最新の投稿


創る和紙職人、ハタノワタルさんを訪ねて。その3

創る和紙職人、ハタノワタルさんを訪ねて。その3

京都、800年の歴史を持つ黒谷和紙。苦境にある伝統工芸の世界で、忘れられた手漉き和紙のポテンシャルをハタノさんは空間づくりへと拡げています。最終回となる今回は、売れ始めるようになるまでの苦労と、空間づくりへと展開していく今の仕事のお話です。


今日の古木#13「古民家の2階を支える2階台」

今日の古木#13「古民家の2階を支える2階台」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第13回は、古民家の2階の土台となって支えてきた2階台をピックアップ!


創る和紙職人、ハタノワタルさんを訪ねて。その2

創る和紙職人、ハタノワタルさんを訪ねて。その2

京都、800年の歴史を持つ黒谷和紙。苦境にある伝統工芸の世界で、忘れられた手漉き和紙のポテンシャルをハタノさんは空間づくりへと拡げています。第2回は、脇役に徹する和紙の魅力、職人の現実などのお話です。


今日の古木#12「古木(古材)ってお高いんじゃないの?」

今日の古木#12「古木(古材)ってお高いんじゃないの?」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第12回は、1本の古木を例に、古木(古材)を使って家や店舗をつくりたい!と考えている方がおそらく本当に知りたいであろう情報をお届けします!


創る和紙職人、ハタノワタルさんを訪ねて。その1

創る和紙職人、ハタノワタルさんを訪ねて。その1

京都、800年の歴史を持つ黒谷和紙。苦境にある伝統工芸の世界で、忘れられた手漉き和紙のポテンシャルをハタノさんは空間づくりへと拡げています。そこには「和紙とは何か?」「伝統工芸はなぜ生きるのに厳しい世界になっているのか?」こうした問いへの灯りが見えてきます。過去を掘り起こし未来へと向かう、その軌跡を追ってみました。


今日の古木#11「数寄屋造りの磨き丸太〜その2〜」

今日の古木#11「数寄屋造りの磨き丸太〜その2〜」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第11回は前回の続編。丸太に入った大きな割れ目の秘密を探っていきます!


今日の古木#10「数寄屋造りの磨き丸太〜その1〜」

今日の古木#10「数寄屋造りの磨き丸太〜その1〜」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第10回は今までの古木とは一味違う、綺麗に磨かれた丸太について、そこからわかる当時の家の造りとは?


今日の古木#9「屋根の造りが分かる? 寄棟造りの梁」

今日の古木#9「屋根の造りが分かる? 寄棟造りの梁」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第9回は、見ただけで当時の屋根の形が分かる、寄棟造りの梁のポイントに着目!


今日の古木#8「古民家解体現場から引き取られた古木たち」

今日の古木#8「古民家解体現場から引き取られた古木たち」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、紹介していきます。第8回は、実際の古民家解体現場の様子と、そこから引き取って来た古木たちをピックアップ!


「柿しぶってすごい」冨山敬代さんインタビュー後編

「柿しぶってすごい」冨山敬代さんインタビュー後編

古くから日本人の生活を支えてきた柿しぶ。化学の進歩とともに衰退していく一方で、その重要性が注目されてきてもいます。インタビュー後編は、なくなっていく天王柿再生のプロジェクト、そしてものづくりと発酵のお話です。


今日の古木#7「面白古木! 蛇? それともコブラ?」

今日の古木#7「面白古木! 蛇? それともコブラ?」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗に活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第7回はいつもの真面目なお話からちょっと外れた番外編。面白い形をした古木を紹介していきます。


「柿しぶってすごい」冨山敬代さんインタビュー前編

「柿しぶってすごい」冨山敬代さんインタビュー前編

古くから日本人の生活を支えてきた柿しぶ。化学の進歩とともに衰退していく一方で、その重要性が注目されてきてもいます。そもそも柿しぶって何? 柿しぶの世界は生き残れるの? そんな「柿しぶの今」にクローズアップしました。


今日の古木#6「古民家の免震技術、叉首(さす)とは?」

今日の古木#6「古民家の免震技術、叉首(さす)とは?」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第6回は、世界的にも地震大国とされる日本。そんな中でも崩れることのない古民家を支え続けている叉首について。


良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その3

良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その3

千葉県の棚田保全「鴨川里山トラスト」など、地域創生の“役に立つ活動”を展開する良品計画。地域創生事業に企業は何を見るのか? 同社ソーシャルグッド事業部の高橋さんにお話を伺いました。第3回は地域を動かしていくための具体的な方法、理念の大切さなどについてのお話です。


今日の古木#5「ミズナラ(ジャパニーズオーク)について」

今日の古木#5「ミズナラ(ジャパニーズオーク)について」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第5回は、ミズナラ(ジャパニーズオーク)について。


良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その2

良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その2

千葉県の棚田保全「鴨川里山トラスト」など、地域創生の活動を展開する良品計画。地方創生事業に、企業は何を見るのか? 同社ソーシャルグッド事業部の高橋さんにお話を伺いました。第二回は「無駄にしない」というコンセプト、そこから始まろうとしているあらたな動きなどについてのお話です。


今日の古木#4「120年古民家を支えてきた大黒柱」

今日の古木#4「120年古民家を支えてきた大黒柱」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木たちを『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第四回は、120年もの間、古民家を支えてきた大黒柱とそこに隠された職人さんの粋な遊び心とは?


良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その1

良品計画に聞く、地域創生プロジェクトの意味。その1

無印良品で知られる良品計画。千葉県の棚田保全「鴨川里山トラスト」など、地域創生の活動を展開するなか、今年2018年2月にはソーシャルグッド事業部が発足。収益が難しいとされる地方創生事業に、同社はどういった視点で乗り出しているのか? 企業の本質が浮き上がるかのようなインタビュー。同事業部の高橋さんにお話を伺いました。


今日の古木#3「日本の伝統構法、構造に効く差鴨居(ケヤキ)」

今日の古木#3「日本の伝統構法、構造に効く差鴨居(ケヤキ)」

山翠舎大町倉庫にあるたくさんの古木たち。そんな中から、また新たな住居や店舗などに活躍の場に移そうと今か今かと待ちわびている古木を『今日の古木』と題し、1本ずつ紹介していきます。第三回は、継承、残すべき日本の伝統構法について。


巨樹ツアー 第10回「榛名神社の矢立杉、空を突き破る」

巨樹ツアー 第10回「榛名神社の矢立杉、空を突き破る」

関東屈指の奇勝地榛名神社に、巨大な融合木があります。広葉樹と違い一度伐採されると命を吹き返すことはない杉。巨樹林化した境内で空を突き破るよう、一説では1000年ものあいだ伸びつづけ、サバイバルの頂点を極めています。しかしこの神社、実は奇怪なものに溢れたパラダイス。そんなパラダイスの片鱗を紹介します。


Ranking


>>総合人気ランキング