世田谷フレンチ、ルレサクラさんに訊く。住宅街で人気店になれる理由。

世田谷フレンチ、ルレサクラさんに訊く。住宅街で人気店になれる理由。

世田谷の住宅街に構える、古木を使ったフレンチのお店、ルレ・サクラ(Relais Sakura)さん。お客さんの8割は常連客、それも界隈の住宅街に住む人がほとんどだそうです。つまり地元に愛される人気店。そうなるには何かしら理由があるのだろうか? ランチをいただきながら、そのあたりの話を伺ってきました。


住宅街に構えるフレンチの人気店

 世田谷は桜新町駅から歩いて8〜10分。呑川の桜並木に隣し、住宅街に構えるフレンチの人気店ルレ・サクラさん。ちなみに、ここも古木を使ったお店です。

 柱、天井を飾る梁、そして窓面にあしらわれた古木という古木が、コンクリート打ちっ放しの天井、白い壁という無機質な空間に溶け込み、有機的な空気を醸し出しています。

 住宅街といっても、実はそのいちばん端っこ。国道246号線沿いのやや埃りっぽい立地で、ここでオーナーの今成貴志さん(44)がお店を作ると決めた当初、飲食の知り合い仲間たちからは「こんなところでお店を構えても流行らない」と、止められたといいます。

 そんなことを言われながらも、今成さんは儲かるか儲からないかはともかく、「実験的なラボみたいな感じ」でお店をスタートしたといいます。
 そして、周囲の予想とは裏腹に、今のような人気店にまで育て上げました。

 2011年11月11日にオープンし、今年、2017年で6年目。立地面において圧倒的に不利といわれながら、なぜ成功したのか?

 シェフを務めるのは、土田光助さん(38)。今成さんとは16年前からの飲食業仲間で、「どうせ流行らないだろう」と言われたこの場所でお店を立ち上げた理由の一つには、「土田君が(隣駅)用賀の生まれの育ちだったので、その近隣ならまあ応援もしてもらえる」という、あてのようなものが今成さんにはあったといいます。

人と地の縁で共同体を作る。

 そして土田さんだけでなく、ほかのスタッフさんたちも、今成さんが青山1丁目のお店で仕事をしていたころ、近くのお店でパティシエをやってた人だったり、そのお店のシェフの息子さんだったり、みんな旧知の仲間たち。人の縁です。

 そして飲食店、とりわけ個人経営の飲食店は経済範囲が多かれ少なかれ地元密着です。
 お店がやっていけるかどうかは、300km離れた地の人がグルメ観光本を手にやってくるかどうかではなく、1km圏域に住む人がその店に来てくれるかどうかだったりします。つまり、地の縁。

 人の縁と地の縁。
 今成さんの考えるお店は、こうした縁の上で作られた共同体のような空間で、その考えを加速させるようにしてお店を立ち上げ営むとどうなるか。
 そういう意味での「実験的ラボ」なのかもしれません。

住宅街でやる面白さ

 どうやら、駅から少し離れながらも、人が住む住宅街にお店を構えよういうのも、そういう思いの必然からきているようです。
 お客さんとは公私を超えたお付き合いになるそうで、冠婚葬祭に出席することもあるといいます。

 今成さんは言います。
「飲食人生25年経ってる中で、住宅地でやる面白さっていうのがあったんですね。仕込みで帰れないときに布団を差し入れてくれたりとか。もちつもたれつ、ともに生きてる感じがして、こういう住宅地はいいな。やっぱ金儲けじゃないな。人の生きるも死ぬも立ち会うし、なんかいろんな場面にいるんで、やりがいがありますよね」

 レストランでもビストロでもなく、フランス語で休憩所を意味する「ルレ」としたのも、同じ理由からだったそうです。

 実は今成さん、元々演劇人で座長もやってた人。20代のころは飲食アルバイトで生活を支えながら、ためたお金をぜんぶ演劇で使っていたといいます。
 どうやら、この仲間の一座でお客さんを楽しませるという演劇の経験が、「人の縁」をベースにしてお店を経営する話に繋がっているよう。

 ルレ・サクラというフレンチのお店は、「ルレ・サクラという一座」が、地元の人も一座の仲間のようにして運営していく、そんな地域空間を作り出していく不思議なお店、だったりして。

ランチを食べてきた

 そして今回、僕はランチを食べにいったのですが、そのメニューがこちら。

 お勧めを訊くと、やはりどれも美味しいという返事だったので、ただ意味もわからず凄そうな名前に惹かれて、こちらを注文しました。

 熊本産地鶏・天草大王のトゥルヌドグリル。
 
 訊いたら、天草大王という熊本産地鶏がいるらしく、その地鶏を背中から1枚に開いたあと、トルネードみたいにロール仕立てにし、グリルで焼いたものだそうです。この天草大王という鶏肉、かなり弾力があります。
 背開きであらゆる部位を巻き込んでトゥルヌド(仏語:英語のトルネード)しているので、1度にさまざまな部位の肉が楽しめるという、10種競技選手みたいな優れものです。

 彩りを添えているのが、地元世田谷で作られた野菜。地元のファーマーズマーケットで買っているそうです。
 そしてグリーンマスタードソースのつんとした酸味とハーブの香りが、肉のまったりした旨みと合ってます。
 天然酵母で作った自家製のフォカッチャ(下写真)とサラダとコーヒーがついて1,700円。

 ランチもディナーもたくさんのお客さんで賑わい、8割は常連客。毎日のように通いつめる人もいるといいます。

 この日も、ランチ営業が終わっても今成さんと談笑しているお金持ちそうなおじさんがいました。昼からワイングラス片手に、イタリアっぽいリゾートパンツとエスパドリーユをはいていて、「おおー、なんか知らんけど世田谷…っぽい」と思いました。

ルレサクラさんの情報はこちらになります。

最寄り駅: 桜新町駅から徒歩10分
TEL: 03-5760-6319
住所: 東京都世田谷区新町1-36-9
営業時間: 11:30~14:00(L.O) 18:00~22:00(L.O.)
定休日: 月曜日
WEB: http://relais-sakura.com/index.html

 オシャレなフレンチのお店ながら、ルレ(休憩所)の名の通り、肩肘張らず落ち着ける場所です。

この記事のライター

新聞記者からカメラマンになって、フリーのデザイナーに。
なぜかこのサイトの編集長も。

関連する投稿


「純黒糖に惹かれて」黒糖茶房 大森健司さんに聞く その3

「純黒糖に惹かれて」黒糖茶房 大森健司さんに聞く その3

沖縄離島の純黒糖に魅了され、日本ただ一つといわれる黒糖専門店「黒糖茶房」を立ち上げた大森健司さん。そんな大森さんのユニークな遍歴を辿りながらのインタビューです。最終回となる第3回は、お店づくりの裏話や、黒糖を通してのこれから、などのお話です。


「純黒糖に惹かれて」黒糖茶房 大森健司さんに聞く その2

「純黒糖に惹かれて」黒糖茶房 大森健司さんに聞く その2

沖縄離島の純黒糖に魅了され、日本ただ一つといわれる黒糖専門店「黒糖茶房」を立ち上げた大森健司さん。そんな大森さんのユニークな遍歴を辿りながらのインタビューです。第2回は、黒糖専門店を立ち上げようとする大森さんに、沖縄の人、本州の人が示した反応のお話、など。


「純黒糖に惹かれて」黒糖茶房 大森健司さんに聞く その1

「純黒糖に惹かれて」黒糖茶房 大森健司さんに聞く その1

30代までは北国のスキーに明け暮れ、その後、南国沖縄の純黒糖に魅了され、日本ただ一つといわれる黒糖専門店「黒糖茶房」を立ち上げた大森健司さん。そんな大森さんのユニークな遍歴を辿りながらのインタビューです。第1回は、黒糖開眼までの遍歴、そして純黒糖と加工黒糖の違いについてなどのお話です。


Osteria le Terre 大野裕介さんと話す「脱人間中心の食文化」その3

Osteria le Terre 大野裕介さんと話す「脱人間中心の食文化」その3

食材の背後にある人や自然の営みを、料理でどう繋いでいくことができるだろうか? イタリア料理店「Osteria le Terre」の大野裕介さんと交わす、食のいちばん根っこのお話。最終回となる第3回は、千葉県柏市という郊外タウンで店を開いた理由、そして、貧しい生活から生まれる食の知恵と深さについてのお話です。


Osteria le Terre 大野裕介さんと話す「脱人間中心の食文化」その2

Osteria le Terre 大野裕介さんと話す「脱人間中心の食文化」その2

食材の背後にある人や自然の営みを、料理でどう繋いでいくことができるだろうか? イタリア料理店「Osteria le Terre」の大野裕介さんと交わす、食のいちばん根っこのお話。第2回は、自然派という言葉にある深い意味、そして自分を中心に置かない食の思想などについてのお話です。


最新の投稿


【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

【後編】日本建築の原点は「古木」。その魅力と効果的な使い方を考える -家具デザイナー・小田原さんに聞く

家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。そんな小田原さんに古木や建築、家具製作の未来についてお話を伺う対談の第二弾(後編)。


【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

【前編】日本建築の原点は「古民家」や「古木」にあり。 家具デザイナー・小田原さんに聞く(第二弾)

前回、3回にわたってお届けした家具デザイナー小田原 健さんのお話(「古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識」-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-)。 今回は、山翠舎東京支社に場を移し、日本建築の原点などについて、小田原さんにお話を伺いました。インタビュアーは山翠舎代表の山上浩明。小田原さんの木を思う心がギュッと詰まったお話になっています。まずは前編をどうぞ。


第3回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。 -木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

第3回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。 -木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

今回は国内外で活躍している、家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。木と職人をこよなく愛する小田原さんは、その現場で何を感じたのか。 3回目(最後)となる今回は、日本の現状と海外の例を取り上げながら、話がスタートした。


第2回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。 -木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

第2回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。 -木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

今回は国内外で活躍している、家具デザイナーである小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。木と職人をこよなく愛する小田原さんは、その現場で何を感じたのか。 2回目となる今回は、小田原さんが木への愛着をより深めるきっかけとなった出来事の話題から始まった。


第1回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

第1回 古木を見て、素材の持つ魅力と職人の大切さを再認識。-木と職人を愛する家具デザイナー・小田原健さんに聞く-

国内外で活躍している家具デザイナー 小田原 健さんが、長野県大町市にある山翠舎の古木倉庫を訪れた。木と職人をこよなく愛する小田原さんは、その現場で何を感じたのか。 自身の半生に加え、日本の職人やデザイナーの現状、さらに国産材活用の普及促進などについて、山翠舎会長の山上建夫が話をうかがった。


Ranking


>>総合人気ランキング