良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その2

良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その2

千葉県の棚田保全「鴨川里山トラスト」など、地域創生の活動を展開する良品計画。地方創生事業に、企業は何を見るのか? 同社ソーシャルグッド事業部の高橋さんにお話を伺いました。第二回は「無駄にしない」というコンセプト、そこから始まろうとしているあらたな動きなどについてのお話です。


< はじめから読む

地域創生プロジェクトの意味。その2

高橋 哲(たかはし てつ)
株式会社良品計画ソーシャルグッド事業部課長代行。
1973年生まれ、埼玉県川越市で育つ。大学卒業後の96年、株式会社良品計画に入社。店舗社員に始まり、店長、家具商品開発、ファニチャーのカテゴリーマネージャーなどを経験。2018年現在、千葉県鴨川市において棚田保全活動や直売所の再生プロジェクトなどを担当し、地域創生のサポートをしている。

中山間地で生きる


岩田 和憲(以下、岩田)
棚田って、今の農業からいうと、これで実際に生活していくのは無理ですよね。

高橋 哲(以下、高橋)
なかなか難しいと思います。

岩田
実際生活が無理だってなると、じゃあどういうかたちで維持していくのか。そういう課題が出てくるかなと思うんですが。

高橋
無理なんですけど維持していかないと、っていう考えですね。
こういう棚田のあるところって山でもない平地でもない、いわゆる中山間地って呼ばれてる場所なんですね。希少価値の高い動植物が残ってたり。
で、実はいちばん人口が多いのはこの中山間地と呼ばれる場所なんです。

岩田
ああ、そうなんですね。

高橋
日本ってほとんど山って言われてるじゃないですか。でもみなさんが住んでいらっしゃるのは、こういう平地と山の中間のところなんです。
なので、ビジネスにはならないかもしれないけど、守らなかったらどんどん耕作放棄地が増えて、自然の循環が消えちゃうわけですよ。
だから今は半農半Xって、農業とほかの職業を組み合わせる、と言われてる。
確かに実験的な部分もあると思うんですね。なんだけれども、「どういうかたちになればみなさんが生活していけるか? 移住なりに繋がるか?」っていうのを会社として考える、っていうのはあるんです。

岩田
実際に移住してきてこの棚田に関わられている方もおられるんですか?

高橋
数人いますね。少しずつです。

岩田
その方たちっていうのは収入を得るための仕事は別にして、ここで自分たちのコメを作るっていうかたちで生活を築かれてるんですか?

高橋
例えば、ある方は林業をやりながらトラストの活動も手伝ってくれてる、そういう感じですかね。

岩田
震災以降、こうした動きがひろがってきてますよね。

高橋
極端な話をすれば、「都市に本当にこんな多くの人が住んでいいのだろうか?」とか。そういった流れの中で「もっと地域に目を向けていく必要があるんじゃないか」とか。じゃあ僕らは何をやればいいのか。お客様に言われたわけではないんです。必然性のようなものじゃないかと思います。

人気の社内ボランティア


岩田
ちなみその最初の社内ボランティアっていうのは、会社から声がかかったんですか?
「こんなことがあるけど参加する人、いませんか?」みたいな感じで。

高橋
そうですね。社内の各人に連絡をするシステムがあって、そこに「社内ボランティア募集」という連絡があるんですよ。

岩田
下世話な話になるんですけど、交通費とかは自腹ですか?

高橋
いやいや(笑)。その日は仕事扱いになるので。

岩田
無償ではないんですね?

高橋
言い方が誤解を招いたかもしれないです。完全なボランティアというよりは、

岩田
土日がなくなるけど、少し楽しめて働ける、みたいな。

高橋
そうです、

山上 浩明(以下、山上)
その募集は人気があったんですか?

高橋
ええ、人気ありますね。
ボランティアっていう言い方は適切じゃないかもしれないですけど、お客様にこの棚田に来てもらうっていうのが大前提で、それを助けるのためのスタッフという位置付けですね。

岩田
高橋さんはいちばん最初の時から参加されてたんですか?

高橋
僕は2年目からですね。

岩田
実際こちらに来られて、いろんな発見ありましたか?

高橋
そうですね。
ここに住む前にも、単発で来たり、いろんな話も聞いてたので「ああ、そういうこともあるな」ってことはわかってる。でもそれって、実体験じゃない。今はここに毎日住んでいるので、それが実感になるというか。
今日もカエルがすごい鳴いてますけど、こんなにカエルが鳴くところなんだ、からはじまって、夜ってこんなに暗いんだ、月ってこんなに明るいんだ。

そういった自然的なこととか、ほんとうにおじいさん、おばあさんばかりだなあ、とか。
駅に出ようと思ってもぜんぜん車がないと生きていけないな、とか。東京からそんなに遠くないと思ってたけど、実際、そういうことを感じると遠いなあ、とかですね。
ちょうど今年の3月で丸2年経ったんですけど、日々感じることは今もありますよ。

「無駄にしない」というコンセプト


山上
良品計画さんが来ることによってこの地域も変わっていってますよね。

高橋
うーん…、まだまだかなと思ってますけど。

山上
直売所の指定管理者になったり、

高橋
そういうことでいえばそうかもしれないですね。

山上
思うんですけど、わたしが知ってる事例でも、個人や小規模の会社が「道の駅のような直売所をやりたいな」って思っても、なかなかそこまで地域を巻き込んで変えられないなっていうのがあるんです。それをやれる良品計画さんっていうのは、やっぱりすごいなって思います。

高橋
「里のMUJIみんなみの里」では、従来の野菜の直売や物産品の販売はこれまで通り引き継がせてもらうんですけど、今回はそこに、少し小さめの無印良品と「Café & Meal」を出店するんです。これは僕らにとってもチャレンジングな出店なんですね。
あといちばん大きいのが、地元の農業を変えていくような取り組み。例えばここの地域ではミカンとか、収穫しきれなかったものがぼこぼこと落ちてるんですよ。

僕ら無印良品のコンセプトとして「無駄にしない」っていうのもあるんです。
そういった地域資源を使ってジャムを作りましょう。それをビジネスにしたり、地域の生業に少しでもなればいいっていう思いがあって、加工場もそこに併設されるんですよ。
そこでジャムはできるようになる。ちょっとしたお土産ものができるようになる。すごい売れるんだったら、工場を作ったっていいわけだし。
そういったことを次はやろうとしているんですよね。
なので、僕らも単にものを売るとか商品を開発するっていうところから、地元の方と一緒に何かを開発する、地域と繋がってものを開発する、そういう流れに変わってきてる部分があるんですよね。



次回(最終回)へ続きます。

> 次へ

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連する投稿


トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その3

トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その3

南イタリアでオリーブの古代種を無農薬で育て、エクストラバージンオイルとして日本に届けているトレリさん。彼ら親子が語るオーガニックの考えは、美味しいものを食べたいという「人間的な欲望」より手前に、自然や土地への敬意、「人間を超えたものへの感覚」があります。農業を切り口に、人間のルーツに触れるインタビュー、最終回となる第3回、古代種を育てる理由、無農薬栽培への思いなどが語られます。


トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その2

トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その2

南イタリアでオリーブの古代種を無農薬で育て、エクストラバージンオイルとして日本に届けているトレリさん。彼ら親子が語るオーガニックの考えは、美味しいものを食べたいという「人間的な欲望」より手前に、自然や土地への敬意、「人間を超えたものへの感覚」があります。農業を切り口に、人間のルーツに触れるインタビュー、第2回はオーガニック先進国といわれるイタリアの農業の現状などのお話です。


トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その1

トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その1

南イタリアでオリーブの古代種を無農薬で育て、エクストラバージンオイルとして日本に届けているトレリさん。彼ら親子が語るオーガニックの考えは、美味しいものを食べたいという「人間的な欲望」より手前に、自然や土地への敬意、「人間を超えたものへの感覚」があります。 オーガニック先進国といわれながらなお課題を残すイタリア農業の現状。一人の人間が故郷を愛する心。僕たちは何を失ってきたのか? そして何を取り戻そうとしているのか? 農業を切り口に、人のルーツに触れるインタビューです。


サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その3

サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その3

40年ほど前、家庭で作ったジャムから始まったジャム屋さんが、どうやってここまで成長してきたのか? 代表取締役専務の久世良太さんに聞いてきました。第3回は、この事業がずっと続くわけではないという危機感と、変化することのワクワク感のお話です。


サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その2

サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その2

40年ほど前、家庭で作ったジャムから始まったジャム屋さんが、どうやってここまで成長してきたのか? 代表取締役専務の久世良太さんに聞いてきました。第2回は、ブランドの裏に潜む、インフラ構築のお話などです。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング