巨樹ツアー 第8回「松山諏訪神社の大クス、無人の初詣」

巨樹ツアー 第8回「松山諏訪神社の大クス、無人の初詣」

樹齢1000年。今も樹勢旺盛なる現役。しかもまるで損傷が見られぬ。この男前の巨樹を見むと、正月三が日の最終日、明治神宮も熱田神宮も蔑ろにし、わたくし、南濃松山の諏訪神社へ詣でるなり。


参道はなんと、川。


正月、実家(岐阜)に帰省したので、近くの巨樹を見に行ってきました。
近くのと行っても車で40分くらいかかるところです。
三重県境にほど近い海津市南濃町にその巨樹はあります。

朝の7時前。
養老山脈の山裾。
オレンジ色の朝日に照らされ、山頂はうっすら雪化粧しています。
ここに、岐阜県最大といわれるクスの木があります。

目的地まで、石塀のちょっと変わった道が続きます。

「南濃四季の散策コース」という穏やかな名前がついてますが、土石流の注意喚起区域で、雨が大量に降ると道が川に変わります。

人や車はこの鉄柵に突き当たると右折(向かって左へ)となりますが、道が川に変わると、濁流はそのまま鉄柵の下をくぐり、手前にある山除川に流れ込んでいく仕組みになっています。

両脇はみかん畑になっています。
あまり知られてないですがこのあたりはみかんの産地で、昔ながらの酸味を残した趣のあるみかんが採れます。

巨樹、登場。


砂防道路のどん詰まりまで歩くと、鳥居が現れます。

正月三が日だというのに、この静かな佇まい。
誰もいないです。

そろそろ、こういう静かな地方の村社に初詣をする「村社ブーム」がくるきがします。

境内からは濃尾平野を一望しながら、名古屋市のビル群を奥に見ることができます。

小さな神社ですが、楼門がありました。
さらに、

楼門の中には、神像の代わりにめちゃくちゃかっこいい三輪車が安置されています。

そして拝殿の向こう、

一本だけ南国の植物みたいにウネウネしてるのがあります。

拝殿を回り込み、本殿へ。
この本殿の背後に、巨樹があります。

巨樹に近づいてみます。

なぜか途端に曇天となり、風が荒れ、吹雪いてきました。

木が太すぎるからか、注連縄が紐みたいに見えます。

御神体としての巨樹

それにしても、本殿のぴったり真後ろです。

説明板を読むと、どうもこの巨樹自体がこの神社の御神体ではないか、ということです。
推定樹齢1,000年なので、室町時代にはすでに御神木としての風格は十分だったと推測されます。

木が生える
 ↓ 
成長し、インディペンデント型の巨樹となる。
 ↓ 
村人の崇拝が始まる。
 ↓ 
神社がつくられる。
 ↓ 
ホーリー型巨樹として守られる。


おそらくこういう流れじゃないかと思います。

ちなみにこれくらいのスケールの巨樹で柵もなく、根元まで人が近づける木は今やなかなかないので、そういう意味でも貴重です。

そうこうしているとまた急に晴れ、今度は明るい光が射してきました。

伊吹山で負傷したヤマトタケルノミコトは南下し三重の鈴鹿山麓で息を引き取りますが、養老山脈はちょうどその途上にあたります。このあたりは、そうした神話的な想像をさせる地形と天候なのかもしれません。
冬は伊吹山から養老山脈へとつながる山系からの吹きおろしが強い地区で、その寒風を利用してたくあんを作るために方々で大根を干す景色なんかも見られます。

あらためて全容を。

リスペクト!

データ:松山諏訪神社の大クス


巨樹度:⭐️⭐️⭐️⭐️
岐阜県指定天然記念物 (昭和32年指定)
幹周:8.7m
樹高:20m
樹齢:1,000年
住所:〒503-0535 岐阜県海津市南濃町松山1833-1
アクセス:養老鉄道「美濃松山駅」から徒歩約20分。東名阪道「桑名I.C.」から10km。

< 前回はこちら
> 次回はこちら
「巨樹ツアー」連載一覧はこちら


巨樹ツアーのオフィシャルマップもあります。
みんなも自分で見つけた巨樹を、MAPに投稿してみてね。

巨樹MAP - Google マイマップ

https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1gmooEAddQKcGT6QmdVqMlFdM8Vo&ll=8.767465042373008%2C134.86407439999994&z=4

みんなでつくる、巨樹・巨木の地図です。巨樹・巨木を見たら写真と一緒にこの地図上にアップしよう。

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連する投稿


巨樹ツアー 第12回「沢尻の大ヒノキ(サワラ)、シェルターと化した枝葉」

巨樹ツアー 第12回「沢尻の大ヒノキ(サワラ)、シェルターと化した枝葉」

荒れたままの休耕地が広がる中山間地に、まるで教会の尖塔みたいに天へと突き上げる巨樹がある。この巨樹、なにより枝ぶりがすごい。中に入るとそこは枝葉に守られたシェルターのような異空間で…


巨樹ツアー 第11回「天神宮のケヤキ、塀をまたぐ」

巨樹ツアー 第11回「天神宮のケヤキ、塀をまたぐ」

この連載で僕がたびたび使ってるフレーズ、「植物は自分の生長に限界を設けない」。巨大ケヤキが点在する長野県東信地方に、そんなケヤキの巨樹が存在しています。樹齢は1000年を超えるという。本殿の神域に足をかけ、落雷をものともせず生き続ける。そんな限界知らずの老樹を訪ねてきました。


巨樹ツアー 第10回「榛名神社の矢立杉、空を突き破る」

巨樹ツアー 第10回「榛名神社の矢立杉、空を突き破る」

関東屈指の奇勝地榛名神社に、巨大な融合木があります。広葉樹と違い一度伐採されると命を吹き返すことはない杉。巨樹林化した境内で空を突き破るよう、一説では1000年ものあいだ伸びつづけ、サバイバルの頂点を極めています。しかしこの神社、実は奇怪なものに溢れたパラダイス。そんなパラダイスの片鱗を紹介します。


巨樹ツアー 第9回「青渭神社の大ケヤキ、老木にハートを見る」

巨樹ツアー 第9回「青渭神社の大ケヤキ、老木にハートを見る」

水辺近くの場所は聖地になりやすい。なぜならそこは、あっちの世界とこっちの世界の境界だから。そんな典型的ともいえる聖地の構造を持っているのが、東京は調布、深大寺近くにある青渭(あおい)神社だ。近代化の流れで今となっては水辺も見られなくなった調布だが、その記憶を持つ老木が、まだここにいたのである…


巨樹ツアー 第7回「笠森観音の子授け楠、安心安全ホーリーパワー」

巨樹ツアー 第7回「笠森観音の子授け楠、安心安全ホーリーパワー」

樹齢不明。いつから傾いたのか、なぜ傾いたのか、何年その状態で生きてるのか、まったくわからない。今にも倒れそうなこの一風変わった巨樹に、人は子授け祈願をこめて次々と突入していく。名刹笠森寺参道にあるワンダースポットに行ってきました。


最新の投稿


「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

「築150年の土蔵を手放す」古民家解体の裏にある、持ち主海川さんの想い。

長野県大町市平の国道148線沿いに建つ、海川盛利さん所有の築150年という大きな土蔵。今回、JR信濃木崎駅に向かう歩道拡幅工事のために解体せざるを得ない状況になりました。この海川家に代々受け継がれてきた土蔵に使われていた古木を、山翠舎で買取させて頂くことになりました。そのままの状態で取り出すのは難しいと思われた長さ8mにも及ぶ巨大な棟木も、切ることなく運び出すことに成功。今、大町の倉庫で次なるステージの出番を静かに待っています。(取材・文:横澤冨美子)


「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -後編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。その後編です。


「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

「森林認証制度」のこれまでと今 -前編- 【FSC®ジャパン事務局長・前澤英士さんに聞く】

企業のグローバル化が進むなか、人権やコンプライアンスの遵守、環境問題への配慮などを含めた社会貢献活動(CSR)が注目されています。とくに、環境問題への取り組みでは「FSC森林認証」を受けた材料やプロジェクトを企業が積極的に採用する動きが世界的に広がっています。この「森林認証制度」を日本国内で推進しているのがFSCジャパン。どんな活動を展開し、どのような将来展望を描いているのか、FSCジャパン事務局長の前澤英士さんにうかがいました。まずは、前編です。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」後編 【県立長野図書館長・平賀研也氏に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編  【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

新時代の図書館を模索した「信州・学び創造ラボ」前編 【宮本忠長建築設計事務所3人の設計士に聞く】

2019年4月、令和の時代を前に県立長野図書館内にオープンした「信州・学び創造ラボ」。県立長野図書館は、もともと長野市長門町にあったが、同市若里公園内の現在の場所に1979年に開館しました。今回の大規模リノベーションが行われたのは閲覧室や会議室のあった3階フロア。情報の多様化が進展する中で、人々が知見を得る拠点として、どういった図書館の形が望ましいのか、議論を重ねながら理想を追い求めたといいます。設計を担当した長野市の「宮本忠長建築設計事務所」の設計士と、図書館館長の平賀研也さんに話を伺いました。


Ranking


>>総合人気ランキング