巨樹ツアー 第10回「榛名神社の矢立杉、空を突き破る」

巨樹ツアー 第10回「榛名神社の矢立杉、空を突き破る」

関東屈指の奇勝地榛名神社に、巨大な融合木があります。広葉樹と違い一度伐採されると命を吹き返すことはない杉。巨樹林化した境内で空を突き破るよう、一説では1000年ものあいだ伸びつづけ、サバイバルの頂点を極めています。しかしこの神社、実は奇怪なものに溢れたパラダイス。そんなパラダイスの片鱗を紹介します。


奇岩


関東では、群馬の榛名神社がいちばん好きです。
榛名神社の何がすごいのか?

この絵地図が、魅力の一端を説明してくれている気がします。

岩がぶよぶよと増殖しているような境内です。
実際、奇岩が多いです。

そろそろスライドしてきそうです。

子宮の入り口。

ヌボコ岩という名前がついています。
たぶん、ヌボコ=沼矛。ここから世界が始まったという意味だと思います。

そして、いちばんすごいのは、これ。

榛名神社の御神体だそうです。
よくこんな状態で長年月、落ちずに持ちこたえてきたなと思います。

しかも、落ちたら本殿もろとも瓦解です。

コントロール仕切っていない風景の魅力


あと、榛名神社は岩だけじゃなくて、こういう雰囲気も素晴らしいんですよね。

参道とは川を挟んで岸壁にあり、そこへ行くルートなど、ない。

現代アートっぽい。

なんかジワっときませんか?

まるで都市のように整備された伊勢神宮の魅力とは対極的で、混沌としたまま存在し、参拝者を野生の中に飲み込んでいく。そういうリアリティーが神宮に負けず劣らずの巨大なスケールで表現されているところが、榛名神社の魅力です。

矢立杉


そして目的の巨樹、矢立杉です。

2本の杉が生長の果てくっついてできた融合木でしょうか。
樹高40m超、幹周約10mの怪物です。

伝説では、1563(永禄6)年、上州に勢力拡大を図ろうとする武田信玄がここ榛名神社にきて戦勝祈願し、杉に矢を立てて(射して)祈願したため、矢立杉と呼ぶようになったそうです。
ちなみに山梨県の笹子峠にも矢立杉と呼ばれる巨樹があります。そちらも武田軍が戦勝祈願で矢を射立てていた杉だそうです。

パラダイス


矢立杉のように一本巨樹があると、その一帯はたいてい巨樹林になっている傾向がありますが、榛名神社も同様です。境内は「千本杉」と呼ばれる杉の巨樹林エリアになっています。

そのなかでも印象的だったのは、このバカでかい切り株の痕跡。

参拝者には見向きもされないような、本殿から一段下がったところ、便所の隣にあります。
何百年と生きた果てに今、消え失せるように存在しています。

電柱まで杉のデザインになってます。

なんでこんなところに米が!?
賽銭の一種でしょうか。

そしてこれ。
今となってはものすごい皮肉です。
トマトのF1品種普及を讃える碑が建ってます。

昭和32年に建てられたようです。
農業の未来を、化学肥料と農薬とF1種で夢見ていた、そんな時代の熱気を感じます。

あらためて全容を。

リスペクト!

データ:榛名神社の矢立杉


巨樹度:⭐️⭐️⭐️⭐️
国指定天然記念物 (昭和8年指定)
幹周:9.8m
樹高:43m
樹齢:推定600〜1000年
住所:〒370-3341 群馬県高崎市榛名山町849
アクセス:JR高崎駅から群馬バス本郷経由榛名湖行きに乗り榛名神社前で下車し、徒歩20分。高崎I.C.または前橋I.C.から車で約1時間。

> 次回はこちら
< 前回はこちら
「巨樹ツアー」連載一覧はこちら


巨樹ツアーのオフィシャルマップもあります。
みんなも自分で見つけた巨樹を、MAPに投稿してみてね。

巨樹MAP - Google マイマップ

https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1gmooEAddQKcGT6QmdVqMlFdM8Vo&ll=8.767465042373008%2C134.86407439999994&z=4

みんなでつくる、巨樹・巨木の地図です。巨樹・巨木を見たら写真と一緒にこの地図上にアップしよう。

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連する投稿


巨樹ツアー 第12回「沢尻の大ヒノキ(サワラ)、シェルターと化した枝葉」

巨樹ツアー 第12回「沢尻の大ヒノキ(サワラ)、シェルターと化した枝葉」

荒れたままの休耕地が広がる中山間地に、まるで教会の尖塔みたいに天へと突き上げる巨樹がある。この巨樹、なにより枝ぶりがすごい。中に入るとそこは枝葉に守られたシェルターのような異空間で…


巨樹ツアー 第11回「天神宮のケヤキ、塀をまたぐ」

巨樹ツアー 第11回「天神宮のケヤキ、塀をまたぐ」

この連載で僕がたびたび使ってるフレーズ、「植物は自分の生長に限界を設けない」。巨大ケヤキが点在する長野県東信地方に、そんなケヤキの巨樹が存在しています。樹齢は1000年を超えるという。本殿の神域に足をかけ、落雷をものともせず生き続ける。そんな限界知らずの老樹を訪ねてきました。


今日の古木#11「数寄屋造りの磨き丸太〜その2〜」

今日の古木#11「数寄屋造りの磨き丸太〜その2〜」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第11回は前回の続編。丸太に入った大きな割れ目の秘密を探っていきます!


今日の古木#10「数寄屋造りの磨き丸太〜その1〜」

今日の古木#10「数寄屋造りの磨き丸太〜その1〜」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第10回は今までの古木とは一味違う、綺麗に磨かれた丸太について、そこからわかる当時の家の造りとは?


巨樹ツアー 第9回「青渭神社の大ケヤキ、老木にハートを見る」

巨樹ツアー 第9回「青渭神社の大ケヤキ、老木にハートを見る」

水辺近くの場所は聖地になりやすい。なぜならそこは、あっちの世界とこっちの世界の境界だから。そんな典型的ともいえる聖地の構造を持っているのが、東京は調布、深大寺近くにある青渭(あおい)神社だ。近代化の流れで今となっては水辺も見られなくなった調布だが、その記憶を持つ老木が、まだここにいたのである…


最新の投稿


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。そんな小田原さんに古木や建築、家具製作の未来についてお話を伺う対談の第二弾(後編)。


Ranking


>>総合人気ランキング