「養豚場が生き残る道」平野養豚場を訪ねて。その1

「養豚場が生き残る道」平野養豚場を訪ねて。その1

大規模化しないと生き残れないとされる養豚の世界。そんななか小規模家族経営で危機を乗り越え、着実に認知を広げるこだわりの養豚場が千葉県木更津市にあります。平野賢治さん、恵さん夫婦が切り盛りする平野養豚場です。平野さんのような小規模農家が立たされている現状、その危機を乗り越えるための視点とは? そんなお話を聞いてきました。


その1「地元に買い戻す」

平野養豚場(ひらのようとんじょう)
千葉県木更津市にある同市唯一の養豚場。庭先養豚に始まり、1973年にSPF豚の養豚場として開設。現在は三代目の平野賢治さん、恵さん夫婦が中心となり、抗生物質やワクチンを抑えた林SPF豚を1400頭育て、「木更津の恵みポーク」としてブランド展開している。

廃業の危機


岩田 和憲(以下、岩田)
もともと廃業しようと思われてたんですよね。

平野 賢治(以下、賢治)
2009年からその話が出て、

平野 恵(以下、恵)
それに向けて2010年ぐらいから頭数を減らしてたから。

岩田
結局、収益が出ないからですか?

賢治
ここをぜんぶきれいに作って一生懸命やったのは親父で、それなりに儲けて借金を全部返したのも親父なんだけど、2009年ごろからは「儲からない、儲からない」って常日頃呟く感じになって。
それで廃業するかってなって、「じゃあちょっと何年かぶんの帳簿見せてよ」って言って。
見たら、まあ、うちは薬品代が高いなってことがわかって。
そこから獣医さんと相談しながら、無駄だなと思った薬はどんどんやめてって。
あとは手順。家族だけのナアナアでやらないで、分娩前、分娩後、病気用とかで豚を分けたりとか。長靴もぜんぶ(各豚舎で)専用にして。その都度、消毒もして。
昔は一足でそのままぐるぐる回ってたので。

岩田
同じ長靴で回るといろいろ弊害があるんですか?

賢治
少ない頭数のころはいいんですけど、こうやってだんだん大きくなってくると、病気が蔓延したとき、毎日毎日、豚が死ぬみたいなことになるので。
病気が20%まで上がっちゃったときもあって。
そうなると「どうしよう」っていうことで、また薬づけになっていくんですよ。

岩田
ああ、なるほど。

賢治
豚が死に出すと、親父が「賢治、おまえの給料出ねえかもしれねえ…」とか言って(笑)
午前のお茶、お昼ご飯、夜ご飯、ぜんぶこの話題。
で、壊す見積もりを出したら、「3,000万かあ…」と。

岩田
廃業した時の解体費ですか?


産廃がいっぱい出るから。

賢治
「これはやめるにやめれんなあ」って。「もうちょっとやるかあ」ってなって。
とにかく明るい話題がなかったなあ。
親父も楽しそうには仕事してはいなかったな。

相場に揺られる


岩田
今は、楽しいですか?

賢治
今は相場がいいからね。

岩田
結局、薬代とかを見直して、財務をたて直して。
今は経営がうまく回ってる状態なんですか?

賢治
ちょうどその、廃業しようと言ってた翌年からPEDが出て、

岩田
下痢の病気ですよね。


そうです。

賢治
それで相場が一気にあがって。
一頭あたり1万以上あがったかな。
昔は今より相場がずっと安くて。
肉豚安定基金っていう保険金(*)が出てたんですけど、

岩田
保険金?


国が守ってくれるんですよ。

*保険金 … 養豚経営安定対策事業のこと。通称・豚マルキン。養豚経営の安定を図るため、収益性が悪化した場合に粗収益と生産コストの差額の8割を国庫積立金から補填する。

賢治
生産者も積み立てて。
で、ずっとその安い相場のまま5、6年続いてたのかな。
でもそのころ生産者は、みんな「やめるか、やめないか」みたいな状態に立たされてて。
「豚舎を作り直したくてもこの相場じゃ無理だな」みたいな。
それが、その翌年から相場が上がって、今日までずっときてる。

地元に買い戻す


岩田
継続できたのはそれのおかげなんですか。
外因的な理由ですよね。


その恩恵を何年も受けられるわけじゃないと思ったので、その間に販路拡大をしましたよね。

賢治
差別化だよね。


そう。
どうやったらこの小さな養豚場が生き残れるのかなって考えたとき、「グローバルな視点でやらないといけないけど、立ち位置はローカルでいかないといけないのかな」って。
輸出したり、県外や都内で一番をとったりしたいわけじゃなくて、もっと地元に根付いた養豚。
認知度を上げていって、「もっとみんながこの世界のことを知れば応援してくれるんじゃないかな」って感じでね。イベント出たりとか、飲食店さんに掛け合ったりとかして。
そういうのもあって、今のところ下がってない。
ただ、ほかの養豚場さんと比べてうちが群を抜いて価格がいいかっていうと、そうでもないと思うんです。

賢治
地元の人に食べてもらうために、月10頭、ないし20頭ぐらい、東京市場から千葉の和喜多さんっていう肉屋さんに、買い戻してもらってて、

岩田
どういうことですか?


わたしたちは生産者ですよね。必ず市場、屠場っていうところに出さないといけなくて、

賢治
芝浦の屠場に生体で持っていって、一晩係留されてから屠畜解体されるんですけど。
そこから買参権のある石橋ミートさんが買ってくれて、それを和喜多さんが一頭買いして、飲食店さんに一頭売りをする。

生産者から飲食店へ至るお肉の流通相関図(和喜多さんのチラシより)

岩田
つまりその平野さんの販路拡大っていうのは、平野さんが飲食店と掛け合って、和喜多さんからその飲食店へ卸してもらうっていうことですね。


そうです。
なんで東京の屠場に出した豚をそうやって地元の木更津に戻したいかっていうと、やっぱり廃業するかどうかってなって、テンションもモチベーションも落ちてたとき、自分たちがつくったものに対して「美味しい」とか「ありがとう」とか言ってもらえることがなかったんですよ。
そのころは、木更津で扱ってもらってるお店は1店舗しかなかったので。

岩田
それはどこだったんですか?

賢治
清見台サンロクっていう、自分の行きつけだったお店で。
そこのマスターが「ケンちゃんの豚、使いたいんだ」って言って。
今はもうお店を閉めちゃって燻製のオリーブオイル屋さんを始めてるけど。
路地裏のわかりにくいお店だったよね。


小さなお店なんですけど。ほんとに、そこからスタート。

平野賢治さんと恵さん。

次回へつづきます。

> その2「生産者を追い込む安物買い」

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連する投稿


トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その3

トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その3

南イタリアでオリーブの古代種を無農薬で育て、エクストラバージンオイルとして日本に届けているトレリさん。彼ら親子が語るオーガニックの考えは、美味しいものを食べたいという「人間的な欲望」より手前に、自然や土地への敬意、「人間を超えたものへの感覚」があります。農業を切り口に、人間のルーツに触れるインタビュー、最終回となる第3回、古代種を育てる理由、無農薬栽培への思いなどが語られます。


トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その2

トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その2

南イタリアでオリーブの古代種を無農薬で育て、エクストラバージンオイルとして日本に届けているトレリさん。彼ら親子が語るオーガニックの考えは、美味しいものを食べたいという「人間的な欲望」より手前に、自然や土地への敬意、「人間を超えたものへの感覚」があります。農業を切り口に、人間のルーツに触れるインタビュー、第2回はオーガニック先進国といわれるイタリアの農業の現状などのお話です。


トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その1

トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その1

南イタリアでオリーブの古代種を無農薬で育て、エクストラバージンオイルとして日本に届けているトレリさん。彼ら親子が語るオーガニックの考えは、美味しいものを食べたいという「人間的な欲望」より手前に、自然や土地への敬意、「人間を超えたものへの感覚」があります。 オーガニック先進国といわれながらなお課題を残すイタリア農業の現状。一人の人間が故郷を愛する心。僕たちは何を失ってきたのか? そして何を取り戻そうとしているのか? 農業を切り口に、人のルーツに触れるインタビューです。


良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その3

良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その3

千葉県の棚田保全「鴨川里山トラスト」など、地域創生の“役に立つ活動”を展開する良品計画。地域創生事業に企業は何を見るのか? 同社ソーシャルグッド事業部の高橋さんにお話を伺いました。第3回は地域を動かしていくための具体的な方法、理念の大切さなどについてのお話です。


良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その2

良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その2

千葉県の棚田保全「鴨川里山トラスト」など、地域創生の活動を展開する良品計画。地方創生事業に、企業は何を見るのか? 同社ソーシャルグッド事業部の高橋さんにお話を伺いました。第二回は「無駄にしない」というコンセプト、そこから始まろうとしているあらたな動きなどについてのお話です。


最新の投稿


今日の古木 #19「大町最大級!? 極太ケヤキの大黒柱」

今日の古木 #19「大町最大級!? 極太ケヤキの大黒柱」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第19回は、泣く子も黙る!大町最大級!? 極太ケヤキの大黒柱を紹介します。


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その3

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その3

古木をフックに利益をつくり、人の繋がりをつくり、経済圏を生み、一つの世界観、価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビュー。最終回となる第3回は、古材ではなく「古木」と定義した理由とその戦略、そのビジョンなどのお話です。


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その2

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その2

古木をフックに利益をつくり、人の繋がりをつくり、さらには経済圏を生み、一つの世界観、価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビュー。第2回は、この挑戦を実現に向けていくための実際的な方法やビジョン、そして動機などのお話です。


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その1

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その1

「人や社会にとっていいこと」も持続可能じゃなければ、そんなに「いいこと」を生み出せずに終わってしまう。「いいこと」をやるからには「利益」の両立が必須なはず。山上さんはそう言います。棄てられゆく古木を再活用することで環境負荷低減と、歴史の知財を残すという「いいこと」。この「いいこと」のためには、古木から利益が生まれるビジネスモデルを作らなくてはいけない。さらに古木をフックに人の繋がりをつくることで、そこに経済圏を生み、一つの世界観、あるいは価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビューです。


トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その3

トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その3

南イタリアでオリーブの古代種を無農薬で育て、エクストラバージンオイルとして日本に届けているトレリさん。彼ら親子が語るオーガニックの考えは、美味しいものを食べたいという「人間的な欲望」より手前に、自然や土地への敬意、「人間を超えたものへの感覚」があります。農業を切り口に、人間のルーツに触れるインタビュー、最終回となる第3回、古代種を育てる理由、無農薬栽培への思いなどが語られます。


Ranking


>>総合人気ランキング