「養豚場が生き残る道」平野養豚場を訪ねて。その2

「養豚場が生き残る道」平野養豚場を訪ねて。その2

小規模家族経営ながら廃業の危機を乗り越え、着実に認知を広げていく千葉県木更津市の平野養豚場。小規模農家が今立たされている現状とは? 危機を乗り越えるための視点とは? 第2回は、生産者を追い込む安物買い消費者マインドについてのお話です。


< はじめから読む

その2「生産者を追い込む安物買い」

平野養豚場(ひらのようとんじょう)
千葉県木更津市にある同市唯一の養豚場。庭先養豚に始まり、1973年にSPF豚の養豚場として開設。現在は三代目の平野賢治さん、恵さん夫婦が中心となり、抗生物質やワクチンを抑えた林SPF豚を1400頭育て、「木更津の恵みポーク」としてブランド展開している。

屠場に売るだけの生産者


平野 恵(以下、恵)
最初まわったとき、どの飲食店さんにもぜんぜん相手にされなかったんですよ。

平野 賢治(以下、賢治)
「うちは別のところとお付き合いがあるから」って。


それが今はけっこう増えて。
数えれば20店舗ぐらいあるんじゃないのかな。

岩田 和憲(以下、岩田)
廃業になりそうになったときは、そういう販路がなかったんですね?

賢治
ぜんぜんないですね。
そもそも木更津に養豚場があることを、


そう。たぶんほとんどの人が知らないんです。

岩田
そのころは、育てた豚は屠場に売るだけだった、ってことですか?

賢治
そうですね。競りにかけられて。その先は…
こっちに戻ってくる販路がなかった。


ない。都内にばらまかれちゃうんです。

岩田
一般的な養豚場っていうのは今もそういう形式なんですか?

賢治
そうですね。

岩田
自分たちで販路を拡大するなんていうことは、


ない。
やってる人がいるとしたら、ほんと、田舎のほう。
田舎の屠畜場に持ってって自分で買い戻して。
でも飲食店を開くのも資格が必要じゃないですか。
お肉屋さんも資格が必要で、お肉をばらすのも技術なので何年も修行しなくちゃいけなかったりするので、全部できるっていう人はそんなにいないと思う。

岩田
なるほどね。

賢治
まあ、うまくいった事例は聞かないよね。失敗事例はいっぱい聞くけど。
生産だけでいっぱいいっぱいになっちゃって。

安物買いのシワ寄せ


岩田
そもそもなんで養豚の世界、まあ農業の世界全体がそうだと思うんですけど、こんなに厳しいんですか?


わたし、講演をたまにするんですけど、そのときに言うのは、みんなちゃんとした価格を知らないんだな、って。対価ですよね。ここ何年もの傾向ですけど、みんな安物買いをするじゃないですか。ファストフード大好き。100円で詰め放題とか。
果たしてそれがどんな努力のもと育てられてるのか、っていうのを知らない。

岩田
そうですね。


だから安物買い。
スーパーとかそういうところは、ちゃんと別のところで儲けてるのかもしれない。みかんの詰め放題で100円。でもお客さんの買い物はみかんだけで絶対終わらないじゃないですか。それをきっかけに、キャベツ買って、キュウリ買って。そういうところを狙って安い詰め放題とかもやってるけど、やっぱり、そういうところで豚肉をすごく安く売られちゃうと、いちばんシワ寄せがくるのって、一次産業なんですよね。
そういうことを卸売りの人たちが考えてないのかなって思うし、買う人たちも考えてない。
わたしもこの世界に飛び込むまでは考えたことなかった。ブラジル産の鶏肉とか買ってたし(笑)。なんで国産が高いのかって考えたこともなかった。

賢治
顔が見えるようになればね。
「そこそこの値段でも応援しよう、その人から買おう」ってなるから。
そういう点では野菜は進んでるけど、豚で顔をだして売る発想はなかった。
まあ、顔を出したがらない。豚の生産者ってね。

岩田
それはなぜ?

賢治
面倒くさがりだね(笑)
農場のなかで完結しちゃうから。出荷もドライバーがいたりするから。
誰にも会わないで365日。

岩田
そういうことをやってきた業界じゃないから、と。

賢治
そうですね。外に視点がいかない。
「こうすれば誰が買う」とか「こうすれば高くなる」って同業者に言っても、みんな、ぽかーん。


今のところ、「あの人たち、ちょっとおかしなことやってる」みたいな感じだと思う(笑)

「美味しかった」のフィードバック


岩田
飲食店をちょっとメディアとして考えてるところはあるんですか?


それはないかな。
もともとはスーパーに入れたかったんです。

賢治
お肉屋さんなんだけど、あっさり断られて(笑)
間に業者を挟んでやっているから、そこを抜くわけにはいかない。
やっぱりお肉屋さんは世襲なんで、親父の代からの付き合いがあったりで。


顔が立たないじゃないですか、ほかから仕入れちゃうと。
そんななかではやっぱり飲食店さんがちょっと飛び込みやすかった。

賢治
誇りがあってね、自分が美味しいと思ったものしか出さなかったりするから。

岩田
僕は実際ブッフルージュさん(*)で木更津の恵みポークを食べて、そこに置いてあった平野養豚場さんのパンフレットも見たんです。つまりブッフルージュさんがメディアとして機能してて、「ああ、こういう養豚やってる人がいるんだ」と知る、みたいな流れはあったんです。
飲食店以外では、マルシェみたいなイベントにも出されてますよね。
みんなが集まる場所だということで、これもメディアですよね。
飲食店だってそういうメディアとして使い得るのかなと思ったんですけど。

*ブッフルージュさん … 木更津にある洋食屋「洋食とワイン ブッフルージュ」のこと。


最終的にはそうなるのかもしれないですけど、何より飲食店に出すと「ありがとう」とか「美味しい」っていう言葉が聞けるんですよ。
この業界って家族でやってて、そこで仕事が済んじゃうので、なにも肯定的な発言がないんですよ。わたし、もともと看護師をやってたので「ありがとう」って言われることに慣れてたんです。でも、ここにきたら、そういう言葉が何もない。

岩田
なるほど。

次回へ続きます。

> その3「知って選ぶ」

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連する投稿


トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その3

トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その3

南イタリアでオリーブの古代種を無農薬で育て、エクストラバージンオイルとして日本に届けているトレリさん。彼ら親子が語るオーガニックの考えは、美味しいものを食べたいという「人間的な欲望」より手前に、自然や土地への敬意、「人間を超えたものへの感覚」があります。農業を切り口に、人間のルーツに触れるインタビュー、最終回となる第3回、古代種を育てる理由、無農薬栽培への思いなどが語られます。


トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その2

トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その2

南イタリアでオリーブの古代種を無農薬で育て、エクストラバージンオイルとして日本に届けているトレリさん。彼ら親子が語るオーガニックの考えは、美味しいものを食べたいという「人間的な欲望」より手前に、自然や土地への敬意、「人間を超えたものへの感覚」があります。農業を切り口に、人間のルーツに触れるインタビュー、第2回はオーガニック先進国といわれるイタリアの農業の現状などのお話です。


トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その1

トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その1

南イタリアでオリーブの古代種を無農薬で育て、エクストラバージンオイルとして日本に届けているトレリさん。彼ら親子が語るオーガニックの考えは、美味しいものを食べたいという「人間的な欲望」より手前に、自然や土地への敬意、「人間を超えたものへの感覚」があります。 オーガニック先進国といわれながらなお課題を残すイタリア農業の現状。一人の人間が故郷を愛する心。僕たちは何を失ってきたのか? そして何を取り戻そうとしているのか? 農業を切り口に、人のルーツに触れるインタビューです。


良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その3

良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その3

千葉県の棚田保全「鴨川里山トラスト」など、地域創生の“役に立つ活動”を展開する良品計画。地域創生事業に企業は何を見るのか? 同社ソーシャルグッド事業部の高橋さんにお話を伺いました。第3回は地域を動かしていくための具体的な方法、理念の大切さなどについてのお話です。


良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その2

良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その2

千葉県の棚田保全「鴨川里山トラスト」など、地域創生の活動を展開する良品計画。地方創生事業に、企業は何を見るのか? 同社ソーシャルグッド事業部の高橋さんにお話を伺いました。第二回は「無駄にしない」というコンセプト、そこから始まろうとしているあらたな動きなどについてのお話です。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング