古木ギャラリー vol.1

古木ギャラリー vol.1

「古木が特別好きなわけではないけれど、木は好きだし、古木があると良い感じになりますよね。」山翠舎でお店づくりをしてくださったオーナーさんに話を伺うと、そんな言葉をよく聞きます。語りきれない、『なんだか良い』と感じさせる。古木ギャラリーでは、古木を写真でいつもより丁寧に観察してみます。


フォト

ここはどこ?

<山翠舎東京支社のミーティングルーム>

「古木が特別好きなわけではないけれど、木は好きだし、古木があると良い感じになりますよね。」山翠舎でお店づくりをしてくださったオーナーさんに話を伺うと、そんな言葉をよく聞きます。入社1年目の私もそんなオーナーさんたちのコメントに同感。古木に興味があったというわけではないけれど、山翠舎の会社案内や写真をみて「なんだか良さそう?」そう思い会社説明会に参加しました。
会社説明会が行われたのが、この山翠舎東京支社のミーティングルーム。
緊張の中そばまで来ているはずなのに迷子になってなかなかたどり着けず、緊張の中扉を開けると
「良い感じがする、私はここが好きだなぁ。」そう感じる、古木のある空間だったことは今でも鮮明に覚えています。

打ち合わせに来る方々がよく、本心からか気を使ってか「この古木の柱とかいいですよね」とお声をかけてくださります。嬉しいです。では、この無垢板の机の脚も古木なことはどれくらいの方が気がついているんだろう?私は入社して7回目に掃除機をかけた頃になって、ようやく気がつきました。私の目が節穴なのか、それだけ馴染んでいるのか。
T字に配置された縦の古木はケヤキ。堅木で目が詰まっています。うっすら残る炭の文字は、きっと100年以上前のもの。片側から穴を覗くとぼんやりとした光で、裏から見ると鋭いような印象。穴の周りの木の風合いで、だいぶ印象が変わります。
横の古木は松。曲がりと木目が特徴的。ずーっとましたを向き続けている「木の目」みたいな模様があります。もう片方を見つけた方は是非教えていただきたいです。
個人的には毎週変わる生け込みがあると、より古木が生える気がしています。
5月の終わりの生け込みはハナミズキ。青々とした葉が空間に彩りを与えます。

古木情報

『古木(こぼく)』とは山翠舎の作った造語で、「ストーリー性のある古材」のことを指します。
例えば「この柱はね、長野の小谷の古民家から譲ってもらったものなんだよ」そんなストーリーのある古材。
新材から古材になるまでの物語<ストーリー>を垣間見ることのできる木の事です。

今回は東京支社ミーティングルームの古木情報を一部ご紹介します。

○山翠舎東京支社ミーティングルームの梁
長野県長野市中氷鉋の古民家より 松の古材。

○山翠舎東京支社ミーティングルームの大黒柱 
k031 新潟県柏崎市より。 ケヤキの古材。

この古木を見る方法(アクセス方法)

山翠舎東京支社
東京都渋谷区広尾3-12-30

古木を見る方法
①無料相談会の参加
②セミナーの参加
③会社説明会の参加
④山翠舎東京支社にお問い合わせの上、ご見学にお越しください。

会社案内|店舗デザイン設計施工・古材買取販売・古民家移築解体再生 - 古木の店舗デザインNo.1/木のお店つくるなら山翠舎(さんすいしゃ)

https://www.sansui-sha.co.jp/about/gaiyou.php

古材専門店を営む店舗デザイン店舗設計施工会社の㈱山翠舎さんすいしゃは創業84年。ストック数全国最多の古材倉庫と木工場、製材所を持つ、新スタイルの設計施工会社です。ウェブではレストラン、カフェ、バー、美容室などウッディな施工例を多数紹介しています

この記事のライター

最新の投稿


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。そんな小田原さんに古木や建築、家具製作の未来についてお話を伺う対談の第二弾(後編)。


Ranking


>>総合人気ランキング