「養蜂で里山を再生する」みつばちの花里(仮称)プロジェクト現場を訪ねて。

「養蜂で里山を再生する」みつばちの花里(仮称)プロジェクト現場を訪ねて。

農地再生事業を展開している日本リノ・アグリ(中村伸雄社長)が、養蜂によって休耕地を蘇らせようとしている。放棄されていった農地、失われていった里山の暮らし。さまざまな現代の課題に対し、ミツバチという視点で未来へのブレークスルーを狙う。そのプロジェクトの現場をルポします。


みつばちの花里(仮称)プロジェクト現場を訪ねて。

里山の生物多様性を取り戻そう

千葉県市原市にある212ヘクタールという広大な休耕地。
高度経済成長期からバブル経済期へという時代のなか、都心のベッドタウン計画により土地は虫食い状に売られ、そのままおよそ40年もの間、放置されてきた場所だ。
林野は荒れ、人の営みや暮らし、さまざまなものが打ち棄てられたままとなっている。

都内大手不動産会社からこの広大な休耕地を譲り受け、農地再生事業を始めているのが日本リノ・アグリという会社だ。同社は今、「みつばちの花里(仮称)」というプロジェクトに乗り出している。

養蜂という切り口で、休耕地にさまざまな植生を蘇らせ、里山の生物多様性を取り戻そうという。そして、それを事業として成立させようと。
この半世紀以上、夢少なく疲弊していくばかりだった農業という産業を、もういちど人と自然との関わりのなかで取り戻せないか、という試みでもある。

その日本リノ・アグリのプロジェクトを、社長の中村伸雄さんとともに、ブレーンとして現場に立ち先導しているのが、豊増洋右さんだ。

豊増洋右さん

2010年にap bankが立ち上げ話題となったオーガニックファーム「耕す 木更津農場」を現場で作り上げた人で、「農業で未来をどう作っていくか」ということを実践しつづけている。

そんな豊増さんの案内で、典型的な中山間地域の千葉県内陸部、その212ヘクタールに及ぶ休耕地を見てきた。

土の力を蘇らせる

このあたりの土は、火山灰土を母体とした黒ボクと呼ばれる土。
土壌としての質は素晴らしいのだが、長らく畑として使われず、荒れた茅畑のようになっている。土だけ盗まれてしまうこともあるという。

鉄塔まで広がる広大な敷地(これでも212ヘクタールという所有地の一部)に、少しずつ葉をのぞかせているのはヘアリーベッチという植物。
この秋に自分たちで種を蒔いたものだ。

このヘアリーベッチ、春には緑の絨毯となり、花が咲く。花に誘われミツバチが蜜をとりにやってくる。そしてこれが繁茂することで雑草も防がれ、枯れると今度は肥料となり土へかえっていく。
とてもロジカルな循環である。これが昔の日本の農業のやり方でもあった。

このまま5年ぐらい有機栽培を続けていけば、そのあと手を引いても本来の土の力が蘇り、植物は育っていくのだという。
「だからこんな茅畑にはならないんですよ。それこそお正月には春の七草がとれるような。イヌフグリやホトケノザ、レンゲなんかがわーっと生えて、穏やかな植生に変わります」と豊増さんは話す。

一方、有機栽培できついのは、2年目である。
「1年目は、最初に生えてた雑草の窒素分でいろんなものができるんですよ。でも2年目は、土のなかに微生物がいなかったりするんですよね。土の中の生物多様性ってすごい大事で。夏、盆明けくらいに草を刈りますよね。草を倒したままにしておいて一週間くらいしてめくると、正常な土だと白いカビがはえてるはずなんです。それが、ぜんぜん生えない畑がいっぱいあるんです。そういうところは歴代、除草剤や殺菌剤が撒かれていて、見た目はふかふかの土なんだけど、生き物がぜんぜんいない。スポンジと一緒なんです」

農薬があると農業はずいぶん楽になる。
しかし農薬を使うことで、微生物は姿を消し、土は疲弊していく。
疲弊した土で作物を育てるには、農薬、化学肥料など、一種のドーピングで作物を成長させていくことになる。
戦後の日本が合理化の果てに陥った農業のバッドループである。

体感によって伝える

市原市の北東部。
人口97万人という千葉市の隣市で、直線2kmのところに、ちはら台団地という大きなベッドタウンが見える。
これも都心に近い中山間地域の難しいところだという。
「つまり、やめやすいんですよね」と豊増さんは言う、「農業をやめてバイトすればいくらでも仕事があるし。逆に農業をやりパートさん雇おうと思うと時給1,100円から、ってなりますし」
耕作放棄地が増えていった要因の1つである。

こちらもリノ・アグリが所有する休耕地。奥の森も所有地だという。
ここはアブラナが蒔いてあり、春になると菜の花で覆われる。
これもまたミツバチの蜜源植物である。
ミツバチにはそこが畑の中か外かは関係がないので、畑の外、土手にも種を蒔いているという。

リノ・アグリのスタッフで自作した巣箱。

12月末だが、ミツバチはまだ活動している。(2017年12月26日に取材しています)

巣箱のある場所から一段下がった休耕地。
ここにはクリムゾンクローバーを蒔いているという。
「春からはここでキャンプをやれるように整備しようと思って」と豊増さん、「あの木にハンモックをかけて。真っ赤になったお花畑のなかハンモックに揺られながら。朝は巣箱をあけて、できたての蜂蜜でトーストを食べる。そういうキャンプをやってもらって、秋には蜂に恩返しっていうことでまた来てもらって、種まきを一緒にやってもらったり」

「みつばちの花里」は、養蜂を切り口にして体験をつくろうというプロジェクトでもある。
環境や農業など、批評性を含んだ重みのあるメッセージを持ちながら、そこをいかに楽しくポジティブなかたちで、しかも陳腐化させずに伝えていくことができるか。
「積極的に参加してくれる仕組みを作ることで、循環型とか環境に優しいといったことが、何より自分が楽しいことだっていうのを、まず問答無用で体感してもらう。それが大事だと思ってます」
そう豊増さんは語る。

次回、インタビューへ続きます。

> 次へ

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連する投稿


サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その3

サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その3

40年ほど前、家庭で作ったジャムから始まったジャム屋さんが、どうやってここまで成長してきたのか? 代表取締役専務の久世良太さんに聞いてきました。第3回は、この事業がずっと続くわけではないという危機感と、変化することのワクワク感のお話です。


サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その2

サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その2

40年ほど前、家庭で作ったジャムから始まったジャム屋さんが、どうやってここまで成長してきたのか? 代表取締役専務の久世良太さんに聞いてきました。第2回は、ブランドの裏に潜む、インフラ構築のお話などです。


サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その1

サンクゼールの久世さんに聞く、ブランドの育て方。その1

食品製造小売会社サンクゼール(本社長野県飯綱町)。久世福商店などで全国に知られる会社ですが、ルーツは40年ほど前、お母さんが作ったジャムをお父さんが売り歩く姿でした。会社として大きくなりながら、その精神は当時のままです。その歴史とブランド構築について、代表取締役専務の久世良太さんにお話を聞いてきました。


良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その3

良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その3

千葉県の棚田保全「鴨川里山トラスト」など、地域創生の“役に立つ活動”を展開する良品計画。地域創生事業に企業は何を見るのか? 同社ソーシャルグッド事業部の高橋さんにお話を伺いました。第3回は地域を動かしていくための具体的な方法、理念の大切さなどについてのお話です。


良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その2

良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その2

千葉県の棚田保全「鴨川里山トラスト」など、地域創生の活動を展開する良品計画。地方創生事業に、企業は何を見るのか? 同社ソーシャルグッド事業部の高橋さんにお話を伺いました。第二回は「無駄にしない」というコンセプト、そこから始まろうとしているあらたな動きなどについてのお話です。


最新の投稿


「純黒糖に惹かれて」黒糖茶房 大森健司さんに聞く その2

「純黒糖に惹かれて」黒糖茶房 大森健司さんに聞く その2

沖縄離島の純黒糖に魅了され、日本ただ一つといわれる黒糖専門店「黒糖茶房」を立ち上げた大森健司さん。そんな大森さんのユニークな遍歴を辿りながらのインタビューです。第2回は、黒糖専門店を立ち上げようとする大森さんに、沖縄の人、本州の人が示した反応のお話、など。


今日の古木 #18「極厚&貴重!!松の古木板」

今日の古木 #18「極厚&貴重!!松の古木板」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第18回は、何度目かの「木」ではなく「板」編です。先週、大町倉庫の仲間に新たに加わった、新入り優等生の松を紹介していきます!


「純黒糖に惹かれて」黒糖茶房 大森健司さんに聞く その1

「純黒糖に惹かれて」黒糖茶房 大森健司さんに聞く その1

30代までは北国のスキーに明け暮れ、その後、南国沖縄の純黒糖に魅了され、日本ただ一つといわれる黒糖専門店「黒糖茶房」を立ち上げた大森健司さん。そんな大森さんのユニークな遍歴を辿りながらのインタビューです。第1回は、黒糖開眼までの遍歴、そして純黒糖と加工黒糖の違いについてなどのお話です。


今日の古木 #17「土蔵の棟木」

今日の古木 #17「土蔵の棟木」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第17回は、土蔵の棟木について。そもそも土蔵とは? 棟木とは? さらにそこに墨で書かれた文字が意味するものとは一体何なのか?


巨樹ツアー 第11回「天神宮のケヤキ、塀をまたぐ」

巨樹ツアー 第11回「天神宮のケヤキ、塀をまたぐ」

この連載で僕がたびたび使ってるフレーズ、「植物は自分の生長に限界を設けない」。巨大ケヤキが点在する長野県東信地方に、そんなケヤキの巨樹が存在しています。樹齢は1000年を超えるという。本殿の神域に足をかけ、落雷をものともせず生き続ける。そんな限界知らずの老樹を訪ねてきました。