koboku通信webとは?

koboku通信webとは?

「koboku通信web」とはそもそもどんなサイトなの? 僕たちがこのサイトでやっていること、想いやコンセプトほか、運営元の情報などをここでまとめています。執筆編集、誰でも参加できるので、ぜひどうぞ!


koboku通信webとは?


koboku通信webは、古木をテーマにしたウェブメディアです。
スタートしたのは2017年5月23日。
日本の古い建材、古木が象徴している「文化の精神性」とでもいうようなものをさまざまな分野から取り上げ、取材とコンテンツ制作を進めています。
古木が伝える大工さんの話、古民家にまつわる生活の話、農業の話、食文化の話、家族の話、エコロジーの話、民芸の話、メディア論の話、空間の話などなど、取り上げる話題は多義にわたります。

コンセプトは?


古木のもつ魅力や、日本の古民家が今日まで伝えてきた生活文化、精神文化。そこに宿る、僕たち人間にとって普遍的なものとは何なのか? その答えとまではいかなくとも、そのヒントになるような視点やものの考え方を引き出し、言葉や写真でカタチにしていきたいという想いで運営しています。
「古民家廃材」などと表現されることもある古木ですが、廃材どころか、数百年の歴史が刻まれた豊かな文化の記憶です。要らぬものとして捨てるのではなく、その価値を自分たちの眼差しで見出し、今の社会に送り出したいと僕たち編集部は思っています。
そして、こうしたことは古木にかぎらず、合理化の果てに食の安全性まで切り捨てられていく食文化にも、数字を追いかけるが果てに思想を失っていくメディア文化にも、そのほかありとあらゆる領域で起きている現象です。
もう一度、自分たちの眼差しでものごとの本質に立ち返ろうというコンセプトで編集活動を進めています。

運営元はどこですか?


koboku通信webは、株式会社山翠舎が運営しています。
今も多くの古民家が残る長野県に本社を、そして同県大町市には日本最大の古木倉庫を構え、古民家移築再生や、古木を使った店舗内装の設計施工などをしている会社です。
同社のスタッフをはじめ、「古木の文化」への興味で繋がった7人ほどのメンバーで編集部を作り、日々、取材と執筆をしています。

山翠舎のウェブサイトはこちら

山翠舎

https://www.sansui-sha.co.jp/

設計施工だけでなく、物件紹介から資金調達、はたまた開業のサポートまで、お店づくり全般のお手伝いをいたします。

koboku通信はウェブメディアのほかにありますか?


フリーペーパーとして、冊子のkoboku通信も発刊しています。内装デザインに古木を取り入れたお店などで配布しています。

ペーパー版 koboku通信が置いてあるお店の一覧はこちら

フリーペーパー、koboku通信が手に入るお店の一覧です。

http://koboku.org/boards/1

koboku通信はフリーペーパーとしても発刊しています。紙は、質感のある環境対応紙。首都圏ほか長野や山梨など、古木を使ったお店を中心に並んでいます。

わたしも投稿できますか?


koboku通信webは、古木が好きな方で、何か想いを持って発信したいことがある方を歓迎します。
下記の「新規登録はこちら」をクリックし、アカウントを発行すると、記事を作成することができます。
ぜひ気軽にご参加ください。

> 新規登録はこちら

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連するキーワード


koboku通信 古木

関連する投稿


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その3

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その3

古木をフックに利益をつくり、人の繋がりをつくり、経済圏を生み、一つの世界観、価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビュー。最終回となる第3回は、古材ではなく「古木」と定義した理由とその戦略、そのビジョンなどのお話です。


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その2

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その2

古木をフックに利益をつくり、人の繋がりをつくり、さらには経済圏を生み、一つの世界観、価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビュー。第2回は、この挑戦を実現に向けていくための実際的な方法やビジョン、そして動機などのお話です。


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その1

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その1

「人や社会にとっていいこと」も持続可能じゃなければ、そんなに「いいこと」を生み出せずに終わってしまう。「いいこと」をやるからには「利益」の両立が必須なはず。山上さんはそう言います。棄てられゆく古木を再活用することで環境負荷低減と、歴史の知財を残すという「いいこと」。この「いいこと」のためには、古木から利益が生まれるビジネスモデルを作らなくてはいけない。さらに古木をフックに人の繋がりをつくることで、そこに経済圏を生み、一つの世界観、あるいは価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビューです。


今日の古木#5「ミズナラ(ジャパニーズオーク)について」

今日の古木#5「ミズナラ(ジャパニーズオーク)について」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第5回は、ミズナラ(ジャパニーズオーク)について。


今日の古木#4「120年古民家を支えてきた大黒柱」

今日の古木#4「120年古民家を支えてきた大黒柱」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第四回は、120年もの間、古民家を支えてきた大黒柱とそこに隠された職人さんの粋な遊び心とは?


最新の投稿


今日の古木 #19「大町最大級!? 極太ケヤキの大黒柱」

今日の古木 #19「大町最大級!? 極太ケヤキの大黒柱」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第19回は、泣く子も黙る!大町最大級!? 極太ケヤキの大黒柱を紹介します。


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その3

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その3

古木をフックに利益をつくり、人の繋がりをつくり、経済圏を生み、一つの世界観、価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビュー。最終回となる第3回は、古材ではなく「古木」と定義した理由とその戦略、そのビジョンなどのお話です。


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その2

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その2

古木をフックに利益をつくり、人の繋がりをつくり、さらには経済圏を生み、一つの世界観、価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビュー。第2回は、この挑戦を実現に向けていくための実際的な方法やビジョン、そして動機などのお話です。


「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その1

「古木でつくる新しい経済」山翠舎 山上浩明さんに聞く その1

「人や社会にとっていいこと」も持続可能じゃなければ、そんなに「いいこと」を生み出せずに終わってしまう。「いいこと」をやるからには「利益」の両立が必須なはず。山上さんはそう言います。棄てられゆく古木を再活用することで環境負荷低減と、歴史の知財を残すという「いいこと」。この「いいこと」のためには、古木から利益が生まれるビジネスモデルを作らなくてはいけない。さらに古木をフックに人の繋がりをつくることで、そこに経済圏を生み、一つの世界観、あるいは価値観を投げかける。そんな新しい挑戦をつづける山上さんのインタビューです。


トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その3

トレリさんに聞く「南イタリア、オリーブ無農薬栽培の話」その3

南イタリアでオリーブの古代種を無農薬で育て、エクストラバージンオイルとして日本に届けているトレリさん。彼ら親子が語るオーガニックの考えは、美味しいものを食べたいという「人間的な欲望」より手前に、自然や土地への敬意、「人間を超えたものへの感覚」があります。農業を切り口に、人間のルーツに触れるインタビュー、最終回となる第3回、古代種を育てる理由、無農薬栽培への思いなどが語られます。


Ranking


>>総合人気ランキング