巨樹ツアー 第9回「青渭神社の大ケヤキ、老木にハートを見る」

巨樹ツアー 第9回「青渭神社の大ケヤキ、老木にハートを見る」

水辺近くの場所は聖地になりやすい。なぜならそこは、あっちの世界とこっちの世界の境界だから。そんな典型的ともいえる聖地の構造を持っているのが、東京は調布、深大寺近くにある青渭(あおい)神社だ。近代化の流れで今となっては水辺も見られなくなった調布だが、その記憶を持つ老木が、まだここにいたのである…


植物の力


深大寺のだるま市を見に行く途中、こんな木を見つけました。

フェンスを突き破ってます。
金魚は金魚鉢の大きさに合わせて自分の体の大きさを決めていくそうですが、植物は自分を囲い込んでいる鉢をぶち破り、さらに己を拡張していく生物です。

しかしこの大きさの木の樹齢を思うと、先にこの木があり、フェンスが後だと思うのですが、これはどう見てもフェンスが先で、木が後からぶち破っているな。。。

路肩ブロックもコールタールの道路も、わけなく弾き出されてます。
人間が作り上げたものなんて、結局はこんなもんなんでしょうね。
人類がこの世界の頂点に君臨したことなど一度もなく、この世界を支配してきたのは昔も今も植物であり、かつての恐竜さえ植物の下でつましく暮らしてきた脆弱な生き物にすぎない。
この世界は、植物の圧倒的優位の歴史なのです。

そしてこの巨樹ツアーはといえば、そんな最強生物である植物をリスペクトして回る、人間という脆弱な生き物による巡礼ツアーなのです。

青渭神社の大ケヤキ


今日訪ねた巨樹は、その木のある場所から200mほど道を東へ下ったところ、青渭神社にあります。
こちらです。

ものすごく大きな介護杖をしてます。

さっきの木もそうでしたが、これもケヤキです。
このあたりは昔、防風林としてケヤキがよく植えられていたそうです。

別のアングルから見るとすごいことになってます。

これはもう杖を外したらお終いでしょう。

ちなみに後ろを振り向くと、同じ方向にもっとつんのめってるやつがいました。

さきほどのフェンスを突き破ってたやつもそうですが、人間の目には見えない、何かそちらへ向かう理由があるのでしょうか。

水と陸の境


このあたりは縄文中期の遺跡、打製石器の製造所跡があり、武蔵野文化発祥の地といわれています。
伝えによると、3000年から4000年前の先住民が水を求めてこの地に居住し、ここに祠をつくって水神様を祀ったということです。
青渭神社の「青渭」は水の打ち寄せる様を意味し、この一帯が水ぎわの地だったことが推測できます。
水と陸の境は「こっちの世界」と「あっちの世界」の境でもあるため、聖地になりやすい場所です。
ちなみに江戸時代、1829年に発刊された『江戸名所図会』にも「社前槻の老樹あり、数百余霜を経たるものなり」と、この青渭神社のケヤキが紹介されています。

この絵を見ても、今の東京都立農業高神代農場のあたりは大きな池だったことがわかります。

ハート型のウロ


人の背より一段高い場所に大きなウロがあるのですが、これが素晴らしいです。

縁結びのビジネスでもなりそうなくらい、綺麗なハート型になっています。

主幹の頂上部は切られてしまっています。

すぐ手前が三鷹通りで車の往来が激しいため、おそらくリスクを考えて処理をしたのかもしれません。

あらためて全容を。

リスペクト!

データ:青渭神社の大ケヤキ


データ:青渭神社の大ケヤキ

巨樹度:⭐️⭐️⭐️
調布市天然記念物 (昭和47年指定)
幹周:5.5m
樹高:34m
樹齢:推定 500~700年
住所:〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5-17-10
アクセス:京王線調布駅からバスで10分

> 次回はこちら
< 前回はこちら
「巨樹ツアー」連載一覧はこちら


巨樹ツアーのオフィシャルマップもあります。
みんなも自分で見つけた巨樹を、MAPに投稿してみてね。

巨樹MAP - Google マイマップ

https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1gmooEAddQKcGT6QmdVqMlFdM8Vo&ll=8.767465042373008%2C134.86407439999994&z=4

みんなでつくる、巨樹・巨木の地図です。巨樹・巨木を見たら写真と一緒にこの地図上にアップしよう。

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連する投稿


今日の古木 #19「大町最大級!? 極太ケヤキの大黒柱」

今日の古木 #19「大町最大級!? 極太ケヤキの大黒柱」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第19回は、泣く子も黙る!大町最大級!? 極太ケヤキの大黒柱を紹介します。


巨樹ツアー 第12回「沢尻の大ヒノキ(サワラ)、シェルターと化した枝葉」

巨樹ツアー 第12回「沢尻の大ヒノキ(サワラ)、シェルターと化した枝葉」

荒れたままの休耕地が広がる中山間地に、まるで教会の尖塔みたいに天へと突き上げる巨樹がある。この巨樹、なにより枝ぶりがすごい。中に入るとそこは枝葉に守られたシェルターのような異空間で…


巨樹ツアー 第11回「天神宮のケヤキ、塀をまたぐ」

巨樹ツアー 第11回「天神宮のケヤキ、塀をまたぐ」

この連載で僕がたびたび使ってるフレーズ、「植物は自分の生長に限界を設けない」。巨大ケヤキが点在する長野県東信地方に、そんなケヤキの巨樹が存在しています。樹齢は1000年を超えるという。本殿の神域に足をかけ、落雷をものともせず生き続ける。そんな限界知らずの老樹を訪ねてきました。


今日の古木 #16「THE・日本建築 床の間に隠された秘密」

今日の古木 #16「THE・日本建築 床の間に隠された秘密」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第16回は、日本建築そのものをあらわしていると言っても過言ではない和室の床の間。そこに隠された秘密とは一体何なのか?探っていきます。


今日の古木#13「古民家の2階を支える2階台」

今日の古木#13「古民家の2階を支える2階台」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第13回は、古民家の2階の土台となって支えてきた2階台をピックアップ!


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング