよね。

多様な人を巻き込み変えていく


山上
千葉の大多喜で、知り合いの方が古民家を改装したんですけど、けっこう地元に受け入れるまでにいろいろあったみたいです。 やっぱり「誰この人? 」ってなるんでしょうね。
良品計画さんは有名な法人なので、もしかしたらやりやすさでは違うのかもしれないですね。

高橋
いやあ、ここでは無印良品の店もないですから、誰もうちのこと知らないですよ(笑)。若い人は知ってるかもしれないですけど、おじいさん、おばあさんはまず知らないですよ。
そこはやっぱり一緒に農作業やるとか、そういうのがないとなかなか難しい思うんですよね。
そこのスタンスはいろいろあると思うんですけど、僕らは、もちろん住民の方ともお話するんですけど、同時に役所の人たちも巻き込んで一緒に話すようにしてるんです。
いろいろな方がいると思うんです。協力的な方、非協力的な方。でも何かをやろうと思ったらそういう方たちも巻き込んで一緒に変えていかないと無理なんです。

山上
例えばどういうふうにして巻き込んでいくんですか? 全員同じ会の場所に呼ぶってことですか?

高橋
それはいろいろですね。
実際鴨川市の場合は、こっちへ移住してきたその数日後には鴨川市役所に行って、お話しをさせてくださいと。
「いろいろこういうことをやりたいんですけど、どうでしょう?」って言って。
そこからスタートしてるんです。
やっぱりだから、意見なりビジョンなりをちゃんと伝えて、「やりたいんです。一緒にやりませんか?」っていうところから始めてく。何がやりたいのか、どうやりたいのか、どう変えたいのか。
理念的なものも含めて話していったことで、結果的にうまくいってるのかなぁって。

山上
結果どうなったっていうことですか?

高橋
直売所にかんしては、費用もかかるのですぐに動けるわけではないんですけど、そこから半年ぐらい話してるうちに、いろんなタイミングが合わさってできるようになったんです。
たぶん、最初に理念を伝えさせてもらったことで、どこかでみなさんの頭の片隅に入っていて、タイミングが訪れたときに「あー、あの話があったな」ってなって、うまく繋がったのかなって思うんです。

横展開は可能か?


山上
横展開は考えられているんですか?

高橋
もちろん、横展開っていうのも考えられますよね。
ただ、やっぱり思うのは、各地域課題感が似ているようで、その土地その土地で違うので、横展開しようにも一回、一回やり直しというか、そういう流れにはなるのかなと。
たまたまここ鴨川の場合は地域産品がたくさんありますけど、そういうところばかりではないと思うんですね。なので一個、一個、それぞれの地域で見つめ直してやっていくことになると思うんです。
でも僕らはあんまり業態を広げるっていうつもりはなくて。たぶん小売業の使命なんですよ、道の駅とかをやるのって。道の駅の7割は赤字なんです。正常に成り立っているところってほとんどないんですよ。
なので、それをなんとかするっていうのが我々のような小売業の使命なんですよね。僕らのノウハウを使ってそれができるかどうか、そういうチャレンジなんです。
こういうことにはビジネス的な側面もあるんですけど、単にビジネスだけでやってると、いずれ他の会社に追いつかれる。
そうでなくて、理念的なところも含め、なかなか流されない我々独自の世界をやらなくちゃっ、ていうところです。


岩田
今日はありがとうございました。

これで良品計画、高橋さんとのお話はお終いです。
お読みいただきありがとうございました。

取材:岩田 和憲、山上 浩明
構成:岩田 和憲
写真:岩田 和憲、酒井 香菜子


この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連する投稿


トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その3

トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その3

南イタリアでオリーブの古代種を無農薬で育て、エクストラバージンオイルとして日本に届けているトレリさん。彼ら親子が語るオーガニックの考えは、美味しいものを食べたいという「人間的な欲望」より手前に、自然や土地への敬意、「人間を超えたものへの感覚」があります。農業を切り口に、人間のルーツに触れるインタビュー、最終回となる第3回、古代種を育てる理由、無農薬栽培への思いなどが語られます。


トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その2

トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その2

南イタリアでオリーブの古代種を無農薬で育て、エクストラバージンオイルとして日本に届けているトレリさん。彼ら親子が語るオーガニックの考えは、美味しいものを食べたいという「人間的な欲望」より手前に、自然や土地への敬意、「人間を超えたものへの感覚」があります。農業を切り口に、人間のルーツに触れるインタビュー、第2回はオーガニック先進国といわれるイタリアの農業の現状などのお話です。


トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その1

トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その1

南イタリアでオリーブの古代種を無農薬で育て、エクストラバージンオイルとして日本に届けているトレリさん。彼ら親子が語るオーガニックの考えは、美味しいものを食べたいという「人間的な欲望」より手前に、自然や土地への敬意、「人間を超えたものへの感覚」があります。 オーガニック先進国といわれながらなお課題を残すイタリア農業の現状。一人の人間が故郷を愛する心。僕たちは何を失ってきたのか? そして何を取り戻そうとしているのか? 農業を切り口に、人のルーツに触れるインタビューです。


サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その3

サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その3

40年ほど前、家庭で作ったジャムから始まったジャム屋さんが、どうやってここまで成長してきたのか? 代表取締役専務の久世良太さんに聞いてきました。第3回は、この事業がずっと続くわけではないという危機感と、変化することのワクワク感のお話です。


サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その2

サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その2

40年ほど前、家庭で作ったジャムから始まったジャム屋さんが、どうやってここまで成長してきたのか? 代表取締役専務の久世良太さんに聞いてきました。第2回は、ブランドの裏に潜む、インフラ構築のお話などです。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング